視線認識搭載型HTC Viveが公開、OpenVRでも視線認識技術が利用可能に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

視線認識搭載型HTC Viveが公開、OpenVRでも視線認識技術が利用可能に

海外メディアShacknewsは、Valveが、2017年2月27日よりアメリカ・サンフランシスコにて開催されているGame Developers Conference 2017にて、VR用ヘッドマウントディスプレイ「HTC Vive」の視線認識を搭載した新型プロトタイプを発表すると報じています。

ゲーム機 VR
視線認識搭載型HTC Viveが公開、OpenVRでも視線認識技術が利用可能に
  • 視線認識搭載型HTC Viveが公開、OpenVRでも視線認識技術が利用可能に
海外メディアShacknewsは、Valveが、2017年2月27日よりアメリカ・サンフランシスコにて開催されているGame Developers Conference 2017にて、VR用ヘッドマウントディスプレイ「HTC Vive」の視線認識を搭載した新型プロトタイプを発表すると報じています

GDCで初公開となるこの視線認識技術搭載型HTC Viveは、SensorMotoric Instrumentsとの共同開発によりもたらされるもので、世界中のさまざまなパートナーへと提供されるとのこと。また、同ニュースを先行して伝える海外メディアTom's Hardwareによれば、同視線認識技術はValveが提供するオープンなVR向けプラットフォーム技術「OpenVR」へも組み込みがなされる模様です。なお、プロトタイプということで、この視線認識技術搭載版「HTC Vive」の一般販売予定については分かっていません。

視線認識搭載型のVR用ヘッドマウントディスプレイとしては、クラウドファンディングを通して開発された「FOVE 0」などが既に存在していますが、今回のVR用ヘッドマウントディスプレイ業界で先行する「HTC Vive」の参入で、更に視線認識を利用したVRが進化する事を期待したい所です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 「Oculus Link」ベータ開始!Oculus QuestでPC向けVRタイトルが楽しめる

    「Oculus Link」ベータ開始!Oculus QuestでPC向けVRタイトルが楽しめる

  2. 『Half-Life』がRTXでレイトレーシング化したらこうなる?海外ユーザーが映像を作成

    『Half-Life』がRTXでレイトレーシング化したらこうなる?海外ユーザーが映像を作成

  3. ソニー次世代機の正式名称は「プレイステーション 5」!2020年年末商戦に発売【UPDATE】

    ソニー次世代機の正式名称は「プレイステーション 5」!2020年年末商戦に発売【UPDATE】

  4. 「Oculus Quest」PC接続“Oculus Link”はSteamVRゲームにも対応―海外報道

  5. Oculus新情報発表会「Oculus Connect 6」開催―「Oculus Quest」のPC対応やデバイス不要のハンドトラッキング技術など

  6. VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

  7. 『フォートナイト』同梱のXbox One Sバンドルが海外発表! 限定スキンも付属

  8. これぞ究極?オールインワンゲーミングチェア「Predator Thronos」受注発売開始ーお値段なんと約350万円

  9. 想像以上に机なデスク型PCケースが登場―6月の発売を予定

  10. プレステやサターンも動くレトロゲー互換機「POLYMEGA」第2次予約受付が開始

アクセスランキングをもっと見る

page top