台湾産萌えお米SLG『東津萌米』日本語対応!―日本語音声対応の拡張版も発売中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

台湾産萌えお米SLG『東津萌米』日本語対応!―日本語音声対応の拡張版も発売中

SimonCreativeは、Steamにてリリース中の擬人化お米育成SLG『東津萌米-穂姫』及び、拡張版『東津萌米-穂姫PLUS』へと日本語字幕を追加しています。

PC Windows
台湾産萌えお米SLG『東津萌米』日本語対応!―日本語音声対応の拡張版も発売中
  • 台湾産萌えお米SLG『東津萌米』日本語対応!―日本語音声対応の拡張版も発売中
  • 台湾産萌えお米SLG『東津萌米』日本語対応!―日本語音声対応の拡張版も発売中
  • 台湾産萌えお米SLG『東津萌米』日本語対応!―日本語音声対応の拡張版も発売中
  • 台湾産萌えお米SLG『東津萌米』日本語対応!―日本語音声対応の拡張版も発売中

SimonCreativeは、Steamにてリリース中の擬人化お米育成SLG『東津萌米-穂姫』及び、拡張版『東津萌米-穂姫PLUS』へと日本語字幕を追加しています。

同作は、台湾を舞台に、台北での都会生活を辞め、実家の農家へと戻った主人公が、稲の栽培行為や、擬人化されたお米の精霊「穂姫」との交流を通じて、様々なタイプへと穂姫を育成していく育成シミュレーションゲーム。


通常の育成モードのみでなく、育成を行いながら物語に沿って進行するストーリーモードも用意されています。また、ストーリーや育成モードを通じて様々なCGを収集したり、ゲーム内実績を達成することで、特別なシナリオを見ることも可能です。


以前の発表では、本作への日本語字幕対応は拡張版『東津萌米-穂姫PLUS』の発売と同時となっていましたが、遅れてのリリースとなっています。切り替えはSteamのライブラリのプロパティから可能です。


なお、拡張版『東津萌米-穂姫PLUS』を導入することで、音声も日本語に対応。フルボイスではなくパートボイスながら、人気声優の茅野愛衣さんがお米の各成長パターンを演じ分けています。


『東津萌米-穂姫』及び拡張版『東津萌米-穂姫PLUS』はWindows向けにSteamにて、それぞれ1,980円、930円で発売中。2017年12月6日までは15%引きで両方を入手可能なバンドル販売も行われている模様です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. Co-op潜水艦シム『Wolfpack』早期アクセス開始!―乗組員の1人として航行と戦闘に関与

    Co-op潜水艦シム『Wolfpack』早期アクセス開始!―乗組員の1人として航行と戦闘に関与

  2. 化石発掘シム『Dinosaur Fossil Hunter』探索や発掘の様子を収録したトレイラー公開!

    化石発掘シム『Dinosaur Fossil Hunter』探索や発掘の様子を収録したトレイラー公開!

  3. 本格潜水艦シム『UBOAT』公式トレイラー!潜水艦乗組員たちのリアルな一日を体験

    本格潜水艦シム『UBOAT』公式トレイラー!潜水艦乗組員たちのリアルな一日を体験

  4. ネタ満載の『Apex Legends』ハイテンションカオス編集映像!プレイは意外とテクニカル

  5. 自動工場建造ゲーム『Satisfactory』Epic Gamesストアでの早期アクセス開始日決定!

  6. 独自の潜水艦を構築できる物理シム『SubmarineCraft』早期アクセス開始!

  7. 美麗グラフィックの近未来FPS『Russia 2055』プレアルファ版配信開始!

  8. 『モンハン:ワールド』PC版は2番目に売れた機種―「アイスボーン」情報は今後多く到着予定

  9. リビングデッドと戦う西部劇RPG『Lonesome』デモ版公開―死にゆく世界ではびこる疫病の原因を探せ

  10. 80年代スウェーデンが舞台のCo-opシューター『Generation Zero』発売日決定! 機械軍団の謎を解き明かせ【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

1
page top