Oculus、VR技術巡る裁判でZeniMaxに5億ドルの賠償金支払いへ【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Oculus、VR技術巡る裁判でZeniMaxに5億ドルの賠償金支払いへ【UPDATE】

ニュース ゲーム業界

Oculus、VR技術巡る裁判でZeniMaxに5億ドルの賠償金支払いへ【UPDATE】
  • Oculus、VR技術巡る裁判でZeniMaxに5億ドルの賠償金支払いへ【UPDATE】
  • Oculus、VR技術巡る裁判でZeniMaxに5億ドルの賠償金支払いへ【UPDATE】
VRデバイス「Oculus Rift」で知られるOculusは、ZeniMax Mediaとの技術盗用を巡る裁判において、陪審員から5億ドル(約566億円)の賠償金支払いを命じられました。

Polygonによれば、陪審員はOculusがZeniMAX Mediaから不法に入手した技術を用いてVRヘッドセットを開発したという争点において、「企業秘密を盗用していない」とするものの、Oculus創立者パーマー・ラッキー氏のNDA違反行為を認め、ZeniMax Mediaへの5億ドルの賠償金支払いを判決として下しました。

この訴訟はZeniMax Mediaから申し立てられていたもので、2014年当時の報道では「id Software在籍時のジョン・カーマック氏が手がけた“Oculust Rift開発ツールの情報”を、ラッキー氏が不法利用している」として、契約違反、著作権侵害、不正競争に当るものと見られていました。

Oculusの広報担当者は海外メディアに向け、「評決に関してはいくつかの点で失望しているが、Oculus製品はOculusの技術で製造されている」「長期的視野で見たVR技術の成功に対する私達のコミットメントは変わらない」と述べています。

UPDATE(2017/2/2 11:00): ソースの内容に沿って本文を一部加筆・修正しました。コメントでのご指摘、どうもありがとうございました。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 16 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. ベセスダ、ワーナーとBehaviourに「訴訟」提起―『Fallout Shelter』のコードなどが他作品に使用されたため

    ベセスダ、ワーナーとBehaviourに「訴訟」提起―『Fallout Shelter』のコードなどが他作品に使用されたため

  2. 『エースコンバット7』最新情報!ストーリー詳細やF-15Jなど一部登場機体がついに公開

    『エースコンバット7』最新情報!ストーリー詳細やF-15Jなど一部登場機体がついに公開

  3. 名作ADV新作『LIFE IS STRANGE 2』が海外向けに正式発表! 9月にエピソード1が登場予定

    名作ADV新作『LIFE IS STRANGE 2』が海外向けに正式発表! 9月にエピソード1が登場予定

  4. Steamサマーセール「銀河を超越するSummer Sale」がスタート! ミニゲームも登場

  5. 「NEOGEO mini」7月24日に発売決定! 価格は11,500円(税別)に

  6. 『バーンアウト』クリエイターが2本の新作『Danger Zone 2』『Dangerous Driving』を発表

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 『Friday the 13th: The Game』権利問題により追加コンテンツの制作を中止

  9. たった1ドルからゲームをまとめ買いできる「Humble Bundle」とは ― 仕組みや購入方法を解説!

  10. 『マインクラフト』PS3/Xbox 360/PS Vita/Wii U版に最後のアップデートが配信予定

アクセスランキングをもっと見る

page top