硬派FPS『Escape from Tarkov』最新スクリーン!―略奪者「SCAV」を披露 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

硬派FPS『Escape from Tarkov』最新スクリーン!―略奪者「SCAV」を披露

PC Windows

硬派FPS『Escape from Tarkov』最新スクリーン!―略奪者「SCAV」を披露
  • 硬派FPS『Escape from Tarkov』最新スクリーン!―略奪者「SCAV」を披露
  • 硬派FPS『Escape from Tarkov』最新スクリーン!―略奪者「SCAV」を披露
  • 硬派FPS『Escape from Tarkov』最新スクリーン!―略奪者「SCAV」を披露
  • 硬派FPS『Escape from Tarkov』最新スクリーン!―略奪者「SCAV」を披露
  • 硬派FPS『Escape from Tarkov』最新スクリーン!―略奪者「SCAV」を披露
  • 硬派FPS『Escape from Tarkov』最新スクリーン!―略奪者「SCAV」を披露
  • 硬派FPS『Escape from Tarkov』最新スクリーン!―略奪者「SCAV」を披露
  • 硬派FPS『Escape from Tarkov』最新スクリーン!―略奪者「SCAV」を披露

現在クローズドアルファテストが進められている期待の新作FPS『Escape from Tarkov』ですが、デベロッパーのBattlestate Gamesはいくつかの最新スクリーンショットを公開。先日詳細が明らかにされたScav」ゲームモードのプレイシーンが収められています。


  • プレイアブル勢力“SCAV”は封鎖都市Tarkovに略奪者として残った市民。
    ※本作のメインストーリーは悪名高い国際企業が雇う“USEC”とロシア政府の直接命令により組織された“BEAR”、2つの民間軍事会社(PMC)の衝突を描いている。
  • “SCAV”でプレイするとプレイヤー名、装備、武器、スポーン地点、時間が全てランダムで決定される。最大4人のグループ行動も可能。
  • “SCAV”ゲームプレイではレイドで死亡した際に何も失わず、生き延びることができれば略奪した戦利品を獲得できる。ただし“SCAV”でプレイできる頻度は制限されている。
  • “SCAV”プレイヤーはAIキャラクターとともに生成され、PMC勢力“USEC”および“BEAR”のプレイヤーにとっては厄介な障害となる。

GameSpotで公開されたプレイ映像

PMC勢力でのプレイのようにアイテムを失う恐怖がないため、SCAVでは大胆なプレイが楽しめるかもしれません。SCAVゲームプレイモード含め、さらなる追加機能が今後のアップデートでアルファ版に追加予定となっています。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 9 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. アイドル洋ゲー『Shining Song Starnova』が色々キワドイ―「例のプール」も?

    アイドル洋ゲー『Shining Song Starnova』が色々キワドイ―「例のプール」も?

  2. 『Dead by Daylight』に満を持して女性殺人鬼が実装へ

    『Dead by Daylight』に満を持して女性殺人鬼が実装へ

  3. 『PUBG』7月度アップデートの内容一部発表―新衣装が大量追加!課金箱もテスト実装

    『PUBG』7月度アップデートの内容一部発表―新衣装が大量追加!課金箱もテスト実装

  4. ゾンビパルクール『Dying Light‏』無料DLCが海外PC向けに配信―家庭用版は9月

  5. 人気シリーズ初のアクションがSteamに!『Fate/EXTELLA』Steam配信開始、日本語も収録

  6. PC自作シム『PC Building Simulator』が今秋Steam配信!―新トレイラーも披露

  7. カルト教団運営シム『The Shrouded Isle』が8月にSteam配信!―ローンチトレイラー公開

  8. 魔法サンドボックスRPG『Citadel: Forged with Fire』発表!―『Slender: The Arrival』開発元新作

  9. 「Humble Saints Row Bundle」販売―最新作『Agents of Mayhem』の予約購入も

  10. 『Dead by Daylight』新チャプター「SPARK OF MADNESS」が近日配信!

アクセスランキングをもっと見る

page top