台湾産萌えお米SLG『東津萌米』日本語対応!―日本語音声対応の拡張版も発売中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

台湾産萌えお米SLG『東津萌米』日本語対応!―日本語音声対応の拡張版も発売中

SimonCreativeは、Steamにてリリース中の擬人化お米育成SLG『東津萌米-穂姫』及び、拡張版『東津萌米-穂姫PLUS』へと日本語字幕を追加しています。

PC Windows
台湾産萌えお米SLG『東津萌米』日本語対応!―日本語音声対応の拡張版も発売中
  • 台湾産萌えお米SLG『東津萌米』日本語対応!―日本語音声対応の拡張版も発売中
  • 台湾産萌えお米SLG『東津萌米』日本語対応!―日本語音声対応の拡張版も発売中
  • 台湾産萌えお米SLG『東津萌米』日本語対応!―日本語音声対応の拡張版も発売中
  • 台湾産萌えお米SLG『東津萌米』日本語対応!―日本語音声対応の拡張版も発売中

SimonCreativeは、Steamにてリリース中の擬人化お米育成SLG『東津萌米-穂姫』及び、拡張版『東津萌米-穂姫PLUS』へと日本語字幕を追加しています。

同作は、台湾を舞台に、台北での都会生活を辞め、実家の農家へと戻った主人公が、稲の栽培行為や、擬人化されたお米の精霊「穂姫」との交流を通じて、様々なタイプへと穂姫を育成していく育成シミュレーションゲーム。


通常の育成モードのみでなく、育成を行いながら物語に沿って進行するストーリーモードも用意されています。また、ストーリーや育成モードを通じて様々なCGを収集したり、ゲーム内実績を達成することで、特別なシナリオを見ることも可能です。


以前の発表では、本作への日本語字幕対応は拡張版『東津萌米-穂姫PLUS』の発売と同時となっていましたが、遅れてのリリースとなっています。切り替えはSteamのライブラリのプロパティから可能です。


なお、拡張版『東津萌米-穂姫PLUS』を導入することで、音声も日本語に対応。フルボイスではなくパートボイスながら、人気声優の茅野愛衣さんがお米の各成長パターンを演じ分けています。


『東津萌米-穂姫』及び拡張版『東津萌米-穂姫PLUS』はWindows向けにSteamにて、それぞれ1,980円、930円で発売中。2017年12月6日までは15%引きで両方を入手可能なバンドル販売も行われている模様です。
《Arkblade》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 11 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. シリーズ誕生20周年!『Anno 1602』がUplayにて期間限定で無料配布―最新作のベータ受付も

    シリーズ誕生20周年!『Anno 1602』がUplayにて期間限定で無料配布―最新作のベータ受付も

  2. 非対称対戦ホラー『Last Year The Nightmare』配信開始!Discordゲームストアで販売

    非対称対戦ホラー『Last Year The Nightmare』配信開始!Discordゲームストアで販売

  3. 1,000人の大規模ファンタジーバトロワ『Mortal Royale』無料の早期アクセスがSteamで開始!

    1,000人の大規模ファンタジーバトロワ『Mortal Royale』無料の早期アクセスがSteamで開始!

  4. まもなくSteamから消えるゲーム版『カンフー・パンダ』が最後のセールを実施

  5. 古代中国の神話と歴史を基にした幻想的ACT『Bladed Fury』配信開始!

  6. 『ジャストコーズ4』新バージョン海外向けパッチノート、モーションブラーや不具合改善など

  7. 残虐格ゲー最新作『Mortal Kombat 11』Steam版製品ページが国内からアクセス不可に―予約分はどうなる?

  8. 初期『Fallout』風のRPG『ATOM RPG』の正式リリースが12月19日に決定

  9. 浮浪者の生活描く新作シム『Bum Simulator』が再びリリース延期―強烈な新スキルの映像も披露

  10. 世紀末サバイバル『Miscreated』正式リリース日決定!

アクセスランキングをもっと見る

page top