『Fallout 4』T-800と共にT-1000から連邦を逃げ回れるI'll be backな「ターミネーター」Modが登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Fallout 4』T-800と共にT-1000から連邦を逃げ回れるI'll be backな「ターミネーター」Modが登場

Bethesda Softworksの『Fallout 4』について、名作映画「ターミネーター」シリーズをモチーフにしたユニークなModが登場しています。

ゲーム文化 Mod
『Fallout 4』T-800と共にT-1000から連邦を逃げ回れるI'll be backな「ターミネーター」Modが登場
  • 『Fallout 4』T-800と共にT-1000から連邦を逃げ回れるI'll be backな「ターミネーター」Modが登場
  • 『Fallout 4』T-800と共にT-1000から連邦を逃げ回れるI'll be backな「ターミネーター」Modが登場

Bethesda Softworksの『Fallout 4』について、名作映画「ターミネーター」シリーズをモチーフにしたユニークなModが登場しています。

Marked for Termination」と名付けられたこのModは、一定のレベルに達すると連邦のどこかにプレイヤーの命を狙う(おそらくT-1000を意識した)NPCと、そのNPCからプレイヤーを守る(おそらくT-800を意識した)サブコンパニオンが召喚されるというユニークなもの。通常のコンパニオンはそのまま引き連れられます。

特にクエストやマップの追加などが行われるわけではありませんが、コナー母子のロールプレイをしながらゲームを遊ぶにはうってつけでしょう。ちなみに、プレイヤーと敵対するNPCは一時的に無力化は出来ても倒すことはできず(おそらくクライオレーターを使っても)一度召喚されたら逃げ回るしかありません。

そんな同Modですが、Nexus Modsからダウンロードが可能。両作の熱烈なファンであるという方は、サウガス製鉄所の溶鉱炉前を舞台にプレイしてみては如何でしょうか。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 日本のe-Sports産業を世界へ牽引するために一般財団法人「日本esprots促進協会」設立

    日本のe-Sports産業を世界へ牽引するために一般財団法人「日本esprots促進協会」設立

  2. 「E3 2019」新作情報&配信スケジュール総まとめ!

    「E3 2019」新作情報&配信スケジュール総まとめ!

  3. VRアプリ『札束風呂VR』のインディー開発者がSteam販売データ公開―セールなどに関する興味深い内容も

    VRアプリ『札束風呂VR』のインディー開発者がSteam販売データ公開―セールなどに関する興味深い内容も

  4. 任天堂、「BitSummit 7 Spirits」出展内容を一部公開─カフェ風スペースでは配信中作品をプレイ可能

  5. キャラクターデザインの批判受けた実写映画「ソニック・ザ・ムービー」公開延期―「ふさわしいソニックに」

  6. 白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

  7. Steam「春の大掃除」イベントスタート! 積もりに積もったゲームを消化しよう

  8. なんでも作れる『Dreams Universe』今度はX-ウィングとTIEファイター!デス・スターも浮かぶファン映像

  9. 「EA PLAY 2019」では『Apex Legends』シーズン2だけでなくグッズ情報なども公開予定

  10. 『真・三國無双8』鈴鹿8耐コラボに女性キャラが追加参戦!レースクイーンとなった孫尚香、関銀屏、王元姫、甄姫がチームを応援

アクセスランキングをもっと見る

1
page top