台湾産萌えお米SLG『東津萌米』日本語対応!―日本語音声対応の拡張版も発売中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

台湾産萌えお米SLG『東津萌米』日本語対応!―日本語音声対応の拡張版も発売中

SimonCreativeは、Steamにてリリース中の擬人化お米育成SLG『東津萌米-穂姫』及び、拡張版『東津萌米-穂姫PLUS』へと日本語字幕を追加しています。

PC Windows
台湾産萌えお米SLG『東津萌米』日本語対応!―日本語音声対応の拡張版も発売中
  • 台湾産萌えお米SLG『東津萌米』日本語対応!―日本語音声対応の拡張版も発売中
  • 台湾産萌えお米SLG『東津萌米』日本語対応!―日本語音声対応の拡張版も発売中
  • 台湾産萌えお米SLG『東津萌米』日本語対応!―日本語音声対応の拡張版も発売中
  • 台湾産萌えお米SLG『東津萌米』日本語対応!―日本語音声対応の拡張版も発売中

SimonCreativeは、Steamにてリリース中の擬人化お米育成SLG『東津萌米-穂姫』及び、拡張版『東津萌米-穂姫PLUS』へと日本語字幕を追加しています。

同作は、台湾を舞台に、台北での都会生活を辞め、実家の農家へと戻った主人公が、稲の栽培行為や、擬人化されたお米の精霊「穂姫」との交流を通じて、様々なタイプへと穂姫を育成していく育成シミュレーションゲーム。


通常の育成モードのみでなく、育成を行いながら物語に沿って進行するストーリーモードも用意されています。また、ストーリーや育成モードを通じて様々なCGを収集したり、ゲーム内実績を達成することで、特別なシナリオを見ることも可能です。


以前の発表では、本作への日本語字幕対応は拡張版『東津萌米-穂姫PLUS』の発売と同時となっていましたが、遅れてのリリースとなっています。切り替えはSteamのライブラリのプロパティから可能です。


なお、拡張版『東津萌米-穂姫PLUS』を導入することで、音声も日本語に対応。フルボイスではなくパートボイスながら、人気声優の茅野愛衣さんがお米の各成長パターンを演じ分けています。


『東津萌米-穂姫』及び拡張版『東津萌米-穂姫PLUS』はWindows向けにSteamにて、それぞれ1,980円、930円で発売中。2017年12月6日までは15%引きで両方を入手可能なバンドル販売も行われている模様です。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 11 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『S.T.A.L.K.E.R』にインスパイアされた『Fallout 4』Mod「Sakhalin」配信中―ナチス、大日本帝国などが勢力争いする島で…

    『S.T.A.L.K.E.R』にインスパイアされた『Fallout 4』Mod「Sakhalin」配信中―ナチス、大日本帝国などが勢力争いする島で…

  2. Steam版『GROOVE COASTER』に『Undertale』楽曲が登場―「MEGALOVANIA」含むアガる4曲!

    Steam版『GROOVE COASTER』に『Undertale』楽曲が登場―「MEGALOVANIA」含むアガる4曲!

  3. Steam版『魔界戦記ディスガイア5』10月23日発売決定―Alienware Arenaで数量限定のデモ配信も

    Steam版『魔界戦記ディスガイア5』10月23日発売決定―Alienware Arenaで数量限定のデモ配信も

  4. Humble Storeにて『Fallout』シリーズが最大50%オフ―『Fallout 76』の予習もバッチリ?

  5. ハンティングシム『theHunter: Call of the Wild』新トレイラー!拡張DLC入の2019 Edition登場

  6. パラレルワールドのソ連が舞台の強烈アクションRPG『Atomic Heart』予約開始!

  7. 終末世界の街づくりシム『Atomic Society』早期アクセス開始!

  8. 現代戦FPS新作『World War 3』の早期アクセス開始日が決定!価格も明らかに

  9. PC版『CoD:BO4』推奨/最小スペック公開!4K画質向けの要求スペックも明らかに

  10. 辺境惑星開拓ストラテジー『RimWorld』バージョン1.0のテスト公開が開始、64bitにも対応か

アクセスランキングをもっと見る

page top