新作『アサクリ』は「準備が出来次第」リリース、2017年に発売しない可能性も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

新作『アサクリ』は「準備が出来次第」リリース、2017年に発売しない可能性も

Ubisoftより、『アサシンクリード(Assassin's Creed)』と『ファークライ(Far Cry)』の今後の開発方針にまつわるコメントが、複数の海外メディアを通して伝えられています。

ニュース ゲーム業界
新作『アサクリ』は「準備が出来次第」リリース、2017年に発売しない可能性も
  • 新作『アサクリ』は「準備が出来次第」リリース、2017年に発売しない可能性も
  • 新作『アサクリ』は「準備が出来次第」リリース、2017年に発売しない可能性も

UbisoftのCEO・Yves Guillemot氏およびエディトリアルVP・Tommy Francois氏より、同社人気フランチャイズである『アサシンクリード(Assassin's Creed)』と『ファークライ(Far Cry)』の今後の開発方針にまつわるコメントが、複数の海外メディアを通して伝えられています。

CEOのYves Guillemot氏がGameSpotに語るところによれば、『アサシンクリード』次回作で目指すところは「新次元への到達」にあるとのこと。2016年におけるリリースをスキップする同シリーズですが、Guillemot氏は『アサクリ』フランチャイズ内で変革が生じる大きなポテンシャルに着目しながら、その開発方針を変更したことを改めて報告。『アサクリ』が再びリリースされるのは「準備が出来次第」であり、必ずしも2017年内にリリースしていくわけではない旨を述べています。

また、Tommy Francois氏はIGNに向けて『アサシンクリード』および『ファークライ』の開発方針についてコメント。Francois氏は「この手の作品は、リリースより1年前の段階でアルファ版を完成させるべき」と考え、その開発プランこそが現在打ち込んでいるもので、より高品質かつ磨き上げられた内容を目指しているのだそう。続けて、ブラッシュアップの余地を残すアルファ版をいち早く開発し、その後にシステム面の向上や変更を加えていく手法を述べつつ、「そこに近道なんてものは存在し得ないのです」と主張しました。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. マイクロソフトがGOG新クライアント「GOG Galaxy 2.0」を公式サポート―様々な機能の詳細も判明

    マイクロソフトがGOG新クライアント「GOG Galaxy 2.0」を公式サポート―様々な機能の詳細も判明

  2. 『レインボーシックス シージ』グリッチ悪用で「Clash」「展開型シールド」が再度無効に―復活時期は未定

    『レインボーシックス シージ』グリッチ悪用で「Clash」「展開型シールド」が再度無効に―復活時期は未定

  3. スクウェア・エニックスによる『ディアブロ III』『オーバーウォッチ』販売が近日終了

    スクウェア・エニックスによる『ディアブロ III』『オーバーウォッチ』販売が近日終了

  4. Amazon Game Studiosが従業員のレイオフ実施、開発中タイトルの一部にリソースを注力

  5. 『FINAL FANTASY VIII Remastered』発表!PS4/XB1/スイッチ/PC向けに2019年配信予定【E3 2019】

  6. フルリメイク版『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』2020年初頭発売予定!リースやケヴィンが美しくよみがえる

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. Tango Gameworks新作『GhostWire: Tokyo』発表【E3 2019】

  9. 地球外生命体と戦う『レインボーシックス クアランティン』海外発表―『レインボーシックス』世界の数年後を描くPvE【E3 2019】【UPDATE】

  10. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

アクセスランキングをもっと見る

page top