【開封レポ】「Oculus Rift」製品版が編集部にやってきた!セットアップ手順やゲームプレイを解説 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【開封レポ】「Oculus Rift」製品版が編集部にやってきた!セットアップ手順やゲームプレイを解説

2016年1月7日に予約の受付が開始され、出荷が開始されたOculus Rift。Game*Spark編集部では、何とか4月中に本気を入手できたため、その開封レポートをお届けします。

ゲーム機 VR
【開封レポ】「Oculus Rift」製品版が編集部にやってきた!セットアップ手順やゲームプレイを解説
  • 【開封レポ】「Oculus Rift」製品版が編集部にやってきた!セットアップ手順やゲームプレイを解説
  • 【開封レポ】「Oculus Rift」製品版が編集部にやってきた!セットアップ手順やゲームプレイを解説
  • 【開封レポ】「Oculus Rift」製品版が編集部にやってきた!セットアップ手順やゲームプレイを解説
  • 【開封レポ】「Oculus Rift」製品版が編集部にやってきた!セットアップ手順やゲームプレイを解説
  • 【開封レポ】「Oculus Rift」製品版が編集部にやってきた!セットアップ手順やゲームプレイを解説
  • 【開封レポ】「Oculus Rift」製品版が編集部にやってきた!セットアップ手順やゲームプレイを解説
  • 【開封レポ】「Oculus Rift」製品版が編集部にやってきた!セットアップ手順やゲームプレイを解説
  • 【開封レポ】「Oculus Rift」製品版が編集部にやってきた!セットアップ手順やゲームプレイを解説

2016年1月7日に予約の受付が開始されたOculus Riftですが、いよいよ製品版の出荷が開始されました。Oculus Riftは米Oculus社が開発したVR対応のヘッドマウントディスプレイ。これまでにないVR体験をもたらす先進的なデバイスです。編集部では予約開始から1時間後に予約を行い、何とか4月中に本機を入手。早速、開封レポートをお送りさせて頂きます。

■しっかりした作りの外箱と、シンプルにまとまった内容物

まずは外観から見ていきましょう。本国から届いた段ボール自体はPlayStation 4の箱よりも少し小さいくらいのサイズ感で、比較的重量がありました。遠路はるばる輸送されて来た割には、箱潰れもなくキレイな状態で届いています。


こちらがOculusの外箱。特にヘコみなどもなく、丁寧に運搬されてきた様子

外箱を開封すると、中から白い化粧箱が出てきました。Oculus Rift本体の重量はそれほどではありませんが、やはり付属品や梱包材の重みでずっしりとした重量感です。上部には伸縮性のある取っ手がついていて、箱のまま持ち運ぶ時に便利です。


この取っ手がなければ両手で運ばなくてはいけない重さのため、運搬の際に便利

背面には付属品一式の他、本製品にバンドルされている『EVE:Valkyrie』を始めとする3製品がプリントされています。ここまでは一般的なゲーム機のパッケージと良く似ている印象です。

背面にプリントされたソフトは本製品にコードが付属しており、無料で遊ぶ事が可能

白い化粧箱を外すと、内側からは反対色の真っ黒なボックスが現れます。こちらの箱を開けると、ようやくRift Headset本体やセンサーとご対面となりました。

ロゴだけが描かれたシンプルなデザインの内箱

いざ開封、センサーの下側にはXbox Oneコントローラーが入っている


VR系製品の中では点数が少ないため、中身の確認が容易なのが素晴らしい


なお、内容物一覧は以下の通りとなっています。

  • Rift Headset本体
  • Oculus Sensor
  • Oculus Remote
  • Xbox One コントローラー及びUSBケーブル
  • 取扱説明書3部

すべての製品を取り出した後も箱が重たかったので、ひょっとしたらまだ何か残っているのかも?と思って色々と探してしまいましたが、単純に箱の作りが良かっただけでした。

なお、開封時には「日本版にはXbox One ワイヤレスアダプター for Windowsが付属していない」点に注意して下さい。本来ワイヤレスアダプターが入っているべき場所には何もなく、Xbox One コントローラー用の電池も付属していませんでした。Oculus社は各種規制と説明をしていますが、現時点では付属品のみで日本版Oculusを無線コントローラーで遊ぶ事は出来ません。せっかくVRという拡張世界を体験するのにケーブルという現実世界の制限があるのは少し残念ですが、今後の対応に期待したいと思います。

Oculus社としての公式な見解は上図の通り。今後の対応に期待したい


また、本個体だけかも知れませんが、編集部に届いたOculus Remoteは絶縁フィルムが極めて抜けづらく、思い切り引っ張ったところフィルムが途中で切れてしまいました。Oculus Remoteは裏側がスライド式のフタになっているため、こちらを開けた状態で引っ張るようにするとスムーズです。

こちらがOculus Remote。決定ボタンや音量の大小など、Oculus Riftをワイヤレスで操作する。紐の出ている部分の後ろから生えている透明のものが、今回頭を抱えた絶縁フィルム


※次ページ:セットアップや同梱タイトルのプレイレポをお届け!
《神山大輝》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」の最新情報が公開

    プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」の最新情報が公開

  2. プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」海外で予約開始!

    プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」海外で予約開始!

  3. 小型メガドラ互換機「Mega SG」海外発表―遅延なしの1080pアップスケール、メガCDとの併用にも対応

    小型メガドラ互換機「Mega SG」海外発表―遅延なしの1080pアップスケール、メガCDとの併用にも対応

  4. 『BF』シリーズ開発元のお蔵入りメガドラゲーム『Hardcore』が新型互換機「Mega SG」に内蔵へ! 25年越しのリリース

  5. 新型VRヘッドセット「Oculus Rift S」発表!外部センサーも必要なし

  6. 「レトロフリーク」用アーケードスティックが登場!三和電子製パーツを採用し、ショートカットボタンも搭載

  7. あの「ゲームボーイ」互換機が登場!アルミ製、内蔵バッテリーやバックライトも搭載

  8. PS4コントローラーに直接差すマイクが8月31日発売に─ヘッドセットが無くてもボイチャ可能!

  9. VRホラーADV『Human Sacrifice』Steam配信開始ー不気味な儀式の謎を解き明かし脱出せよ

  10. Wii U内蔵ブラウザはサクサク、ヌルヌル動く!2画面を生かした魅力的な機能を紹介

アクセスランキングをもっと見る

1
page top