『アリス マッドネス リターンズ』がXbox One下位互換機能に対応! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『アリス マッドネス リターンズ』がXbox One下位互換機能に対応!

家庭用ゲーム Xbox One

『アリス マッドネス リターンズ』がXbox One下位互換機能に対応!
  • 『アリス マッドネス リターンズ』がXbox One下位互換機能に対応!
  • 『アリス マッドネス リターンズ』がXbox One下位互換機能に対応!
  • 『アリス マッドネス リターンズ』がXbox One下位互換機能に対応!


MicrosoftプログラミングディレクターLarry Hryb氏は、Xbox Oneの下位互換機能に『アリス マッドネス リターンズ(Alice: Madness Returns)』が新対応したことを発表しました。


2011年にEAからリリースされた『アリス マッドネス リターンズ』は、2000年に発売された『アリス イン ナイトメア(American McGee's Alice)』の続編となるタイトル。『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』を原作とし、その後火事により家族を全て失って精神を病んでしまったアリスの内面として、猟奇的な姿へと変貌してしまった“不思議の国”を舞台に、彼女の精神の均衡を取り戻すための戦いが繰り広げられるという、アメリカン・マギーの手による独特の世界観が好評を博した『アリス イン ナイトメア』。


その続編となる『アリス マッドネス リターンズ』では、自分の記憶を取り戻し、すべての発端となった火事の真相を探るための新たなアリスの“不思議の国”での戦いが繰り広げられることとなります。なお、同シリーズの3作目はゲームではなく3Dアニメーション『Alice: Otherlands』としてリリースされています。


今回正式にリストに加わったのは『アリス マッドネス リターンズ』のみですが、同作では無料DLCとして前作『アリス イン ナイトメア』を遊ぶことも可能です。ただし、こちらは2000年当時高い評価を誇った日本語吹き替えを含まない、英語のみの内容となっているため注意が必要です。

その他のXbox Oneの下位互換機能リストはこちらから閲覧することが可能です。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 14 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Bloodborne』解析により本編未登場の5体のクリーチャー映像が公開…『DARK SOULS』に出て来そうなものも

    『Bloodborne』解析により本編未登場の5体のクリーチャー映像が公開…『DARK SOULS』に出て来そうなものも

  2. スイッチ版『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』発売! 早期購入特典として“懐かしの一作”を移植

    スイッチ版『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』発売! 早期購入特典として“懐かしの一作”を移植

  3. 創懐共闘ACT最新作! PS4『New ガンダムブレイカー』2018年発売―第1弾PVもお披露目

    創懐共闘ACT最新作! PS4『New ガンダムブレイカー』2018年発売―第1弾PVもお披露目

  4. 品薄の国内向け「Xbox One X」、1月23日入荷分がAmazonで販売中!【UPDATE】

  5. 『ストV AE』期間限定エクストラバトル詳細が海外公開―『ビューティフル ジョー』コスチューム登場

  6. 『ファークライ5』海外向けの新紹介映像が公開!-ホープカウンティの野生が描かれる

  7. 『Fortnite Battle Royale』同時接続数200万人突破―総プレイヤー数4,000万人の大台に

  8. 【特集】『Warframe』にオープンワールドのワケ―Digital Extremesのレベッカ氏に日本初インタビュー

  9. リマスター版『ダークソウル』ハードによる違いはあるの?公式サイトにて仕様が公開

  10. 『アサシンクリード オリジンズ』アップデート詳細海外発表―拡張「隠れし者」など

アクセスランキングをもっと見る

page top