Visceral元開発者『Dead Space 2』の失敗を語る―400万本販売も「十分ではなかった」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Visceral元開発者『Dead Space 2』の失敗を語る―400万本販売も「十分ではなかった」

先日、閉鎖が明らかとなったElectronic Artsの開発スタジオVisceral Gamesですが、元スタッフのZach Wilson氏が2011年に発売された『Dead Space 2』の失敗を語りました。

ニュース ゲーム業界
Visceral元開発者『Dead Space 2』の失敗を語る―400万本販売も「十分ではなかった」
  • Visceral元開発者『Dead Space 2』の失敗を語る―400万本販売も「十分ではなかった」

先日、閉鎖が明らかとなったElectronic Artsの開発スタジオVisceral Gamesですが、元スタッフのZach Wilson氏が2011年に発売された『Dead Space 2』の失敗を語りました。

Wilson氏のツイートによれば、『Dead Space 2』の予算は6,000万ドルであったのに対し販売本数は400万本で、「十分ではなかった」とのこと。どれだけの利益が出たのかは不明なものの、EAの期待には及ばなかったようです。ちなみに前作の予算は推定3,700万ドル、また同じ年に発売され3ヶ月で700万本を販売した『Mass Effct 2』の予算は約4,000万ドルと推測されています。

2013年に発売され、Co-op機能を搭載した続編『Dead Space 3』ではゲームプレイをアクション寄りに方向転換するとともに、マイクロトランザクションが導入され話題となりましたが、今回の話を聞いてそうした経緯にも合点がいくのではないでしょうか。



なお、Wilson氏はValveがSteam配信タイトルの売上げから30%のマージンを取ることを挙げ、パブリッシャーが独自のデジタルストアを立ち上げる理由も示しています。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 週末セール情報ひとまとめ『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』『Slay the Spire』『Crysis Remastered』『Hades』他

    週末セール情報ひとまとめ『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』『Slay the Spire』『Crysis Remastered』『Hades』他

  2. ハロウィンからウィンターまで今後のSteam大型セールの実施日程が報告

    ハロウィンからウィンターまで今後のSteam大型セールの実施日程が報告

  3. 『オクトパストラベラー』スイッチ/Steamで半額セール!―『大陸の覇者』リリース直前を記念して

    『オクトパストラベラー』スイッチ/Steamで半額セール!―『大陸の覇者』リリース直前を記念して

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. ソニーがPS用「ゲームテスター」「システムテストスタッフ」のアルバイトを募集中! 応募は11月6日必着

  6. 『Apex Legends』シーズン7の新レジェンド候補「ホライゾン」にはもう会った?アビリティらしき要素も体験可能

  7. 『Ghost of Tsushima』続編の開発が始動?Sucker Punchが日本の知識があるライターを募集

  8. 最大90%オフのセールも!「Steamデジタルテーブルトップフェスティバル」開催

  9. サイバーパンクカタナACT『Ghostrunner』PS5/Xbox Series X|S版が2021年に発売予定

  10. オープンワールドACT『Rune II』を巡る問題でパブリッシャーが新たにZeniMaxなど3社を訴訟対象に追加

アクセスランキングをもっと見る

page top