実写映画『ディビジョン』監督は『CoD: Ghost』や「トラフィック」の脚本家が担当か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

実写映画『ディビジョン』監督は『CoD: Ghost』や「トラフィック」の脚本家が担当か

2016年8月に正式発表された実写映画版『ディビジョン(Tom Clancy’s The Division)』。本作の監督がスティーブン・ギャガンに決定した、と海外メディアVarietyが報じています。

ゲーム文化 カルチャー
実写映画『ディビジョン』監督は『CoD: Ghost』や「トラフィック」の脚本家が担当か
  • 実写映画『ディビジョン』監督は『CoD: Ghost』や「トラフィック」の脚本家が担当か
2016年8月に正式発表された実写映画版『ディビジョン(Tom Clancy’s The Division)』。本作の監督がスティーブン・ギャガンに決定した、と海外メディアVarietyが報じています。

スティーブン・ギャガンは、「シリアナ」の監督/脚本などを担当した人物で、自身が脚本を手掛けた「トラフィック」では、第73回アカデミー賞の脚色賞を受賞。また、ゲーム界では、2013年に発売された『Call of Duty: Ghosts』の脚本を執筆したことでも知られています。

Varietyによれば、ギャガンは「Ubisoft Motion Picturesと仕事をし、(ゲーム開発元の)Massive Entertainment と協力して『ディビジョン』を大きなスクリーンにもたらすことに興奮しています。彼らは偉大で、並外れて創造的、そしてリスクを冒すこともできる」とコメントしているとのこと。

なお、実写映画版『ディビジョン』はジェイク・ギレンホールとジェシカ・チャステインを主演に迎え、Ubisoft Motion Picturesが、Nine Stories(ジレンホールが設立)およびFreckle Films(チャステインが設立)と共同で制作する予定です。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. PC版『オブリビオン』高解像度テクスチャ化Modが公開―ディープラーニングを活用

    PC版『オブリビオン』高解像度テクスチャ化Modが公開―ディープラーニングを活用

  2. 人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

    人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

  3. 『No Man's Sky』ゲーム内にノートルダム大聖堂を再構築する海外プレイヤー登場

    『No Man's Sky』ゲーム内にノートルダム大聖堂を再構築する海外プレイヤー登場

  4. 中世剣戟アクション『MORDHAU』Steam配信日決定! 最新トレイラーも披露

  5. ファンタジー世界のよろず屋経営ゲーム『Shoppe Keep 2』正式リリース日決定!

  6. イラクで『フォートナイト』『PUBG』が禁止に―社会や若年者への悪影響を理由に

  7. 新宿「inSPYre」にて"リアル『PUBG』"体験イベント開催決定!コラボカフェやグッズ販売も

  8. 『Apex Legends』サプライボックスを殴り続けると遥か彼方へぶっ飛ぶグリッチが発見される

  9. 『アサシンクリード』が火災被害受けたノートルダム大聖堂再建に役立つ? 過去にゲームに登場

  10. 『Apex Legends』ジブラルタル×コースティックのカオスな技?が発見ーRespawnスタッフも大笑い

アクセスランキングをもっと見る

1
page top