『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか【UPDATE】

ベルギーにてオンラインギャンブルとして調査が行われるなど、搭載された“ルートボックス”機能について連日の議論や報道を巻き起こしている『STAR WARS バトルフロント II』。同作に、新たにアメリカハワイ州でも規制の動きが伝えられています。

PC Windows
『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか【UPDATE】
  • 『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか【UPDATE】

ベルギーにてオンラインギャンブルとして調査が行われるなど、搭載された“ルートボックス”機能について連日の議論や報道を巻き起こしている『STAR WARS バトルフロント II』。新たにアメリカ、ハワイ州でも同作規制の動きが伝えられています。

海外メディアGame Informerによれば、これはハワイ州政府の記者会見にて明かされたもの。同政府のChris Lee議員は、ハワイ州が、子供たちが遊ぶ『STAR WARS バトルフロント II』や同様の“ギャンブル”的な内容を含むゲームを禁ずる法律の制定のための調査を行うことを発表しました。また、可能であるならば同様の流れを米国全土でも追求していくとしています。

これはハワイ州政府が“ルートボックス”機能付きゲームについて「ギャンブルである」と判断したためであるとのこと。Lee議員は『STAR WARS バトルフロント II』について、「このゲームはスター・ウォーズをテーマにしたオンラインカジノだ」と語っており、「これは(子供たちを散財へと誘惑する)罠である」としました。

連日多くの議論を巻き起こしている『STAR WARS バトルフロント II』。先日は同作における課金機能を停止したことも発表されていますが、これは一時的なもので後に復活することが予定されています。

なお、先日、米ゲームレーティング機関ESRBは、“ルートボックス”機能について、実際のギャンブル要素のあるタイトルのような厳しい年齢制限などを行う必要はない、と表明しており、今回の動きに対しての反応も注目される所です。

※ UPDATE(2017/11/23 8:12):ベルギーの調査が依然進行中であるという報道を受け、本文をアップデートしました。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

    Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

  2. レトロ風オープンワールドRPG『Knights of Tartarus』正式版がSteam配信開始

    レトロ風オープンワールドRPG『Knights of Tartarus』正式版がSteam配信開始

  3. ボス戦特化の非対称対戦ACT『BOSSGARD』早期アクセス開始―個性豊かなボスとして対戦相手を迎え撃て

    ボス戦特化の非対称対戦ACT『BOSSGARD』早期アクセス開始―個性豊かなボスとして対戦相手を迎え撃て

  4. 『Arma 3』初のサードパーティ開発DLC「Global Mobilization - Cold War Germany」発表

  5. 『World War Z』Epic Gamesストア版が価格改定―予約済プレイヤーには還元も

  6. 新作アクションRPG『Neverinth』4月30日よりSteamで早期アクセス開始!ヴァルキリーとなって戦え

  7. 2DドットアクションRPG『Dark Devotion』PC版が4月25日発売決定―死闘を制し寺院の闇を解明せよ

  8. 2DオープンワールドACT『Forager』PC向けに配信開始!様々なスタイルで世界を拡げろ

  9. ダークなトップダウンシューターRPG『Beyond The Veil』配信―弾幕をくぐり抜けて生き残れ

  10. 『アサシン クリード ユニティ』PC版の要求スペックが公開― 最小にGTX680を要求

アクセスランキングをもっと見る

1
page top