AVerMediaキャプチャーボード「Live Gamer HD」シリーズが予約開始、低遅延で大会/イベント配信にも最適 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

AVerMediaキャプチャーボード「Live Gamer HD」シリーズが予約開始、低遅延で大会/イベント配信にも最適

ゲーム機 周辺機器

AVerMediaキャプチャーボード「Live Gamer HD」シリーズが予約開始、低遅延で大会/イベント配信にも最適
  • AVerMediaキャプチャーボード「Live Gamer HD」シリーズが予約開始、低遅延で大会/イベント配信にも最適
  • AVerMediaキャプチャーボード「Live Gamer HD」シリーズが予約開始、低遅延で大会/イベント配信にも最適
  • AVerMediaキャプチャーボード「Live Gamer HD」シリーズが予約開始、低遅延で大会/イベント配信にも最適
  • AVerMediaキャプチャーボード「Live Gamer HD」シリーズが予約開始、低遅延で大会/イベント配信にも最適
  • AVerMediaキャプチャーボード「Live Gamer HD」シリーズが予約開始、低遅延で大会/イベント配信にも最適
  • AVerMediaキャプチャーボード「Live Gamer HD」シリーズが予約開始、低遅延で大会/イベント配信にも最適
  • AVerMediaキャプチャーボード「Live Gamer HD」シリーズが予約開始、低遅延で大会/イベント配信にも最適
  • AVerMediaキャプチャーボード「Live Gamer HD」シリーズが予約開始、低遅延で大会/イベント配信にも最適

AVerMediaは、新たなPC内蔵型キャプチャーボード2機種「Live Gamer HD 2(C988)」「Live Gamer HD Lite(C985L)」の予約販売を4月20日より開始すると発表しました。

「Live Gamer HD」シリーズは最高画質1080p/60fpsの録画・ライブ配信を実現する新型キャプチャーボード。HDMI出力端子を搭載し、もう1台のモニターを増設すれば遅延なしでゲームをプレイしながら録画・ライブ配信できます。また、ドライバーのインストールが不要なため、他のデバイスとの競合問題について心配する必要もなく、映像信号を簡単にPCに取り込むことができます。


また、本製品では1台のデスクトップPCに複数枚のキャプチャーボード「Live Gamer HD 2」および「Live Gamer HD Lite」を挿し込み、同時にキャプチャーできます。サードパーティー製の配信ソフト(OBS Studio、XSplitなど)を使いながら複数の映像機器を同時にPCに入力し、複数の映像を切り替え、または1つの画面に重ねてのライブ配信も行える、ゲーム大会、小型イベント、配信スタジオでの利用にも最適な仕様となっています。


「Live Gamer HD 2」と「Live Gamer HD Lite」は4月26日より発売予定。商品詳細は公式Webサイト(C988 / C985L)よりチェック可能です。

    ■製品概要
    製品名: Live Gamer HD 2 C988
    エンコード方式: ソフトウェア
    最大入出力解像度: 1920 x 1080(1080p@60fps)
    最大録画/配信解像度: 1920 x 1080(1080p@60fps)
    接続インターフェース: PCI Express x1 Gen2
    画面遅延(パソコン画面): 約0.06秒
    専用ドライバー: 必要なし(プラグ&プレイの簡単接続)
    入力端子: HDMI、3.5mm AUX(3極)
    出力端子(パススルー - 遅延ゼロ): HDMI、3.5mm AUX(3極)
    対応ゲーム機: PlayStation 4、Nintendo Switch、Xbox One、Xbox 360、Wii U
    iOSデバイス録画/配信(iPhone、iPadなど)
    付属専用ソフト: RECentral 3
    サードパーティソフト多数対応

    製品名: Live Gamer HD Lite C985L
    エンコード方式: ハードウェア ※RECentralを使用する場合はハードウェアエンコード、サードパーティ製ソフトを使用する場合はソフトウェアエンコード
    最大入出力解像度: 1920 x 1080(1080p@60fps)
    最大録画/配信解像度: 1920 x 1080(1080p@30fps)
    接続インターフェース: PCI Express x1 Gen1
    画面遅延(パソコン画面):約0.06秒
    専用ドライバー: 必要
    入力端子: HDMI、3.5mm AUX(3極)
    出力端子(パススルー - 遅延ゼロ): HDMI、3.5mm AUX(3極)
    対応ゲーム機: PlayStation 4、Nintendo Switch、Xbox One、Xbox 360、Wii U
    iOSデバイス録画/配信(iPhone、iPadなど)
    付属専用ソフト: RECentral
    サードパーティソフト対応: OBS Studio、XSplit、NLE
《subimago》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 「NEOGEO mini」周辺機器をチェック! 専用コントローラーや本体に貼るステッカーなどが同日発売─早くも売り切れ続出

    「NEOGEO mini」周辺機器をチェック! 専用コントローラーや本体に貼るステッカーなどが同日発売─早くも売り切れ続出

  2. Valve新型VRコントローラー「Knuckles EV2」の開発キットが出荷開始! 『Portal』風の技術デモも

    Valve新型VRコントローラー「Knuckles EV2」の開発キットが出荷開始! 『Portal』風の技術デモも

  3. 【特集】「Steamコントローラ」開封&使用レポ―Valveの提案する全く新しいコントローラをついに体験

    【特集】「Steamコントローラ」開封&使用レポ―Valveの提案する全く新しいコントローラをついに体験

  4. ビックカメラで「ミニファミコン 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」予約受付スタート!お得なキャンペーン実施中

  5. 【特集】Valve製ストリーミング機器「Steamリンク」開封&使用レポ―リビングにPCゲームがやってきた!

  6. E3でポータブルゲーミングPC「SMACH Z」の試作機をチェック!気になる大きさや使い勝手は?【E3 2018】

  7. Bethesda新作『Starfield』は現行機ではリリースされない可能性もートッド・ハワード氏が言及

  8. Valveの新型VRコントローラーは各指を個別に認識可能!―手を開くことも

  9. ShroudがHyper Xのブランドアンバサダーチームに加入―新製品のコンサルティングも

  10. Steam MachineやSteamコントローラの発売日が決定―先行予約分は10月にも出荷予定

アクセスランキングをもっと見る

page top