PC無料版『ARK:Survival Evolved Online』が日本含むアジア地域で配信決定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PC無料版『ARK:Survival Evolved Online』が日本含むアジア地域で配信決定

ニュース 発表

PC無料版『ARK:Survival Evolved Online』が日本含むアジア地域で配信決定
  • PC無料版『ARK:Survival Evolved Online』が日本含むアジア地域で配信決定
  • PC無料版『ARK:Survival Evolved Online』が日本含むアジア地域で配信決定
  • PC無料版『ARK:Survival Evolved Online』が日本含むアジア地域で配信決定
  • PC無料版『ARK:Survival Evolved Online』が日本含むアジア地域で配信決定
  • PC無料版『ARK:Survival Evolved Online』が日本含むアジア地域で配信決定
  • PC無料版『ARK:Survival Evolved Online』が日本含むアジア地域で配信決定
  • PC無料版『ARK:Survival Evolved Online』が日本含むアジア地域で配信決定
  • PC無料版『ARK:Survival Evolved Online』が日本含むアジア地域で配信決定

中国を拠点とするSnail Gamesは、Studio Wildcardが開発した『ARK: Survival Evolved』のPC無料版『ARK:Survival Evolved Online』を日本含むアジア地域で配信する、と発表しました。


アジア向けに200のサーバーを導入する『ARK:Survival Evolved Online』は、恐竜と共存する世界が舞台でゲームではさまざまな恐竜が登場。よりリアルな体験のため、サバイバル要素、格闘要素、恐竜をテイムする等の要素を加え、獲得経験値の増加や、生産効率の縮短によって、美しい世界でのサバイバルを更に楽しめるようになっています。


ペットにした恐竜が死亡した場合は、クローン実験台という機能を利用し、死亡したペットを復活可能。コミュニティも完備されており、個人チャットやメール機能を利用することでプレイヤー同士のやりとりができる。いつでも操作方法などが開けるため、サンドボックスゲームの初心者でも親しみやすいシステムであるとアピールされています。


また、サーバー戦機能が実装され、集落に戦争を仕掛けられるように。戦争にはルールも設けられていて、公平な新感覚バトルを繰り広げられます。加えて、Unreal Engine 4で描写された美しく過酷な世界も今作の魅力の1つです。


記事執筆時点において、公式サイトで事前登録を受付中。本配信は2017年1月1日を予定していますが、メールアドレスを登録すると、早期アクセス資格を取得できるそうです。なお、本家『ARK:Survival Evolved』は海外PC/PS4/Xbox One向けに有料配信(日本語有)されています。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 17 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 噂: Steamハロウィンセールが近日開催か―ブラックフライデーセールやウィンターセールの日程も浮上

    噂: Steamハロウィンセールが近日開催か―ブラックフライデーセールやウィンターセールの日程も浮上

  2. eスポーツ大会「GeForce CUP: PUBG」が10月28日、29日に開催―DTNも参加予定

    eスポーツ大会「GeForce CUP: PUBG」が10月28日、29日に開催―DTNも参加予定

  3. 『PUBG』チーターのBANがついに32万人オーバー―直近24時間では約2万人のBANも

    『PUBG』チーターのBANがついに32万人オーバー―直近24時間では約2万人のBANも

  4. PS4『ARK:Survival Evolved』3つのポイント紹介―100種を超える恐竜達

  5. 『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

  6. 武器とLoveするダンジョン探索ハクスラ『Boyfriend Dungeon』発表!

  7. 『PUBG』が遂に韓国政界にて言及―「韓国ゲーム史のなかでも類を見ないもの」

  8. Valveのゲイブ・ニューウェル氏が米長者番付でTop100入り―推定純資産は55億ドル

  9. Visceral元開発者『Dead Space 2』の失敗を語る―400万本販売も「十分ではなかった」

  10. アダルト向けアドベンチャー『House Party』がSteamから一時削除―相次ぐ「ポルノ」通報を受け

アクセスランキングをもっと見る

page top