『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか【UPDATE】

ベルギーにてオンラインギャンブルとして調査が行われるなど、搭載された“ルートボックス”機能について連日の議論や報道を巻き起こしている『STAR WARS バトルフロント II』。同作に、新たにアメリカハワイ州でも規制の動きが伝えられています。

PC Windows
『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか【UPDATE】
  • 『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか【UPDATE】

ベルギーにてオンラインギャンブルとして調査が行われるなど、搭載された“ルートボックス”機能について連日の議論や報道を巻き起こしている『STAR WARS バトルフロント II』。新たにアメリカ、ハワイ州でも同作規制の動きが伝えられています。

海外メディアGame Informerによれば、これはハワイ州政府の記者会見にて明かされたもの。同政府のChris Lee議員は、ハワイ州が、子供たちが遊ぶ『STAR WARS バトルフロント II』や同様の“ギャンブル”的な内容を含むゲームを禁ずる法律の制定のための調査を行うことを発表しました。また、可能であるならば同様の流れを米国全土でも追求していくとしています。

これはハワイ州政府が“ルートボックス”機能付きゲームについて「ギャンブルである」と判断したためであるとのこと。Lee議員は『STAR WARS バトルフロント II』について、「このゲームはスター・ウォーズをテーマにしたオンラインカジノだ」と語っており、「これは(子供たちを散財へと誘惑する)罠である」としました。

連日多くの議論を巻き起こしている『STAR WARS バトルフロント II』。先日は同作における課金機能を停止したことも発表されていますが、これは一時的なもので後に復活することが予定されています。

なお、先日、米ゲームレーティング機関ESRBは、“ルートボックス”機能について、実際のギャンブル要素のあるタイトルのような厳しい年齢制限などを行う必要はない、と表明しており、今回の動きに対しての反応も注目される所です。

※ UPDATE(2017/11/23 8:12):ベルギーの調査が依然進行中であるという報道を受け、本文をアップデートしました。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 盾オペレーター「Clash」がついに賞金首?『レインボーシックス シージ』で彼女のグリッチを報告して報酬を獲得できるプログラムが開始

    盾オペレーター「Clash」がついに賞金首?『レインボーシックス シージ』で彼女のグリッチを報告して報酬を獲得できるプログラムが開始

  2. PC版『ファイナルファンタジーIII』がSteamでの国内向け配信を開始―ギャラリーモードやオートバトル機能を追加するアップデートも

    PC版『ファイナルファンタジーIII』がSteamでの国内向け配信を開始―ギャラリーモードやオートバトル機能を追加するアップデートも

  3. Co-op大群ゾンビARPG『The Black Masses』早期アクセス開始日発表―膨大な数のゾンビが襲い来る!

    Co-op大群ゾンビARPG『The Black Masses』早期アクセス開始日発表―膨大な数のゾンビが襲い来る!

  4. 汚染された島を破壊して回るオープンワールドACT『SLUDGE LIFE』発表! 日本語版も同時リリース予定

  5. 最新作『Baldur's Gate 3』のゲームプレイがお披露目! デベロッパー過去作のセールも実施中

  6. 「GeForce」ドライバアップデート!『ARK』『Apex Legends』『ディビジョン2』により最適化

  7. 『オーバーウォッチ』新機能「ヒーロー・プール」やダメージ3人構成の実験的モードが明らかになる最新パッチノート!

  8. 『Apex Legends』3月3日より新イベント「システムオーバーライド」がスタート! アイテムが固定スポーンするように

  9. ゲイジ参上! 『ボーダーランズ3』新DLC「愛と銃と触手をぶっ放せ! ウェインライトとハマーロックの結婚式」3月27日リリース

  10. Steamで戦国中世RPG『Mount & Blade』フランチャイズセールがスタート! 最新作の準備にいかが?

アクセスランキングをもっと見る

page top