スマホ用SteamVR互換キット「NOLO」登場―ルームスケールとコントローラーも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スマホ用SteamVR互換キット「NOLO」登場―ルームスケールとコントローラーも

LYRobotixは、Androidスマートフォンを用いたVRにルームスケールとコントローラーを加え、更にSteamVR互換ヘッドセットとしても用いることを可能とするキット「NOLO」のKickstarterキャンペーンを開始しています。

ゲーム機 VR
スマホ用SteamVR互換キット「NOLO」登場―ルームスケールとコントローラーも
  • スマホ用SteamVR互換キット「NOLO」登場―ルームスケールとコントローラーも
  • スマホ用SteamVR互換キット「NOLO」登場―ルームスケールとコントローラーも
  • スマホ用SteamVR互換キット「NOLO」登場―ルームスケールとコントローラーも
  • スマホ用SteamVR互換キット「NOLO」登場―ルームスケールとコントローラーも
  • スマホ用SteamVR互換キット「NOLO」登場―ルームスケールとコントローラーも

LYRobotixは、Androidスマートフォンを用いたVRにルームスケールとコントローラーを加え、更にSteamVR互換ヘッドセットとしても用いることを可能とするキット「NOLO」のKickstarterキャンペーンを開始しています。


Androidスマートフォンを用いたVRは既に存在していますが、PC向け高機能ヘッドセットが持つ、ルームスケールとコントローラーの機能は単体では再現できていません。そこへルームスケールとコントローラーを加えるためのキットがこの「NOLO」です。また、「NOLO」では「VRidge」を用いた、スマホ利用のPC向けVRヘッドセットへ、SteamVR互換の機能を追加することも可能としています。


Kickstarterキャンペーンでは99ドルから購入可能な「NOLO」は、ベースステーション、ヘッドセット用マーカー、コントローラーの3点にて構成されており、「VRidge」との併用にて『Tilt Brush』『Job Simulator』『Space Pirate Trainer』といったSteamVRソフトが既に問題なく動作している模様です。ルームスケール機能は4m×4mと小スペースとなりますが、20msの遅延で、ベースステーションもワイヤレスでも4時間ほどの利用が可能な模様です。


本記事執筆時点で、39日を残しキャンペーンは目標額50,000ドルに対し既に49,815ドルを集めています。なお、キャンペーン後の「NOLO」の希望小売価格は149ドルとなる見込みです。


「NOLO」は既に生産指示段階に入っているとのことで、2017年5月発送開始予定となっています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. VR『ゼルダの伝説 BotW』の開発経緯が明らかに―味つけを変えてハイラルの世界を“おかわり”してもらいたい

    VR『ゼルダの伝説 BotW』の開発経緯が明らかに―味つけを変えてハイラルの世界を“おかわり”してもらいたい

  2. 「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

    「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

  3. 携帯型ゲーミングPC「SMACH Z」2019年Q1より生産段階に移行!アルファユニットの映像も

    携帯型ゲーミングPC「SMACH Z」2019年Q1より生産段階に移行!アルファユニットの映像も

  4. PS次世代機は「ゲーマーにとって魅力的な価格」に―担当記者の質問にサーニー氏が回答

  5. 新型VRヘッドセット「Oculus Rift S」発表!外部センサーも必要なし

  6. Windows Mixed Reality対応VRヘッドセット「AH501」発売決定ー「2つの世界初」を搭載

  7. もう髪型が気にならない!ネックバンド型ヘッドセット「Razer Ifrit」3月29日発売

  8. プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」の最新情報が公開

  9. VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

  10. VR対応の戦闘ロボ操縦アクション『Vox Machinae』早期アクセス開始!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top