『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか【UPDATE】

ベルギーにてオンラインギャンブルとして調査が行われるなど、搭載された“ルートボックス”機能について連日の議論や報道を巻き起こしている『STAR WARS バトルフロント II』。同作に、新たにアメリカハワイ州でも規制の動きが伝えられています。

PC Windows
『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか【UPDATE】
  • 『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか【UPDATE】

ベルギーにてオンラインギャンブルとして調査が行われるなど、搭載された“ルートボックス”機能について連日の議論や報道を巻き起こしている『STAR WARS バトルフロント II』。新たにアメリカ、ハワイ州でも同作規制の動きが伝えられています。

海外メディアGame Informerによれば、これはハワイ州政府の記者会見にて明かされたもの。同政府のChris Lee議員は、ハワイ州が、子供たちが遊ぶ『STAR WARS バトルフロント II』や同様の“ギャンブル”的な内容を含むゲームを禁ずる法律の制定のための調査を行うことを発表しました。また、可能であるならば同様の流れを米国全土でも追求していくとしています。

これはハワイ州政府が“ルートボックス”機能付きゲームについて「ギャンブルである」と判断したためであるとのこと。Lee議員は『STAR WARS バトルフロント II』について、「このゲームはスター・ウォーズをテーマにしたオンラインカジノだ」と語っており、「これは(子供たちを散財へと誘惑する)罠である」としました。

連日多くの議論を巻き起こしている『STAR WARS バトルフロント II』。先日は同作における課金機能を停止したことも発表されていますが、これは一時的なもので後に復活することが予定されています。

なお、先日、米ゲームレーティング機関ESRBは、“ルートボックス”機能について、実際のギャンブル要素のあるタイトルのような厳しい年齢制限などを行う必要はない、と表明しており、今回の動きに対しての反応も注目される所です。

※ UPDATE(2017/11/23 8:12):ベルギーの調査が依然進行中であるという報道を受け、本文をアップデートしました。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『VALORANT』無料プレイ開始!日本含む全世界で正式リリース

    『VALORANT』無料プレイ開始!日本含む全世界で正式リリース

  2. 4Xストラテジー+ハクスラARPG!カルト宇宙ゲー新作『Drox Operative 2』早期アクセス開始

    4Xストラテジー+ハクスラARPG!カルト宇宙ゲー新作『Drox Operative 2』早期アクセス開始

  3. 協力プレイ対応オープンワールドRPG『Outward』DLC「The Soroboreans」PC版海外6月16日配信決定

    協力プレイ対応オープンワールドRPG『Outward』DLC「The Soroboreans」PC版海外6月16日配信決定

  4. SFアドベンチャー続編『Read Only Memories: Neurodiver』Steamストアページが公開

  5. 『VALORANT』6月2日に日本を含む全世界で正式リリース!―新エージェントやマップなどの追加も発表【UPDATE】

  6. ライアットゲームズが贈る初のFPS『VALORANT』6月2日午前8時よりサービス開始

  7. マイクラARPG『Minecraft Dungeons』将来的にクロスプラットフォームプレイを導入予定か

  8. ライアット新作『VALORANT』敵の魂を奪い取る吸血鬼「レイナ」紹介映像が公開!

  9. 『VALORANT』アンチチートソフトの無効化が可能に―ただしゲームは起動不可

  10. 『Escape from Tarkov』新パッチ配信後に同時接続プレイヤーが20万人突破、3,000人の不正ユーザーをBAN

アクセスランキングをもっと見る

page top