『DEATH STRANDING』は既にPS4で動作―小島監督がトライベッカで語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『DEATH STRANDING』は既にPS4で動作―小島監督がトライベッカで語る

ゲーム文化 カルチャー

『DEATH STRANDING』は既にPS4で動作―小島監督がトライベッカで語る
  • 『DEATH STRANDING』は既にPS4で動作―小島監督がトライベッカで語る
「Tribeca Film Festival(トライベッカ映画祭)」内の「Tribeca Games Festival」キーノートに登壇した小島秀夫監督は、新作『DEATH STRANDING』についていくつかの新情報を明らかにしています。

小島監督によれば、通常はキャラクターを作り、それに合う俳優を探しますが、『DEATH STRANDING』の主人公は、ノーマン・リーダスをイメージし、演じてもらうことを考えながら作ったとのこと。最初のティーザーで、ノーマン・リーダスは裸で出てきますが、今後は色々な髪型、服装、装備が出てくるそうです。

キーノートのホストを務めたジェフ・キーリー氏から『DEATH STRANDING』の開発状況を問われると、「PS4で実際に動いてます」とコメント。また、全体の企画、プロット、キャラクター設定もあり、Decima Engineでゲームシステム、キャラクター、環境などのテストをしている、としました。小島監督曰く「非常にいい感じ」だそうですが、成功したものを少しやり方を変えていく必要があるので、それを精査しながら、プロットを細かくしてゲームシステムも含めシナリオを修正している段階、と伝えています。

具体的な例として、Decima Engine上で作られたニューヨーク(例であり、実際には登場しない)でノーマン・リーダスが歩いているが、それがニューヨークに見えるのか、どれくらいの広さなのか、ということを実験しているとのこと。ノーマン・リーダスがイタリアンレストランに入り、誰と会い、何を話し、何を食べるかは決まっていますが、前後を考えつつ、どのようなテーブルで、どのようなセリフを言い、料理をどのような順番で食べるか、といった細かい部分を調整している、と話しました。

このキーノートではほかにも、小島監督幼少期の映画の思い出や、ゲームエンジンを使って制作されているインタラクティブな映画原作のVRタイトルなど、様々なことについて語っています。映像は、Twitchのクリップから視聴可能です。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 21 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」日本代表が予選2戦目も勝利!

    「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」日本代表が予選2戦目も勝利!

  2. 『FF8』スコールに感化され、美容整形に数万ドル投じた男性が話題―マレーシア

    『FF8』スコールに感化され、美容整形に数万ドル投じた男性が話題―マレーシア

  3. 【特集】「Evo 2017」『ストV』チャンピオンときど選手にヒーローインタビュー

    【特集】「Evo 2017」『ストV』チャンピオンときど選手にヒーローインタビュー

  4. 「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」予選、日本代表が初戦を勝利!

  5. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  6. 日本のときど選手が「Evo 2017」の『ストリートファイターV』部門で優勝!―強敵Punk選手を圧倒

  7. 【レポート】鋭意開発中の『SOUL REVERSE』を体験、初登場となるレンジャーの操作感はいかに?

  8. 16チームが超楽しんだ!『オーバーウォッチ』オフライン大会「AOC OPEN」レポート―e-Sports発展を目指すAOCの取り組み

  9. 【特集】PS4『謎の格闘ゲーム』のシステムは?―アリカ代表の西谷亮氏にインタビュー

  10. 「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」各国チームメンバーと試合日程が公開!

アクセスランキングをもっと見る

page top