終末世界を列車で旅する『The Final Station』30分ゲームプレイ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

終末世界を列車で旅する『The Final Station』30分ゲームプレイ

インディー開発者Oleg Sergeyev氏とAndrey Rumak氏が開発する新作『The Final Station』。本作のゲームプレイ映像が海外メディアより公開されています。

ゲーム文化 インディーゲーム
終末世界を列車で旅する『The Final Station』30分ゲームプレイ
  • 終末世界を列車で旅する『The Final Station』30分ゲームプレイ
  • 終末世界を列車で旅する『The Final Station』30分ゲームプレイ

インディー開発者Oleg Sergeyev氏とAndrey Rumak氏が開発する新作『The Final Station』。本作のゲームプレイ映像が海外メディアより公開されています。

アポカリプティック世界を舞台にした本作では、各地を列車で訪れながら、物資が尽きた先で探索をしていくアクションアドベンチャー。ゾンビのような感染者たちが蔓延るこの世界では、生きた人間は恰好の餌食となるので、銃器や椅子などの環境アイテムを使って倒していきます。各ロケーションには、生存者がいる場合もあり、救出すると生存者ごとに設定されたリワードが受け取れるようです。

列車は目的地につくたびにロックされ、そのマップのどこかにあるコードを入手しなければ再び動き出すことができない仕様。列車自体にも通気口システムや、備蓄食料、回復アイテムといった概念があり、とりわけ、物資の管理には気を付ける必要がありそうです。

『The Final Station』はPCを対象に、2016年夏発売予定です。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 米陸軍Twitchチャンネル、戦争犯罪についてコメント投稿するユーザーをBAN

    米陸軍Twitchチャンネル、戦争犯罪についてコメント投稿するユーザーをBAN

  2. マルチプレイ恐竜サバイバルホラー『Deathground』Kickstarter開始―予測不能な恐竜があなたを襲う

    マルチプレイ恐竜サバイバルホラー『Deathground』Kickstarter開始―予測不能な恐竜があなたを襲う

  3. 実写映画「モンスターハンター」で主人公が双剣を使うのはミラ・ジョヴォヴィッチが実際にゲームで愛用しているから!

    実写映画「モンスターハンター」で主人公が双剣を使うのはミラ・ジョヴォヴィッチが実際にゲームで愛用しているから!

  4. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  5. 2019年からMSIのCEOを務めていたCharles Chiang氏が56歳で死去―建物の7階から落下との報道

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. 『ウォッチドッグス2』の無料配布も予告!「UBISOFT FORWARD」ラインナップやスケジュール公開

  8. 悍ましい精神世界を旅するサイコホラー『What Happened』Steam配信日決定

  9. 10万ドルの賞金かけて競い合う『The Sims』リアリティ番組が海外で放映決定!

  10. 映画「レディ・プレイヤー1」続編小説が2020年11月24日登場、海外予約も開始

アクセスランキングをもっと見る

page top