カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

カプコンは、公式サイトにて2017年3月期連結業績(2016年4月1日~2017年3月31日)を発表しました。

ニュース 発表
カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益
  • カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益
カプコンは、公式サイトにて2017年3月期連結業績(2016年4月1日~2017年3月31日)を発表しました。

同社の発表によると、売上高は871億7,000万円(前年比13.2%増)、営業利益は136億5,000万円(前年比13.5%増)、経常利益は125億8,900万円(前年比10.9%増)、当期純利益は88億7,900万円(前年比14.6%増)とのことで、増収増益を達成。

ビデオゲームに関連したデジタルコンテンツ事業を見てみると、VR完全対応の主力タイトル『バイオハザード7 レジデント イービル』および人気シリーズ最新作『モンスターハンターダブルクロス』が堅調に推移したほか、『バイオハザード4』『5』『6』の現行機移植版も健闘しました。

また、デジタルコンテンツ事業の海外向け『モンスターハンタークロス』が定着したブランド力により底堅い売行きを示したものの、『デッドライジング4』および低年齢者向けに投入した『モンスターハンターストーリーズ』(ニンテンドー3DSシリーズ用)は、総じて軟調に推移したとのこと。

この結果、同事業の売上高は587億400万円(前期比11.7%増)、営業利益110億9,600万円(前期比8.8%減)となっています。しかし、アミューズメント機器事業のパチスロ機『モンスターハンター 狂竜戦線』の大ヒットもあり、売上、利益の全項目において前年同期を上回りました(4期連続の営業増益を達成)。

なお、カプコンは2018年3月期の連結業績予想について、売上高を930億円、営業利益を145億円と増収増益を見込んでいます。そのほか、アミューズメント施設事業などの事業別業績はこちらより確認ください。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『ポスタル』シリーズ最新作『POSTAL 4: No Regerts』発表&早期アクセス開始! 真の続編が遂に登場

    『ポスタル』シリーズ最新作『POSTAL 4: No Regerts』発表&早期アクセス開始! 真の続編が遂に登場

  2. 『Dead Space』のアイザックがゴルフやスケボーに参戦した理由が明らかに! 元開発者が舞台裏語る

    『Dead Space』のアイザックがゴルフやスケボーに参戦した理由が明らかに! 元開発者が舞台裏語る

  3. スイッチの最新タイトルが続々出展!「ハイカライブ」や「スプラトゥーン甲子園」も行われた任天堂主催の大型イベントが開幕【Nintendo Live 2019】

    スイッチの最新タイトルが続々出展!「ハイカライブ」や「スプラトゥーン甲子園」も行われた任天堂主催の大型イベントが開幕【Nintendo Live 2019】

  4. 『フォートナイト』シーズン10のワンタイムイベントは10月14日午前3時開始!異例のシーズン終了当日に実施

  5. 『グラブル ヴァーサス』組織より「ゼタ」&「バザラガ」参戦決定!パッケージアートやプレミアムBOX、店舗別特典イラストのビジュアルも公開

  6. 『ソウルキャリバーVI』追加キャラ「カサンドラ」「覇王丸」参戦決定―シーズンパス2の告知も

  7. 『NEW GUILTY GEAR(仮)』「アクセル=ロウ」を紹介する最新トレイラー公開!「ARCREVO America 2019」での世界初試遊も決定

  8. 10月12日~13日に接近する台風19号、ゲーム業界の動きは?

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

アクセスランキングをもっと見る

page top