『STAR WARS バトルフロント II』“ルートボックス騒動”2転3転?―ベルギー公共放送、報道を否定、“ルートボックス”は依然調査中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『STAR WARS バトルフロント II』“ルートボックス騒動”2転3転?―ベルギー公共放送、報道を否定、“ルートボックス”は依然調査中

先日から様々なメディアにて報道が錯綜している『STAR WARS バトルフロント II』などを巡る“ルートボックス騒動”。ベルギー公共放送のRTBFは、ギャンブル当局による“ルートボックスのギャンブル認定”は依然調査中のままである、と発表しているようです。

ゲーム文化 カルチャー
『STAR WARS バトルフロント II』“ルートボックス騒動”2転3転?―ベルギー公共放送、報道を否定、“ルートボックス”は依然調査中
  • 『STAR WARS バトルフロント II』“ルートボックス騒動”2転3転?―ベルギー公共放送、報道を否定、“ルートボックス”は依然調査中
先日から様々なメディアにて報道が錯綜している『STAR WARS バトルフロント II』などを巡る“ルートボックス騒動”。ベルギー公共放送のRTBFは、先日Game*Sparkでもお伝えした、ベルギーのギャンブル当局による“ルートボックスのギャンブル認定”は依然調査中のままである、と発表しているようです。

海外掲示板Redditの投稿によれば、RTBFがベルギーギャンブル委員会の委員長Etienne Marique氏へ確認したところ、Marique氏は“ルートボックスのギャンブル認定”は依然調査中のままであり、最終決定は行われていないとしたとのこと。Reddit上では、この情報の錯綜の背景として、ベルギーのVTM Newsによる報道としてのGaming Commissionの“ギャンブル認定要件”としてのコメントが、Koen Geens司法長官のルートボックスへの否定的なコメントと組み合わさり、“ルートボックスのギャンブル認定”へと英語メディアを通じた報道の過程ですり替わってしまったのではないか、と指摘されています。

しかしながら、ベルギーの調査こそ「調査中」へと戻ったものの、その最終結果はまだ発表されていません。また追って各メディアにて報道が行われたハワイ州の規制の動きなどは依然として存在しているまま。まだまだ大きな動きを見せそうな“ルートボックス騒動”、今回の情報の錯綜を含めて欧米では「ホットなトピック」であることを裏付けているのかも知れません。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

    人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

  2. 『Diablo』×『MOTHER』な新作ARPG『Kingdom of Night』Kickstarter開始!

    『Diablo』×『MOTHER』な新作ARPG『Kingdom of Night』Kickstarter開始!

  3. 公式ボードゲーム版『Bloodborne』トレイラー! オリジナル版の映像とともにシステム紹介

    公式ボードゲーム版『Bloodborne』トレイラー! オリジナル版の映像とともにシステム紹介

  4. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  5. PC版『オブリビオン』高解像度テクスチャ化Modが公開―ディープラーニングを活用

  6. 『アサシンクリード』が火災被害受けたノートルダム大聖堂再建に役立つ? 過去にゲームに登場

  7. 中世剣戟アクション『MORDHAU』Steam配信日決定! 最新トレイラーも披露

  8. ゲーマーなら注目したいバーチャルYouTuber5選!見所はゲーム実況だけじゃない!

  9. 『エースコンバット』へ至る道―『エアーコンバット22』と初代『エスコン』を繋いだものとは?開発スタッフがシリーズ初期を振り返る【特集】

  10. 『No Man's Sky』ゲーム内にノートルダム大聖堂を再構築する海外プレイヤー登場

アクセスランキングをもっと見る

1
page top