人気ストリーマーNinja、人種差別用語を使用し謝罪へ―ラップ楽曲歌唱中の“アドリブ”が原因 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

人気ストリーマーNinja、人種差別用語を使用し謝罪へ―ラップ楽曲歌唱中の“アドリブ”が原因

先日は人気ラッパーDrakeとの配信も話題になった人気ストリーマーNinja氏。大手メディアの取材を受けるなど注目の集まる氏ですが、ストリーミング中のある“発言”が問題となってしまったようです。

ゲーム文化 カルチャー
人気ストリーマーNinja、人種差別用語を使用し謝罪へ―ラップ楽曲歌唱中の“アドリブ”が原因
  • 人気ストリーマーNinja、人種差別用語を使用し謝罪へ―ラップ楽曲歌唱中の“アドリブ”が原因

先日は人気ラッパーDrakeとの配信も話題になった人気ストリーマーNinja氏。大手メディアの取材を受けるなど注目の集まる氏ですが、ストリーミング中のある“発言”が問題となってしまったようです。

その発言とは、ストリーミング中に歌っていたラップ楽曲“44 More”の一部歌詞をNワード、いわゆる人種差別用語に置き換えてアドリブしてしまったというもの。視聴者の一部は、当該の楽曲にそのような単語は本来含まれていないことを指摘しています。

Ninja氏はTwiterで、今回の行動を(人種差別的意図があったのは)誤解であると説明しながらも、“その様に解釈される行動を行った事自体が自身の責任である”とする旨を発言。「友人やファン、視聴者が不快感を感じることを嫌悪しています」と謝罪を表明しました。

また、Ninja氏は「例えその言葉が音楽やその他の場所で使われていたとしても、どれほどの痛みを(人々に)与えるかを理解する」と約束。それらの言葉は歴史的に人々を分断するために用いられたものであり、自身は(逆に)人々を一つに集めるものであるという考えを述べました。

人気ストリーマーとして注目が集まる立場になれば、一挙一動が問題化するリスクを孕むもの。かつては『Halo』シリーズのプロゲーマーとしても知られ、先の海外インタビューでも地に足の着いた発言を行っていた同氏だけに、このまま“お騒がせ”なストリーマーの仲間入り、という事態が起きないことを願うファンは多いのではないでしょうか。

なお、彼と一緒にゲームをプレイしていたストリーマーMatthew “Nadeshot” Haag氏もNワードを使用したと当初伝えられていましたが、こちらは「Ninja」と発言しただけとのことです。
《Arkblade》

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 記憶を消してお気に入りゲームを初見プレイするか、1兆ドル貰えるならどっち?海外ゲーマーが選んだのは…

    記憶を消してお気に入りゲームを初見プレイするか、1兆ドル貰えるならどっち?海外ゲーマーが選んだのは…

  2. 亡くなった弟ともう一度ゲームができたら…『鉄拳8』ユーザーの兄弟の思い出守った「AIゴースト」機能

    亡くなった弟ともう一度ゲームができたら…『鉄拳8』ユーザーの兄弟の思い出守った「AIゴースト」機能

  3. PS2にGC、PSPにXbox…2000年代最高のゲームは?ゲーム史を彩る名作の数々が挙がる

    PS2にGC、PSPにXbox…2000年代最高のゲームは?ゲーム史を彩る名作の数々が挙がる

  4. 日本の街で写真を撮影して日本語を学ぶ学習ゲーム『Shashingo』配信日決定!

  5. 日本神話メトロイドヴァニア『Bō: Path of the Teal Lotus』配信日決定!

  6. 『エルデンリング』まさかの“プレイヤー視点”で小説化!「仕事が終われば、あの祝福で」発売決定―ゲームをきっかけに職場での交流を深めるお仕事ノベル

  7. シリーズを遡ってプレイしたゲームは?海外ゲーマーたちが体験したのは『ウィッチャー』『FF』『MGS』…さまざまな意見が飛び交い盛り上がる

  8. 『スト6』世界大会CAPCOM CUP Xにて「ガチくん」がベスト3に輝く!日本勢ふ~ど・カワノも健闘

  9. 時を超えるハクスラARPG『Last Epoch』2月22日リリース正式版パッチノート公開―新マスタリーや新スキルなどが登場

  10. 『ELDEN RING』の新規コミカライズ「ELDEN RING Become Load」始動!ある褪せ人の戦いがフルカラーで描かれる

アクセスランキングをもっと見る

page top