海外レビューハイスコア『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』

ニュース 最新ニュース

海外レビューハイスコア『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』
  • 海外レビューハイスコア『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』
  • 海外レビューハイスコア『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』
  • 海外レビューハイスコア『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』
  • 海外レビューハイスコア『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』


GamesBeat90/100

    ゲームのリメイクは難しい仕事である。オリジナルから変更してしまうと、ファンから反感を買うことになるからだ(例えばモバイル版『ファイナルファンタジーVI』)。なので、古いゲームのシンプルなリメイクは人気なのだろう。しかし私は、Activisionが本作にあまり変更をしないリメイクをしてくれたことが嬉しい。この3本はPlayStation 4の中でよく出来ているゲームである。(4K TVとPS4 Proがあればさらに良い)。旧作が少しでも好きであれば、リメイクの美麗さに満面の笑みが溢れるはずだ。しかし、今作の旧作版をプレイしたことがない人にとって、綺麗にアップデートされたグラフィック(と40ドルという価格)は、クラッシュがいなくなったことで涙を流した理由を知るいいきっかけになるだろう。



PlayStation LifeStyle8.010

    『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』は、明確に旧作への愛情と情熱を持って作られている。美麗にアップデートされたグラフィックはPS4 Proでなくても目を見張るものがある。それでも90年代に愛や不満を抱いた、風変わりなプラットフォーマーであることに相違ない。旧作の古いデザインは一部あるが、思い出たちの多くは良いもので、変化は望まれていない。すごく高いリプレイ性と優れた価格設定があるので、オリジナルに不完全さが残りつつも、古いゲームリメイクのお手本になるだろう。
Game Informer80/100



GamesRadar+3.5/5.0

    良い点:
  • どのステージも美しい
  • 今作はシリーズへのラブレター的作品である
  • セーブシステムがアップデートされている
  • 悪い点:
  • アナログ操作/十字キー操作の正確性が不十分
  • ……そして、この不正確さは何度もあなたを殺すだろう




Polygon6.010

    思い出を巡る“黄金の輝き”は、月日と共に明るさを増すものだ。しかし、往々にして当時の不満をそらそうとしようともする。過去の記憶を手っ取り早く、本当に手っ取り早く、掴みたい人にとって『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』は失望させない作品だろう。旧作のシリーズを再現したVicarious Visionsはノスタルジーへの切望を満足させてくれる。しかし、真新しい要素が消えた時、ヒビが現れるだろう。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


海外で6月30日にリリースを迎えたPS4向け新作『バンディクー ブッとび3段もり!』の海外レビューをお届けしました。Metacriticでの平均スコアは81点(総レビュー66件)。グラフィックの美麗さに高評価が集まっていた反面、操作性の悪さに言及しているレビューも見られていました。

『バンディクー ブッとび3段もり!』は国内では8月3日より発売。価格は、パッケージ版・ダウンロード版ともに5,292円 (税込)です。
《Atsushi》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『ハースストーン』ディレクターBen Brode氏がBlizzardを退社、独立へ

    『ハースストーン』ディレクターBen Brode氏がBlizzardを退社、独立へ

  2. モバイル向け『パズルファイター』のサービスが7月に終了―今後は『デッドライジング』フランチャイズに注力

    モバイル向け『パズルファイター』のサービスが7月に終了―今後は『デッドライジング』フランチャイズに注力

  3. 米Amazonの商品が日本円購入/国内配送可能になる新サービス、専用アプリに追加

    米Amazonの商品が日本円購入/国内配送可能になる新サービス、専用アプリに追加

  4. 米オハイオ州の大学が『フォートナイト バトルロイヤル』向けe-Sports奨学金を発表ー海外報道

  5. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  6. 噂:新作『バトルフィールド』にバトルロイヤルモード搭載?プロトタイプが開発中か

  7. オランダ賭博当局、複数タイトルに“ルートボックス”の是正命令―運依存/換金可能なアイテム提供を問題視

  8. フロム『アーマード・コア』新作へ意欲―「このまま終わらせるつもりはない」

  9. 『フォートナイト バトルロイヤル』に50対50が復活!ライトマシンガンも実装される最新パッチノート

  10. 「いま仙台が面白い!」地場企業のキーマン5人が語らう“地方にゲーム業界が芽吹く瞬間”

アクセスランキングをもっと見る

page top