『ドラゴンクエストXI』バトルや3DS版2D・3D切り替えの情報公開、すれちがい通信や「ぱふぱふ」情報も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ドラゴンクエストXI』バトルや3DS版2D・3D切り替えの情報公開、すれちがい通信や「ぱふぱふ」情報も

スクウェア・エニックスは、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』発売日発表会にて、本作の実機プレイ映像を公開しました。

家庭用ゲーム PS4
『ドラゴンクエストXI』バトルや3DS版2D・3D切り替えの情報公開、すれちがい通信や「ぱふぱふ」情報も
  • 『ドラゴンクエストXI』バトルや3DS版2D・3D切り替えの情報公開、すれちがい通信や「ぱふぱふ」情報も
  • 『ドラゴンクエストXI』バトルや3DS版2D・3D切り替えの情報公開、すれちがい通信や「ぱふぱふ」情報も
  • 『ドラゴンクエストXI』バトルや3DS版2D・3D切り替えの情報公開、すれちがい通信や「ぱふぱふ」情報も
  • 『ドラゴンクエストXI』バトルや3DS版2D・3D切り替えの情報公開、すれちがい通信や「ぱふぱふ」情報も
  • 『ドラゴンクエストXI』バトルや3DS版2D・3D切り替えの情報公開、すれちがい通信や「ぱふぱふ」情報も
  • 『ドラゴンクエストXI』バトルや3DS版2D・3D切り替えの情報公開、すれちがい通信や「ぱふぱふ」情報も
  • 『ドラゴンクエストXI』バトルや3DS版2D・3D切り替えの情報公開、すれちがい通信や「ぱふぱふ」情報も
  • 『ドラゴンクエストXI』バトルや3DS版2D・3D切り替えの情報公開、すれちがい通信や「ぱふぱふ」情報も

スクウェア・エニックスは、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』発売日発表会にて、本作の実機プレイ映像を公開しました。

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』は、『ドラゴンクエスト』シリーズのナンバリング最新作となるタイトルです。本作はハードによってグラフィックが異なり、3DS版は3Dグラフィックとレトロ風2Dグラフィックが選択可能で、PS4版はアンリアルエンジン4による高品質のグラフィックが特徴となっています。

◆PS4版



PS4版の実機プレイは、序盤の町を探索するところからスタート。本作でも「なかま」コマンドから仲間と話をすることができ、冒険が進むたびにさまざまな会話が展開されます。また、マップはさまざまな場所を自由に移動することが可能。高いところに登ってアイテムを獲得する様子なども披露されました。


そしてストーリーの一部も公開。勇者の生まれ変わりである主人公はなんらかの秘密を抱えており、手の甲にあるアザや紋章が刻まれた首飾りが物語に関わってくる模様です。


続いて、「ヒノノギ火山」でのバトルシーンが公開。PS4版もターン制のコマンド選択式バトルが採用されていますが、戦闘中は2種類のカメラモードが用意されています。これまでのシリーズのようなオートカメラ、そして自由に動くことができるカメラの2種類となっており、バトルの幅も広がっているようです。


また、「バロンナイト」というモンスターを倒すとその乗り物に乗れるようになることも明らかに。この乗り物に乗ると、突進してモンスターを吹き飛ばしたり、大きな岩を壊すことも可能になります。


なお、本作から自分もAIで戦闘することができるようになっています。さらにバトルには「テンション」システムに変わる新たな要素が追加されているとのこと。

◆3DS版



そして3DS版の実機プレイも披露されました。3DS版の序盤は上画面に3D、下画面にレトロ風2Dビジュアルが表示されており、スライドパッドで3D画面を、十字キーで2D画面を操作可能。どちらを操作したかによってバトルのグラフィックも変化します。


2D・3Dの両方が表示されるのは序盤だけとなっており、途中でどちらかを選択する必要があります。選択したあとは下画面に地図が表示されるようになり、教会に行くことでいつでも2D・3Dを切り替えることができます。


グラフィックを切り替えても基本的な街の構造などは同じですが、それぞれで遊びやすさが追求されているため扉の位置などが変わっていることはあります。また、3Dではゴンドラだったものが2Dではイカダで表示されているなど、あえてレトロ感を大事にしている部分もあるそうです。


なお、本作はすれちがい通信に対応。さらに「ぱふぱふ」にも力を入れているそうで、コンプリートすると称号がもらえるとのこと。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』は2017年7月29日発売予定です。

(C) 2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C) SUGIYAMA KOBO
(P) SUGIYAMA KOBO
インサイド
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. ツモ・ロンができなかったら引き返せ!スイッチ用ソフト『プチコン4』向け異変探し麻雀ゲーム『八連荘』公開中―体験版からもプレイ可能

    ツモ・ロンができなかったら引き返せ!スイッチ用ソフト『プチコン4』向け異変探し麻雀ゲーム『八連荘』公開中―体験版からもプレイ可能

  2. 『Killing Floor 3』は2025年3月までにリリース予定―Embracer Groupの報告書で判明

    『Killing Floor 3』は2025年3月までにリリース予定―Embracer Groupの報告書で判明

  3. 『FF7 リバース』まずはコレを使いたい&育てたい! 最序盤のお勧めマテリア10選

    『FF7 リバース』まずはコレを使いたい&育てたい! 最序盤のお勧めマテリア10選

  4. 2人のマッチョマンによる人力破壊テスト。家庭用ハード耐久力対決!

  5. ロープで繋がれたペンギンの協力パズルACT『ブレッドとフレッド』スイッチ版5月23日リリース決定!PC向けデモ版100万DLを達成した話題作が登場【Indie World 2024.4.17】

  6. 「Xbox 360ストア」7月29日の閉鎖へ向け大規模セール実施発表!購入タイトルは閉鎖後も引き続きプレイ可能

  7. 大好評のポーカーローグライク『Balatro』突然のレーティング変更で一部の海外ストアで販売停止に

  8. 100人超の歴代東方キャラが参戦する『東方幻想麻雀』発売開始!変則ルールやキャラの能力を駆使するイカサマも

  9. 海外人気レトロACT『タリカン』シリーズをすべて収録した『タリカンアンソロジー』スイッチ向けに7月25日発売決定!

  10. 「バッテリーは早めに充電。バッテラはサバのお寿司」─スイッチの「ゲームニュース」に遊び心

アクセスランキングをもっと見る

page top