【E3 2016】『Injustice 2』ハンズオン―更に進化したDCヒーローガチ殴り合い | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【E3 2016】『Injustice 2』ハンズオン―更に進化したDCヒーローガチ殴り合い

米ロサンゼルスで開催されたE3のワーナーブースにて、NetherRealm Studiosが開発を手がけるDCコミックス題材の格闘ゲーム『Injustice 2』をプレイすることができました。

家庭用ゲーム PS4
【E3 2016】『Injustice 2』ハンズオン―更に進化したDCヒーローガチ殴り合い
  • 【E3 2016】『Injustice 2』ハンズオン―更に進化したDCヒーローガチ殴り合い
  • 【E3 2016】『Injustice 2』ハンズオン―更に進化したDCヒーローガチ殴り合い
  • 【E3 2016】『Injustice 2』ハンズオン―更に進化したDCヒーローガチ殴り合い
  • 【E3 2016】『Injustice 2』ハンズオン―更に進化したDCヒーローガチ殴り合い
  • 【E3 2016】『Injustice 2』ハンズオン―更に進化したDCヒーローガチ殴り合い

米ロサンゼルスで開催されたE3のワーナーブースにて、NetherRealm Studiosが開発を手がけるDCコミックス題材の格闘ゲーム『Injustice 2』のプレアブルデモを体験できました。

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』が公開されて世界的にDCコミックスのキャラクター人気が高まっている中で発表された『Injustice 2』ですが、開発を担当しているのが『モータルコンバット』シリーズのNetherRealm Studiosということもあって期待がさらに膨らみます。

会場で試遊できたバージョンでは6キャラクターがプレイ可能でした。前作から引き続き登場となる「スーパーマン」「バットマン」「アクアマン」、新たな参戦となる「スーパーガール」「アトロシタス」「ゴリラ・グロッド」。2人のヴィランはかなりファンのツボを押さえた選別となっています。また、アートワークやアナウンストレーラーに「フラッシュ」が登場しているので、本編への参戦はまず間違いなさそうです。


今回は、前作で使い慣れたバットマンでプレイしてみました。基本的な操作は前作とほぼ一緒で、攻撃モーションもかなり近いです。『モータルコンバット』のシステムと類似しているので、『ストリートファイター』系と違って複雑なコマンドはありません。方向キー+ボタンかボタン連打で技やコンボを出すことができます。バットマンのスペシャル必殺技は、映画『ダークナイト』をオマージュしたと思われるフルトンシステムで相手を上空高く飛ばしバットウィングに攻撃させるというもの。その他のキャラクターの技もコミックや映画版で見たことあるものばかりなので、ファンなら前作同様ニヤニヤしっぱなしとなりそうです。

格闘ゲームとしての基本部分も『モータルコンバット』の開発チームだけあってかなり骨太のゲームプレイが体験でき、シンプルな操作ながらも非常に奥深い駆け引きが楽しめるようになっています。


今作から導入された要素として「ギアシステム」というものがあり、ゲーム中で手に入れたギアをまるでRPGのように装備してパワーアップすることができます。このギアは対戦によってランダムで手に入れることができますが、レベルに応じて入手できるギアの性能も変化してくるようです。見た目も大きく変わってくるので、個性の演出にも活用できるかもしれません。このギアですが、キャラクターのパラメーターを強化できる要素であるため、オンライン対戦でどのように作用するのかは気になるところです。

今回の試遊では、前作と同様にキャラゲーの枠にとらわれない骨太なゲームプレイが体験できました。スーパーヒーロー同士の戦いは非常にパワフルで、誰かのプレイを見ているだけでも楽しくなってきます。

『Injustice 2』はPS4/Xbox Oneにて2017年海外発売予定、日本での発売は未定です。
《Daisuke Sato》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. マテリアのAP、損してない?『FF7 リバース』プレイで見落としたくない、ちょっと嬉しい小ネタ集【グラスランド編】

    マテリアのAP、損してない?『FF7 リバース』プレイで見落としたくない、ちょっと嬉しい小ネタ集【グラスランド編】

  2. 『バルダーズ・ゲート3』海外Xboxパッケージ版はディスク4枚組仕様に。容量500MBオーバーで3枚に収まらず

    『バルダーズ・ゲート3』海外Xboxパッケージ版はディスク4枚組仕様に。容量500MBオーバーで3枚に収まらず

  3. 人気のポーカーローグライク『Balatro』スイッチ版が日本でも販売停止…『アソビ大全』や『ドラクエ』にもポーカーはあるのに…

    人気のポーカーローグライク『Balatro』スイッチ版が日本でも販売停止…『アソビ大全』や『ドラクエ』にもポーカーはあるのに…

  4. 発売7周年を迎えたニンテンドースイッチ、海外ゲーマーたちにとっての「失策」とは―国内とは大きく異なる反応も

  5. 『FF7 リバース』まずはコレを使いたい&育てたい! 最序盤のお勧めマテリア10選

  6. 『FF7 リバース』のチャドリーはちょっとウザい?オープンワールドの探索をサポートするも、物言いやその頻度で煙たがられる

  7. 『パルワールド』モコロンとンダコアラをイメージしたXboxコントローラーが登場!白と黒のカラーリングと鮮やかな水色のグラデーションがかわいい

  8. ソニーから『スーサイド・スクワッド キル・ザ・ジャスティス・リーグ』PS5版の返金を受けたと主張する海外ユーザーが現れる

  9. 『FF7 リバース』のパレードでは「ティファ」と「エアリス」も神羅兵に変装! なりきり兵士から、ヘルメットを外した凛々しい姿まで

  10. 『FF7 リバース』を遊ぶ前に“お得”を見逃すな! 特典アイテムのゲットなど、今からでも間に合う準備アレコレ─2月28日までのお得なDL版販売も

アクセスランキングをもっと見る

page top