懐かしい名作をもう一度「シブサワ・コウ アーカイブス Vol.9」Steam配信―『大航海時代II』『三國志IX』など | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

懐かしい名作をもう一度「シブサワ・コウ アーカイブス Vol.9」Steam配信―『大航海時代II』『三國志IX』など

コーエーテクモは、同社のシブサワ・コウブランドの過去作をSteamにて再販する「シブサワ・コウ アーカイブス」の第9弾の配信を開始しています。

PC Windows
懐かしい名作をもう一度「シブサワ・コウ アーカイブス Vol.9」Steam配信―『大航海時代II』『三國志IX』など
  • 懐かしい名作をもう一度「シブサワ・コウ アーカイブス Vol.9」Steam配信―『大航海時代II』『三國志IX』など
  • 懐かしい名作をもう一度「シブサワ・コウ アーカイブス Vol.9」Steam配信―『大航海時代II』『三國志IX』など
  • 懐かしい名作をもう一度「シブサワ・コウ アーカイブス Vol.9」Steam配信―『大航海時代II』『三國志IX』など
  • 懐かしい名作をもう一度「シブサワ・コウ アーカイブス Vol.9」Steam配信―『大航海時代II』『三國志IX』など
  • 懐かしい名作をもう一度「シブサワ・コウ アーカイブス Vol.9」Steam配信―『大航海時代II』『三國志IX』など
  • 懐かしい名作をもう一度「シブサワ・コウ アーカイブス Vol.9」Steam配信―『大航海時代II』『三國志IX』など
  • 懐かしい名作をもう一度「シブサワ・コウ アーカイブス Vol.9」Steam配信―『大航海時代II』『三國志IX』など
  • 懐かしい名作をもう一度「シブサワ・コウ アーカイブス Vol.9」Steam配信―『大航海時代II』『三國志IX』など

コーエーテクモは、同社のシブサワ・コウブランドの過去作をSteamにて再販する「シブサワ・コウ アーカイブス」の第9弾の配信を開始しています。

この第9弾では『三國志IX with パワーアップキット』『信長の野望・嵐世記 with パワーアップキット』『大航海時代 II』が収録。もちろん、いずれも日本語に対応しています。


『三國志IX with パワーアップキット』は、2003年に発売されたシリーズ第9弾。前作とは変わって再び君主の立場となってのプレイとなります。今までの内政や戦闘が別マップで行われる形ではなく、全て1枚のマップ上で展開することになるのが特徴です。


『信長の野望・嵐世記 with パワーアップキット』は、2001年に発売されたシリーズ第9作目。知行・軍団といった過去作の要素が復活している他、朝廷・寺社などの「諸勢力」の概念が導入。戦場もターン制ではなくリアルタイム制へと変化を遂げました。


『大航海時代II』は、1993年に発売された「大航海時代」シリーズ第2弾で、今作では異なる目的を持つ6名の中から主人公を選択してゲームを進行することになります。名声の概念が3種類へと増加したり、港で購入可能な船について文化圏で違いがあるなどの様々なシステムの追加・改良も行われました。

三國志IX with パワーアップキット』は3,024円、『信長の野望・嵐世記 with パワーアップキット』は2,138円、『大航海時代II』は1,296円で、Steamにてそれぞれ発売中。また3作全てをセットにした「シブサワ・コウ アーカイブスパック Vol.9」も4,521円で2017年11月14日まで発売中です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 話題の国産ローグライク2Dアクション『常世ノ塔』が2020年内に発売決定! 日々姿を変える塔に生きた証を刻め

    話題の国産ローグライク2Dアクション『常世ノ塔』が2020年内に発売決定! 日々姿を変える塔に生きた証を刻め

  2. ギリシャ神話ローグライク『Hades』売上100万本突破を報告―Ver.1.0をリリース済み

    ギリシャ神話ローグライク『Hades』売上100万本突破を報告―Ver.1.0をリリース済み

  3. 特殊部隊ルーキー主役のシリーズ外伝『Halo 3: ODST』PC版配信開始―『Halo:MCC』向けのアップデートパッチも

    特殊部隊ルーキー主役のシリーズ外伝『Halo 3: ODST』PC版配信開始―『Halo:MCC』向けのアップデートパッチも

  4. 芸能界の光も闇も併せ呑め!アイドル育成・事務所経営ストラテジー『Idol Manager』国内PV公開

  5. 野菜民族と協力して惑星を探検する『Drake Hollow』PC版現地時間10月1日リリース

  6. 『Half-life 2』チャプター1を『Half-Life:Alyx』で再現するファンメイドプロジェクトのアナウンストレイラー公開

  7. 『サイバーパンク2077』のストーリーは『ウィッチャー3』よりも短い―『ウィッチャー3』をクリアできなかったプレイヤーが多かったため

  8. SFジェットパックシューター『ExoCorps』早期アクセス開始日を現地10月9日へ延期

  9. 国産サンドボックス『クラフトピア』「実装してないのに……」ユーザーの愉快なプレイに公式も困惑?

  10. NVIDIA、海外公式ストアでの「RTX 3080」販売混雑を謝罪―人力での注文確認も導入

アクセスランキングをもっと見る

page top