第二次世界大戦VRシューター『Front Defense』配信開始!―ドイツ軍の猛攻を耐え抜け | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

第二次世界大戦VRシューター『Front Defense』配信開始!―ドイツ軍の猛攻を耐え抜け

Vive StudiosのファーストパーティデベロッパーFantahorn Studioが開発する新作VRシューター『Front Defense』が、HTC Vive向け配信プラットフォームVive Portにて配信開始となりました。

ゲーム機 VR
第二次世界大戦VRシューター『Front Defense』配信開始!―ドイツ軍の猛攻を耐え抜け
  • 第二次世界大戦VRシューター『Front Defense』配信開始!―ドイツ軍の猛攻を耐え抜け
  • 第二次世界大戦VRシューター『Front Defense』配信開始!―ドイツ軍の猛攻を耐え抜け
  • 第二次世界大戦VRシューター『Front Defense』配信開始!―ドイツ軍の猛攻を耐え抜け
  • 第二次世界大戦VRシューター『Front Defense』配信開始!―ドイツ軍の猛攻を耐え抜け
  • 第二次世界大戦VRシューター『Front Defense』配信開始!―ドイツ軍の猛攻を耐え抜け
  • 第二次世界大戦VRシューター『Front Defense』配信開始!―ドイツ軍の猛攻を耐え抜け
  • 第二次世界大戦VRシューター『Front Defense』配信開始!―ドイツ軍の猛攻を耐え抜け
  • 第二次世界大戦VRシューター『Front Defense』配信開始!―ドイツ軍の猛攻を耐え抜け

Vive StudiosのファーストパーティデベロッパーFantahorn Studioが開発する新作VRシューター『Front Defense』が、HTC Vive向け配信プラットフォームViveportにて配信開始となりました。


本作は第二次世界大戦の欧州戦線を舞台にしたルームスケールアーケードシューター。プレイヤーは連合軍の兵士として、枢軸軍の最後の猛攻を耐え抜きます。VRのパワーとViveのルームスケールの精度によって、これまでにない激しい戦争シューター体験を提供するとのことです。


『Front Defense』はViveportにて2,275円で配信中。なお、本作はサブスクリプションサービス“Viveport Subscription”でも利用可能となっています。Steamでの配信は未定。

《RIKUSYO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 無改造の初代ゲームボーイで『グランド・セフト・オート V』をプレイする猛者が現る

    無改造の初代ゲームボーイで『グランド・セフト・オート V』をプレイする猛者が現る

  2. 「Steam Deck」出荷準備は予定通り!ユニットがズラッと並んだ壮観なテスト風景も公開

    「Steam Deck」出荷準備は予定通り!ユニットがズラッと並んだ壮観なテスト風景も公開

  3. 時代を先取りしすぎ?任天堂が開発していたゲームボーイカラー向け無線通信アドオン「PageBoy」の存在が明らかに

    時代を先取りしすぎ?任天堂が開発していたゲームボーイカラー向け無線通信アドオン「PageBoy」の存在が明らかに

  4. 往年の傑作ハードに対応した『(GC/N64/SFC/NewFC用) HDMIコンバーター』発売

  5. 剣よ魔法よ鮮やかに―VR対応MMORPG『Zenith: The Last City』リリース日が決定

  6. 実写?いいえ、ゲーム画面です―米大学が『GTA V』をフォトリアル化する技術発表

  7. HORI『デモンエクスマキナ』仕様のスイッチ向けグリップ型コントローラー発表!9月発売

  8. スーパーファミコンでリアルタイムレイトレーシングを実現する猛者が現れる

  9. 初めてゲーミングモニターが届いたので機能を確かめてみた!―BenQ「EL2870U」

  10. もう髪型が気にならない!ネックバンド型ヘッドセット「Razer Ifrit」3月29日発売

アクセスランキングをもっと見る

page top