【海外の声】『オーバーウォッチ』トレーサーのキャラ設定にファン過熱―ブリザードが描く「多様性」とは | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【海外の声】『オーバーウォッチ』トレーサーのキャラ設定にファン過熱―ブリザードが描く「多様性」とは

先日公開された『オーバーウォッチ』新作コミック「Reflections」ですが、人気ヒーロー達のクリスマスエピソードの中でもトレーサーの描写には多くのファンから熱視線が集まっているご様子。今回はその反響を軸に、「海外ゲーマーの声」を紹介します。

連載・特集 特集
【海外の声】『オーバーウォッチ』トレーサーのキャラ設定にファン過熱―ブリザードが描く「多様性」とは
  • 【海外の声】『オーバーウォッチ』トレーサーのキャラ設定にファン過熱―ブリザードが描く「多様性」とは
  • 【海外の声】『オーバーウォッチ』トレーサーのキャラ設定にファン過熱―ブリザードが描く「多様性」とは
  • 【海外の声】『オーバーウォッチ』トレーサーのキャラ設定にファン過熱―ブリザードが描く「多様性」とは

先日Blizzard Entertainmentが公開した『オーバーウォッチ』新作デジタルコミック「Reflections」ですが、ファラやゲンジ、ウィンストンといったヒーローが過ごすクリスマスシーズンの中で、トレーサーの描写には多くのファンから熱視線が集まっているご様子。今回は人気キャラクターである彼女と新作コミックの反響を軸に、「海外ゲーマーの声」を紹介します。

先日より国内向けにも公開された「Reflections」ではトレーサーとそのガールフレンドと思しき女性が登場し、彼女たちが同性愛者であることが示されていました。既に「複数のLGBTのキャラクターが存在する」ことが明かされていた『オーバーウォッチ』にとっては自然な描写とも言えますが、これを受けたファンからは「トレーサーが本当にレズビアンかバイセクシャルだなんて知らなかった。ネットユーザーの妄想かと思ってた」「トレーサーにガールフレンドがいるっていう設定はこれが初出?正直言って最高。マスコットキャラクター的立ち位置の彼女に、まさかそんな設定を与えるとは」といった驚きの声が寄せられていました。


また、海外メディアKotakuの対談記事を読んだユーザーからは、「確かにBlizzardはLGBTQ設定のキャラクターを出すことに乗り気だし、自分ももっと出て欲しいと思ってる」「多様性に反対する気はないが、“多様性を認めるための多様性の表現”には反対する。オンラインシューターで彼女の“性”に興味が湧くのってどんな人なんだろうか」と言ったコメントも届いていました。「多様性」の描写は特に近年では強く意識される傾向がありますが、Blizzard担当者はKotakuに向け、以下の声明を送ったとのことです。

    現実と同様に、キャラクター、個性、バックグラウンドに多様性を持たせることは、豊かで奥深い世界観を描くための手助けになります。『オーバーウォッチ』は初期段階から「友好/歓迎的」かつ「包括的」で、世界中のプレイヤーの多様性を映そうとしていました。キャラクターを描くための他のバックグラウンドと同様、セクシャリティはそのヒーローがどんな存在であるのかを描くための、一部に過ぎません。トレーサーの物語に関しては、この設定を与えることが正しいと初期段階から感じていました。

http://kalvzr.tumblr.com/post/154757629918/happy-holidays-tracers-gay

http://20pi.tumblr.com/post/154747595149/i-dont-even-go-here-but-i-hear-its-a-great-place

また、新たに公開されたデジタルコミックはロシアで「同性愛宣伝禁止法」の影響を受けたものと見られており、非公開処分にされていました。しかしながらTumblr(1)(2)では多くのファンやイラストレーターなどからリアクションが届けられており、トレーサーとエミリー(同棲相手の女性)の恋仲を描くイラストなどが流行している模様。このように大きな注目を集めている「トレーサーのセクシャリティ描写」ですが、いわゆる「炎上」や「百合」といった認識に留まらず、「特別な設定ではない」といった反応が見られている点も、Blizzardが謳う「多様性」における重要なポイントと言えるかもしれません。
《subimago》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

1
page top