海外の『マリオ』ジグソーパズルが難しすぎると話題 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外の『マリオ』ジグソーパズルが難しすぎると話題

ゲーム文化 カルチャー

海外の『マリオ』ジグソーパズルが難しすぎると話題
  • 海外の『マリオ』ジグソーパズルが難しすぎると話題
  • 海外の『マリオ』ジグソーパズルが難しすぎると話題
複数海外メディアが、アメリカ大手小売店のGameStop限定で販売されている『スーパーマリオ』の新作ジグソーパズルについて報じています。

Super Mario Ready for Action Puzzle」と題されたこのパズルは、9.99ドル(通常価格19.99ドル)で販売されており、1,000個のピースが用意されています。しかしながら、絵柄の半分以上が赤色で構成されていて、PolygonやKotakuを始めとする海外メディアや、ユーザーが冗談交じりにこのパズルを紹介。また、US Gamerはこのパズルを報じる記事のタイトルで「パズルのDARK SOULS」とも表現していました。


国内外では、白、あるいは黒ピースだけのような1色限定パズルが販売されていますが、今回の「Super Mario Ready for Action Puzzle」はそれに近いものがあるのかもしれません。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 33 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『S.T.A.L.K.E.R.』大型Mod「MISERY」最新版が公開!―日本語表示にも対応

    『S.T.A.L.K.E.R.』大型Mod「MISERY」最新版が公開!―日本語表示にも対応

  2. 【TGS2017】150枚大放出!素敵なコンパニオンさんの写真はいかが? Part2

    【TGS2017】150枚大放出!素敵なコンパニオンさんの写真はいかが? Part2

  3. 【TGS02017】生みの親も登壇『PUBG』DMMステージ!DeToNator&倉持由香はドン勝できるか

    【TGS02017】生みの親も登壇『PUBG』DMMステージ!DeToNator&倉持由香はドン勝できるか

  4. 「ニンテンドースイッチ」本体になりきるコスプレ映像…モニターも動く!?

  5. 【TGS2017】タチャンカダンスで会場湧く!『レインボーシックス シージ』日中国際親善試合レポ&ミニインタビュー

  6. 【TGS2017】会場を飾る素敵なコンパニオンさんを紹介!Part1

  7. 【TGS2017】巨大なVR体験スペースや『Total War: ARENA』が前面に!ウォーゲーミングジャパンブースレポ

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 【TGS2017】美人コンパニオンさんがいるフォトスポットも盛りだくさん!セガゲームスブースレポート

  10. 16チームが超楽しんだ!『オーバーウォッチ』オフライン大会「AOC OPEN」レポート―e-Sports発展を目指すAOCの取り組み

アクセスランキングをもっと見る

page top