実写映画『ディビジョン』監督は『CoD: Ghost』や「トラフィック」の脚本家が担当か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

実写映画『ディビジョン』監督は『CoD: Ghost』や「トラフィック」の脚本家が担当か

2016年8月に正式発表された実写映画版『ディビジョン(Tom Clancy’s The Division)』。本作の監督がスティーブン・ギャガンに決定した、と海外メディアVarietyが報じています。

ゲーム文化 カルチャー
実写映画『ディビジョン』監督は『CoD: Ghost』や「トラフィック」の脚本家が担当か
  • 実写映画『ディビジョン』監督は『CoD: Ghost』や「トラフィック」の脚本家が担当か
2016年8月に正式発表された実写映画版『ディビジョン(Tom Clancy’s The Division)』。本作の監督がスティーブン・ギャガンに決定した、と海外メディアVarietyが報じています。

スティーブン・ギャガンは、「シリアナ」の監督/脚本などを担当した人物で、自身が脚本を手掛けた「トラフィック」では、第73回アカデミー賞の脚色賞を受賞。また、ゲーム界では、2013年に発売された『Call of Duty: Ghosts』の脚本を執筆したことでも知られています。

Varietyによれば、ギャガンは「Ubisoft Motion Picturesと仕事をし、(ゲーム開発元の)Massive Entertainment と協力して『ディビジョン』を大きなスクリーンにもたらすことに興奮しています。彼らは偉大で、並外れて創造的、そしてリスクを冒すこともできる」とコメントしているとのこと。

なお、実写映画版『ディビジョン』はジェイク・ギレンホールとジェシカ・チャステインを主演に迎え、Ubisoft Motion Picturesが、Nine Stories(ジレンホールが設立)およびFreckle Films(チャステインが設立)と共同で制作する予定です。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 油彩画のようなビジュアルのオープンワールドRPG新作『DISCO ELYSIUM』配信日決定!

    油彩画のようなビジュアルのオープンワールドRPG新作『DISCO ELYSIUM』配信日決定!

  2. Netflixドラマ「ウィッチャー」の最終予告編がお披露目―ローチに触るな!

    Netflixドラマ「ウィッチャー」の最終予告編がお披露目―ローチに触るな!

  3. Ninjaが海外の料理YouTubeチャンネルに出演!プロ料理人と共にサンドイッチ作りに励む

    Ninjaが海外の料理YouTubeチャンネルに出演!プロ料理人と共にサンドイッチ作りに励む

  4. Valve、ドイツ規制機関の報告を受けSteamからナチス関連の壁紙やユーザープロファイルを削除

  5. 「The Game Awards 2019」では約10本分の新作が発表予定、『バイオ』新展開の情報は無し

  6. 「The Game Awards 2018」発表内容ひとまとめ【TGA2018】

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. 輸送シム『Transport Fever 2』がSteamで配信開始!3つの大陸で陸路、海路、空路をマネージメント

  9. e-Sportsの法規制における現状の課題と経過、そしてビジネス活用法とは?「eSPORTS TRINITY」講演レポ

  10. Netflixドラマ「ウィッチャー」“ゲラルト”“シリラ”“イェネファー”紹介トレイラー公開!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top