SWATチーム描く本格タクティカルFPS『Ready Or Not』発表! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SWATチーム描く本格タクティカルFPS『Ready Or Not』発表!

ニュース 発表

SWATチーム描く本格タクティカルFPS『Ready Or Not』発表!
  • SWATチーム描く本格タクティカルFPS『Ready Or Not』発表!
  • SWATチーム描く本格タクティカルFPS『Ready Or Not』発表!
  • SWATチーム描く本格タクティカルFPS『Ready Or Not』発表!
  • SWATチーム描く本格タクティカルFPS『Ready Or Not』発表!
  • SWATチーム描く本格タクティカルFPS『Ready Or Not』発表!
  • SWATチーム描く本格タクティカルFPS『Ready Or Not』発表!
  • SWATチーム描く本格タクティカルFPS『Ready Or Not』発表!
  • SWATチーム描く本格タクティカルFPS『Ready Or Not』発表!

デベロッパーVOID Interactiveは、米警察特殊部隊“SWAT”を描く新作タクティカルFPS『Ready Or Not』を発表しました。

!注意!グロテスクな表現や残酷表現が苦手な方、18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。

本作は所得格差が広がり混乱に陥った現代のアメリカが舞台。プレイヤーはSWATチームの一員として閉所の厳しい状況に立ち向かいます。ゲームには最大8人の協力プレイ、敵の部隊と戦うPvP、AIに指示を出すシングルプレイヤーモードが用意されているとのことです。

    主な特徴
  • 戦略的なプランニング
    “プランニングフェーズ”では、弾薬のタイプ、追加装備、突入ポイントなど、戦略とユニットロードアウトの幅広い選択肢が用意。


  • マルチプレイヤー
    最大8人でのCo-opあるいは他のSWATチームとの激しいコンペティティブマルチプレイヤー環境。


  • プレイヤーダイナミクス
    スクロールホイールによるスムーズな速度調整やドア操作。トータルコントロールにより、プレイヤーはどの方向にも漸進的なリーンが可能。


  • 30以上のユニークなアイテム
    フラッシュバンからスネークカメラ、設置可能な梯子まで、プレイヤーには戦術的計画を達成するための自由が提供。


  • プレイヤーカスタマイズ
    隊員の外見を幅広い選択肢でコントロール可能。カスタムチームパッチやネームタグも。


  • 非殺傷の選択肢
    ペッパーガン、テーザー、ペッパースプレー、ビーンバッグ ショットガンなどの非殺傷武器で戦闘に参加。


  • 開発ブログではさらに詳細な機能説明も掲載されています。


現実的でシリアスな描写にも期待できそうな『Ready Or Not』。現時点で対象プラットフォームや正確なリリース時期は伝えられていません。

《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 49 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. GOTYは『ゼルダの伝説 BotW』に決定!「2017 Golden Joystick Awards」受賞作品リスト

    GOTYは『ゼルダの伝説 BotW』に決定!「2017 Golden Joystick Awards」受賞作品リスト

  2. ケイブ、完全新作『三極ジャスティス』の公式サイトをオープン!

    ケイブ、完全新作『三極ジャスティス』の公式サイトをオープン!

  3. ベルギー、『STAR WARS バトルフロント II』の調査を開始-ギャンブルに当る疑い

    ベルギー、『STAR WARS バトルフロント II』の調査を開始-ギャンブルに当る疑い

  4. 『レインボーシックス シージ』新シーズン「Operation White Noise」発表!

  5. 1年を締めくくる「The Game Awards 2017」ノミネート作品発表!

  6. GOTYは『DARK SOULS III』に!「Golden Joystick Awards 2016」受賞作品発表

  7. 『レインボーシックス シージ』週末無料プレイが国内発表―デジタル版割引も

  8. 『Cyberpunk 2077』には「オンライン要素」を搭載―商業的にも『The Witcher 3』以上のタイトルに

  9. 『PUBG』のBlueholeから新作MMORPG『Ascent: Infinite Realm』が発表、スチームパンクな世界を収めたトレイラーも

  10. Blizzard Battle.netが日本円に対応!2017年11月17日よりスタート

アクセスランキングをもっと見る

page top