Oculus、VR技術巡る裁判でZeniMaxに5億ドルの賠償金支払いへ【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Oculus、VR技術巡る裁判でZeniMaxに5億ドルの賠償金支払いへ【UPDATE】

ニュース ゲーム業界

Oculus、VR技術巡る裁判でZeniMaxに5億ドルの賠償金支払いへ【UPDATE】
  • Oculus、VR技術巡る裁判でZeniMaxに5億ドルの賠償金支払いへ【UPDATE】
  • Oculus、VR技術巡る裁判でZeniMaxに5億ドルの賠償金支払いへ【UPDATE】
VRデバイス「Oculus Rift」で知られるOculusは、ZeniMax Mediaとの技術盗用を巡る裁判において、陪審員から5億ドル(約566億円)の賠償金支払いを命じられました。

Polygonによれば、陪審員はOculusがZeniMAX Mediaから不法に入手した技術を用いてVRヘッドセットを開発したという争点において、「企業秘密を盗用していない」とするものの、Oculus創立者パーマー・ラッキー氏のNDA違反行為を認め、ZeniMax Mediaへの5億ドルの賠償金支払いを判決として下しました。

この訴訟はZeniMax Mediaから申し立てられていたもので、2014年当時の報道では「id Software在籍時のジョン・カーマック氏が手がけた“Oculust Rift開発ツールの情報”を、ラッキー氏が不法利用している」として、契約違反、著作権侵害、不正競争に当るものと見られていました。

Oculusの広報担当者は海外メディアに向け、「評決に関してはいくつかの点で失望しているが、Oculus製品はOculusの技術で製造されている」「長期的視野で見たVR技術の成功に対する私達のコミットメントは変わらない」と述べています。

UPDATE(2017/2/2 11:00): ソースの内容に沿って本文を一部加筆・修正しました。コメントでのご指摘、どうもありがとうございました。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 16 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. スパイク・チュンソフトがGDC 2018で4本の新作タイトルを発表予定

    スパイク・チュンソフトがGDC 2018で4本の新作タイトルを発表予定

  2. 噂:『New ガンダムブレイカー』海外向けPC版登場か―ブラジル審査機関に登録表記

    噂:『New ガンダムブレイカー』海外向けPC版登場か―ブラジル審査機関に登録表記

  3. 54時間限定「Amazonタイムセール祭り」2月28日から―『ドラゴンボール ファイターズ』+ディスプレイセットなど

    54時間限定「Amazonタイムセール祭り」2月28日から―『ドラゴンボール ファイターズ』+ディスプレイセットなど

  4. 米トランプ大統領「映画やゲームには規制が必要だ」―パークランド銃撃事件受け

  5. 米国1月ソフトセールスは『モンハン:ワールド』が首位、ハード販売は前年比119%増の飛躍的上昇

  6. 米国でサービス終了オンラインゲームを著作権法例外とする動き―ESAは反対

  7. 『ゼルダの伝説 BotW』がGOTYを獲得! 第21回「D.I.C.E. Awards」受賞作品リスト

  8. 90年代風ゴリマッチョFPS『Hellbound』クローズドβ開始! 初プレイ映像も

  9. 米ロードアイランド州議員が暴力的なゲームの販売に特別税を追加する法案を検討ー海外報道

  10. 硬派中世RPG『Kingdom Come: Deliverance』100万本セールスを突破

アクセスランキングをもっと見る

page top