いつでもどこでもWii U体験?海外ユーザーが“ウェアラブルWii U”を作成―フードにはプロジェクターが | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

いつでもどこでもWii U体験?海外ユーザーが“ウェアラブルWii U”を作成―フードにはプロジェクターが

任天堂のハード「Wii U」。すっかりスイッチへと移行した感もある同ハードですが、海外のあるユーザーが同機に驚くべき改造を施したようです。

家庭用ゲーム Wii U
いつでもどこでもWii U体験?海外ユーザーが“ウェアラブルWii U”を作成―フードにはプロジェクターが
  • いつでもどこでもWii U体験?海外ユーザーが“ウェアラブルWii U”を作成―フードにはプロジェクターが
  • いつでもどこでもWii U体験?海外ユーザーが“ウェアラブルWii U”を作成―フードにはプロジェクターが
  • いつでもどこでもWii U体験?海外ユーザーが“ウェアラブルWii U”を作成―フードにはプロジェクターが
  • いつでもどこでもWii U体験?海外ユーザーが“ウェアラブルWii U”を作成―フードにはプロジェクターが
  • いつでもどこでもWii U体験?海外ユーザーが“ウェアラブルWii U”を作成―フードにはプロジェクターが
  • いつでもどこでもWii U体験?海外ユーザーが“ウェアラブルWii U”を作成―フードにはプロジェクターが
  • いつでもどこでもWii U体験?海外ユーザーが“ウェアラブルWii U”を作成―フードにはプロジェクターが
  • いつでもどこでもWii U体験?海外ユーザーが“ウェアラブルWii U”を作成―フードにはプロジェクターが

任天堂のハード「Wii U」。すっかりスイッチへと移行した感もある同ハードですが、海外のあるユーザーが同機に驚くべき改造を施したようです。

YouTubeチャンネルMy Mate VINCEが公開したこの改造Wii Uは、なんとハード自体と動作に必要な各種機器をコートの中に無理やり組み込んでしまったというもの。外見では何の変哲もないコートですが、ポケットに収納されているのは確かにWii Uのゲームパッドで、裏を見れば確かに改造された痕跡が。




更にはこのコート、フード部分にはプロジェクターが搭載されており、モニターがない環境でも大型の表示でゲームを楽しむことができます。




Wii U本体重さは1.55kgということで、組み込まれた各種周辺機器を考えてもけして無茶な重さではないものの、中々見た目に比してずっしりと来そうな形です。また、ポケットや袖からはケーブルも顔をのぞかせ、ちょっとしたサイバーパンク感も。



Wii Uでしか楽しめないゲームは多々あるとは言え、わざわざウェアラブルにする必要性があるのかは中々疑問なところですが、これも愛のなせる賜物なのでしょうか。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

    購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  2. 超能力シューター『CONTROL』フォトモードが現地時間10月16日に追加―カメラ操作やフィルター処理も可能

    超能力シューター『CONTROL』フォトモードが現地時間10月16日に追加―カメラ操作やフィルター処理も可能

  3. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

    【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  4. 『オーバーウォッチ』「ハロウィン・テラー2019」開幕―「ジャンケンシュタインの復讐」、ウィークリー・チャレンジも

  5. 『ポケモン ソード・シールド』10月16日22時より最新情報が公開!23時からはゲームフリーク30周年記念生放送も

  6. PS4『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』ゲーム序盤や魔法要素などの新情報が到着!

  7. 『あつまれ どうぶつの森』の世界観を満喫!「たぬき開発」による無人島移住パッケージ説明会に参加してきた【Nintendo Live 2019】

  8. PS4版『Destiny 2』が基本無料に!『Destiny 2 「新たな光」』として10月2日から再登場

  9. 『ボーダーランズ3』ホットフィックス配信!各ハンター調整なども

  10. 『ディビジョン2』10月のTU6に関する情報が続々公開、アイテムドロップの新仕様やPvP新モードなど

アクセスランキングをもっと見る

page top