【攻略特集】『シャドウバース』基本ルール&初心者向け「エルフ」プレイガイド | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【攻略特集】『シャドウバース』基本ルール&初心者向け「エルフ」プレイガイド

連載・特集 特集

【攻略特集】『シャドウバース』基本ルール&初心者向け「エルフ」プレイガイド
  • 【攻略特集】『シャドウバース』基本ルール&初心者向け「エルフ」プレイガイド
  • 【攻略特集】『シャドウバース』基本ルール&初心者向け「エルフ」プレイガイド
  • 【攻略特集】『シャドウバース』基本ルール&初心者向け「エルフ」プレイガイド
  • 【攻略特集】『シャドウバース』基本ルール&初心者向け「エルフ」プレイガイド
  • 【攻略特集】『シャドウバース』基本ルール&初心者向け「エルフ」プレイガイド
  • 【攻略特集】『シャドウバース』基本ルール&初心者向け「エルフ」プレイガイド
  • 【攻略特集】『シャドウバース』基本ルール&初心者向け「エルフ」プレイガイド
  • 【攻略特集】『シャドウバース』基本ルール&初心者向け「エルフ」プレイガイド

Cygamesが開発運営する本格対戦カードゲーム『シャドウバース(Shadowverse)』。400種類以上のカードの中から、それぞれ選んだカードを使って戦うTCGなのですが、TCG初心者としては「試合の運び方がわからない」「どのカードが強いのかわからない」などの疑問点を抱えた方が多々いるかと思われます。

そこで今回Game*Spark編集部で「初心者プレイガイド」なるものを作成しました。簡単に基本ルールをおさらいし、各クラスの攻略記事を初心者の方にも伝わりやすいよう記載していくので、ぜひ初心者プレイヤーの皆様の参考になれば幸いです。まずは基本的なルールと“エルフ”攻略をご紹介。

■今からはじめる『シャドウバース』 基本的なゲームの進め方


プレイヤーはまず7人のリーダーから1人を選びます。選んだリーダーのクラスによって使えるカードが異なるので、まずは選んだクラスの所持カードをいろいろ組み合わせて“カードデッキ(40枚組んだカードの意)”を作ってみましょう。

「いきなり組めないよ!」という初心者の方でも、「おまかせ編成」を使うと自動でカードを組んでくれるので、まずはそちらを使っても構いません。筆者はなれるまでこの機能を使っていました。

◆基本ルール


プレイヤーは1ターン毎に増えるPP(プレイポイント)を使い、自分の手持ちカードを場にだしていきます。場に置けるカードは5枚まで、そして自分が持てる手札は8枚までです。手元に9枚目のカードがきた場合、その手札は墓場に置かれます。

勝利条件は、相手の体力を0にすれば勝ち。反対に自分の体力が0になると負けです。「カードが引けなくなった(カードの残数がなくなった)」場合も敗北扱いになるため一応注意。そして中盤以降、両プレイヤーはカードを「進化」させる事が可能となります。(進化説明については「フォロワーカード」にて後述)

カードは「フォロワー」「スペル」「アミュレット」と呼ばれる3種類があり、それぞれのカードには全てコストが設定されています。

◆フォロワーカード


場に出して直接攻撃を行うカード。攻撃力と体力が表記されており、基本はこのフォロワーを使い相手のリーダーやカードを攻撃していきます。そしてフォロワーカードは「進化」させる事ができます。

進化:先攻の場合は5ターン目以降に2回、後攻は4ターン目以降に3回、進化ポイント(EP)を使いフォロワーをパワーアップする事が可能になります。進化した際の能力は各フォロワーによって違いますが、ほぼ全てのケースでステータス値がアップします。

通常、場に出したフォロワーはそのターン行動できませんが、進化させた場合はそのターン内でも相手フォロワーへの攻撃が可能となります(リーダーに攻撃はできません)。

◆スペルカード


使用するとさまざまな能力が発動し、発動した後は場に出ずそのまま墓場に置かれる使い捨てのカード。

◆アミュレット


使用するとフォロワーのように場に出て、アミュレットが持つ能力を発動しますが攻撃力や体力は持っていません。基本的にアミュレットカード本体でフォロワーを攻撃したり、アミュレットに対しフォロワーが直接攻撃する事はできません。(スペルや能力でアミュレットを除去するカードは存在します)

■まずはストーリーモードをプレイしてみよう!


ストーリーモードでは7人のリーダーの物語を見ながら、各クラスのカードや能力も学べるようになっています。ストーリーのクリア報酬にはレッドエーテルやルピ(ゲーム内マネー)、ストーリーでしかもらえないカード報酬もあるので、ぜひクリアしていきましょう。

対人戦はランダムな相手と戦える「フリーマッチ」、自分の腕前(ランク)と近い人で対戦ができる「ランクマッチ」、ルーム番号を発行し教えた相手と戦える「ルームマッチ」が用意されています。構築したデッキのテストや気楽に対戦したい人はフリーマッチ、知っている人とプライベートな対戦をしたい人はルームマッチ、ゲームの腕前を競い合い上位ランクを目指す人はランクマッチへ挑戦してみましょう。

■カードはどうやって集めるの?

◆カードパックをクリスタルで購入する


クリスタルと呼ばれる課金アイテムを使い、カードパックを購入する。課金に抵抗がなければ、一番手っ取り早い方法です。

◆デイリーミッションなどを達成してもらえるルピでカードパックを購入する


“バトルで1勝する”などのミッションが用意されておりクリアする事でルピなどがもらえます。手に入れたルピでカードパックを購入していきましょう。クリア後のミッションは21時間後に更新されます(ただ、新コンテンツ等でルピを使用する可能性もあるため、温存しておくのも手です)。

◆アリーナ(2Pick)の勝利報酬でカードパックとルピを貰う


8月15日のアップデートで追加された“アリーナ(2Pick)”、参加するのにルピなどの入場料を支払う必要がありますが、勝利数にかかわらず必ずカードパック一枚貰えます。そこから勝利数に応じ、ルピやエーテルもランダム獲得できるので、報酬として入場料である150ルピ以上もらえる4勝以上を目指す事が出来れば楽にカードを集められます。

◆レッドエーテルでカードを生成する


レッドエーテルはカードを分解すると手に入れられる素材です。レッドエーテルを使い、持っていないカードを作る事もできます。同じカードは4枚以上デッキに入れられないため、余剰分のカードや持っていても使わないカードをレッドエーテルに分解し、ほしいカードをレッドエーテルで生成する事で任意でほしいカードを手に入れる事が可能です。

■いざ、デッキ構築!

以上、基本的なルールを踏まえさっそく各クラスの詳細やデッキ構築などをまとめてみます。まずはチュートリアルでも登場していた“エルフ”について。

《Game*Spark》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 26 件

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top