SFシム『Phoenix Point』クラウドファンディング開始―初代『X-COM』製作者新作 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SFシム『Phoenix Point』クラウドファンディング開始―初代『X-COM』製作者新作

1994年にリリースされた、初代『X-COM』のデザイナーとして知られるJulian Gollop氏が率いるSnapshot Gamesは、同作の精神的続編となるターン制戦術ストラテジー『Phoenix Point』のクラウドファンディングを開始しました。

ゲーム文化 Kickstarter
SFシム『Phoenix Point』クラウドファンディング開始―初代『X-COM』製作者新作
  • SFシム『Phoenix Point』クラウドファンディング開始―初代『X-COM』製作者新作
  • SFシム『Phoenix Point』クラウドファンディング開始―初代『X-COM』製作者新作
  • SFシム『Phoenix Point』クラウドファンディング開始―初代『X-COM』製作者新作
  • SFシム『Phoenix Point』クラウドファンディング開始―初代『X-COM』製作者新作
  • SFシム『Phoenix Point』クラウドファンディング開始―初代『X-COM』製作者新作
  • SFシム『Phoenix Point』クラウドファンディング開始―初代『X-COM』製作者新作
  • SFシム『Phoenix Point』クラウドファンディング開始―初代『X-COM』製作者新作

1994年にリリースされた、初代『X-COM』のデザイナーとして知られるJulian Gollop氏が率いるSnapshot Gamesは、同作の精神的続編となるターン制戦術ストラテジー『Phoenix Point』のクラウドファンディングを開始しました。



舞台は永久凍土の融解で発見されたウイルスから発生した、ミュータントエイリアンが闊歩する地球。プレイヤーは世界的危機に対応するために結成された“フェニックスプロジェクト”の指揮官となり、兵士や科学者たちとともにエイリアンへと立ち向かうことになります。




ゲームは『X-COM』シリーズ同様、戦略的な活動をするジオスケープと、ターン制の戦術ストラテジーであるミッションに分かれています。兵士は、2K Gamesの元でリメイクされた新『XCOM』のように、ミッションでの経験を通じて様々なスキルを得ることが可能です。また、ミッション中の構造物は全て破壊が可能であるとのこと。更に、敵となるエイリアンはプレイヤーに合わせて自動生成で進化していく模様です。


このクラウドファンディングキャンペーンでは、30ドルからゲーム本体が入手できます。50ドル以上では専用のエイリアン装備セットが付属するほか、それ以上の高額コースでは、コレクターズボックスなどの物理的なグッズがリワードとなっています。


『Phoenix Point』はWindows/Mac/Linux向けとして、2018年末までにリリース予定です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ブラジルの香水のCMに『DEATH STRANDING』トレイラーに似たシーンが見つかる

    ブラジルの香水のCMに『DEATH STRANDING』トレイラーに似たシーンが見つかる

  2. プロゲーマー「Krucial B」が急逝……トーナメント会期中、ホテルの一室で

    プロゲーマー「Krucial B」が急逝……トーナメント会期中、ホテルの一室で

  3. PC版『SEKIRO』にボスラッシュModが登場!ボス戦を無限に戦える

    PC版『SEKIRO』にボスラッシュModが登場!ボス戦を無限に戦える

  4. 退場者がルールを変えられる新作バトルロイヤル『Watchers』トレイラー!

  5. サウスウエスト航空が乗客にスイッチ本体と『マリオメーカー2』をプレゼント!SNSでは沸き立つ機内の様子も

  6. Netflix版『ウィッチャー』を待ちきれないファンがトレイラーでライムを刻む!メダルも震える完成度なMV風動画

  7. 陰鬱即死2Dアクション『LIMBO』Epic Gamesストアで無料配信中、現地時間7月25日までの期間限定

  8. JRPG風のターン制ストラテジー『Tears of Avia』発売時期は2019年Q4に―日本語対応予定

  9. 3vs3のマルチプレイ球技アクション『Super Buckyball Tournament』ゲームプレイ映像!

  10. 『Fallout 4』に隠されたイースターエッグを当時の開発者が解説―小島監督の『スナッチャー』など

アクセスランキングをもっと見る

page top