Valve、3マッチパズル『HuniePop』に対しSteamからの削除を告知―「ポルノコンテンツのガイドラインに反しているため」【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valve、3マッチパズル『HuniePop』に対しSteamからの削除を告知―「ポルノコンテンツのガイドラインに反しているため」【UPDATE】

3マッチパズル『HuniePop』などで知られるインディーデベロッパーHuniePotは、同作がValveよりストアからの削除を行う旨の告知を受けたと発表しました。

PC Windows
Valve、3マッチパズル『HuniePop』に対しSteamからの削除を告知―「ポルノコンテンツのガイドラインに反しているため」【UPDATE】
  • Valve、3マッチパズル『HuniePop』に対しSteamからの削除を告知―「ポルノコンテンツのガイドラインに反しているため」【UPDATE】
  • Valve、3マッチパズル『HuniePop』に対しSteamからの削除を告知―「ポルノコンテンツのガイドラインに反しているため」【UPDATE】
  • Valve、3マッチパズル『HuniePop』に対しSteamからの削除を告知―「ポルノコンテンツのガイドラインに反しているため」【UPDATE】
  • Valve、3マッチパズル『HuniePop』に対しSteamからの削除を告知―「ポルノコンテンツのガイドラインに反しているため」【UPDATE】
  • Valve、3マッチパズル『HuniePop』に対しSteamからの削除を告知―「ポルノコンテンツのガイドラインに反しているため」【UPDATE】
  • Valve、3マッチパズル『HuniePop』に対しSteamからの削除を告知―「ポルノコンテンツのガイドラインに反しているため」【UPDATE】

3マッチパズル『HuniePop』などで知られるインディーデベロッパーHuniePotは、同作がValveよりストアからの削除を行う旨の告知を受けたと発表しました。

同作は、2015年1月にSteam、その後GOG.comやHumbleストアなどでも配信されたタイトル。ジャンルは、アダルト要素を1つのテーマとした、美少女キャラクターが登場するADV+3マッチパズルです。Steam Greenlightの基準が引き下がる前、まだ非常に厳しかった頃に多くの投票を受けてSteamリリースが決定した経緯があります。


リリースに当たっては、Valveとの協議のもと、特に扇情的なアダルトCGについては修正の後、元のコンテンツを復活させるためのパッチをリリース。いわゆる「パッチ形式」によるアダルトコンテンツ提供の先駆者となった作品です。


発売後は、アダルト要素の物珍しさの他にも、当時まだ珍しかった、日本風の高クオリティなCGで描かれた海外色も豊かなキャラクターや、ゲームとしての、小粒ながらまとまった出来などが高く評価され、Steamspyのアルゴリズム変更直前のデータでは80万本近くを売り上げています。

このCGでも非常に穏当な方。ポーズが過激なものもあれば、中には修正後でもトップレスかつ、下着越しの細微な局部描写があるCGも

今回の削除告知では理由について「ポルノコンテンツのガイドラインに反しているため」と述べられているとのことで、該当のコンテンツを削除すればゲームを復活させるとしている模様。HuniePotは、この勧告に対し、可能な限り最良の方法で問題を解決するためにValveへのコンタクトを取る意向を明らかにしました。

同作のどの部分が今回の勧告に至ったのは不明ですが、ゲーム内容を見てみれば確かに修正後のCGであっても近年のSteamタイトルから見れば比較的扇情的な同作。また、既に開発者によるSteamコミュニティでのアナウンスが禁じられているパッチについても、コミュニティのメンテナンスが行き届いていないのか、そのまま掲載されています。

しかしながら、正規のプロセスを通過し長年の販売がなされた上で、十分な実績を持つゲームへの削除告知は他作品への波及も含めて、今後波紋を呼ぶかもしれません。

『HuniePop』Steam版は980円で発売中。本記事執筆時点ではまだストアページの削除などは行われていません。なお、同様に現時点ではHumbleストアGOG.comについては特に影響はない模様です。

『Mutiny!!』モンスター娘のいる世界をテーマにし、女性海賊の冒険を描いた、いわゆる“百合”もののビジュアルノベル

なお、同日、2017年10月20日に発売されたビジュアルノベル『Mutiny!!』などを手がけるLupiesoftも、同作がValveより削除告知されたと発表

「2週間内に対処を講じなければストアより削除を行う」としたValveの告知に対し、Lupiesoftは、以前パブリッシャーのMangagamerがValveの担当者と会った際に「“ecchi”ジャンル(筆注:いわゆるファンサービスの多いタイトル。日本で言えば「ToLoveる」「ゆらぎ荘の幽奈さん」など)は良い」と好意的な反応を受けていた事などを明かしました。

また、同作は何もガイドラインに違反しておらず「ポルノではない」し、Steamにおいて日本アニメ風のアートを持つ“セクシー”なゲームが不当な扱いを受けている旨を主張しています。


更に、『ネコぱら』で知られるNEKOWORKsの別ブランド、Tentacle Gamesの『Tropical Liquor』も同様に削除告知を受けているとのこと。

『Tropical Liquor』

時を同じくしたこの3件の削除告知。Valve内で何らかのガイドラインなどが設定された事によるものなのか、具体的な指針が今後示されることになるのか。また、ガイドラインが更新されたとして、日本アニメ風とそれ以外での対称性や、ガイドライン違反に対する遡及的な対応が果たして妥当なものなのかを含めて、注目が集まる所です。

※UPDATE (2018/5/18 13:07):Lupiesoftのケースについて追記しました。
※UPDATE (2018/5/18 13:53):Tentacle Gamesのケースについて追記しました。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『真・三國無双8 Empires』の発売時期が「Early 2021」から延期―続報については準備中

    『真・三國無双8 Empires』の発売時期が「Early 2021」から延期―続報については準備中

  2. 『Dead by Daylight』新チャプター「All-Kill」PTBがSteamで開始―K-POPスターが殺人鬼となって登場

    『Dead by Daylight』新チャプター「All-Kill」PTBがSteamで開始―K-POPスターが殺人鬼となって登場

  3. 売上500万本突破!北欧神話サバイバル『Valheim』1週間で更に100万人がヴァイキングに

    売上500万本突破!北欧神話サバイバル『Valheim』1週間で更に100万人がヴァイキングに

  4. 新作ハリポタゲーム『ホグワーツ・レガシー』ではトランスジェンダーのキャラも作成可能に

  5. Deerは鹿に、Greydwarfは灰色ドワーフに!『Valheim』サーバー改善やローカライズ更新を含む最新アップデート配信

  6. 【吉田輝和の絵日記】モンスターにとっては地獄?『Valheim』で作る楽しいテーマパーク

  7. クトゥルフADV『The Sinking City』Steam版ストアページが開発元のDMCA侵害の申請によって削除

  8. 【読者参加型Valheim生活】「監禁したボスが脱走し殺処分」「秘密の部屋で名作ゲームのタイトルを書く」「ダンジョンが勝手に作られる」の3本立て

  9. 『原神』Ver.1.4の新情報公開!濃縮樹脂の所持数調整や、未育成での世界ランク上昇に対処法を用意―後日予告番組も実施

  10. 超自由オープンワールド『クラフトピア』でNPCやMobが出現しない不具合への対処方法が告知

アクセスランキングをもっと見る

page top