PUBG Corp.が『フォートナイト』類似性を巡りEpic Gamesを韓国で提訴か―海外報道 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PUBG Corp.が『フォートナイト』類似性を巡りEpic Gamesを韓国で提訴か―海外報道

韓国メディアのコリアタイムスは、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』開発元のPUBG Corp.が、著作権を侵害されたとして、Epic Gamesを提訴したと報じています。

ゲーム文化 カルチャー
PUBG Corp.が『フォートナイト』類似性を巡りEpic Gamesを韓国で提訴か―海外報道
  • PUBG Corp.が『フォートナイト』類似性を巡りEpic Gamesを韓国で提訴か―海外報道
  • PUBG Corp.が『フォートナイト』類似性を巡りEpic Gamesを韓国で提訴か―海外報道
韓国メディアのコリアタイムスは、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』開発元のPUBG Corp.が著作権を侵害されたとして、Epic Gamesを韓国で提訴したと報じています。

同紙の報道によれば、PUBG Corp.は2018年1月にソウル中央地方裁判所にて、Epic Gamesの韓国子会社Epic Games Koreaに対し、「『フォートナイト』の内容が『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』からコピーされている」として、同作の差し止めを求めて著作権侵害訴訟を行ったとのこと。1月中旬には『フォートナイト』韓国語版が発表されていました。

『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』は、100人のプレイヤーが広大な島を舞台に最後の1人(1チーム)を掛けて戦いを繰り広げるシュータータイトル。2017年3月の早期アクセス開始直後より多大な人気を得て、その後多くのフォロワータイトルが開発されていました。

『フォートナイト』は、『PUBG』がゲームに使用している基幹ミドルウェア“Unreal Engine 4”を手がけるEpic Gamesが、2017年7月に有料パック購入者向けベータテストを開始したCo-opシューター。その後、2017年9月に、F2P形式にてリリースされたバトルロイヤルモードが爆発的な人気となり、2018年5月末時点では『PUBG』以上の同時接続ユーザー数やストリーミングサイトでの視聴者数を獲得しています。

なお、PUBG Corp.の親会社となるBlueholeは『フォートナイト バトルロイヤル』発表直後となる2017年9月に、両作の類似性などに対する懸念を発表。「さらなる措置を検討」していると表明していました。

Game*Spark編集部はBlueholeおよびEpic Gamesに事実関係を確認し、訴状や詳細が分かり次第、追って続報を伝えていきます。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. PornHub、『フォートナイト』ダウンタイム中の「ブラックホール」検索数が9,600%増加したことを報告

    PornHub、『フォートナイト』ダウンタイム中の「ブラックホール」検索数が9,600%増加したことを報告

  2. デンマーク献血団体が『Bloodborne』とコラボ!ソフトや限定PS4本体プレゼント

    デンマーク献血団体が『Bloodborne』とコラボ!ソフトや限定PS4本体プレゼント

  3. 派手過ぎないデザインが嬉しい「プレステキャリーケース」が新登場!キャスターホイールにまでPSロゴが印刷された、こだわりの一品

    派手過ぎないデザインが嬉しい「プレステキャリーケース」が新登場!キャスターホイールにまでPSロゴが印刷された、こだわりの一品

  4. Insomniac Gamesのクレイグ・グッドマン氏が逝去―『ラチェット&クランク』、『Marvel's Spider-Man』

  5. 雄大な自然の中でキノコを収穫する『Morels: The Hunt』が配信開始! 動物の写真撮影も可能

  6. 毎年恒例の祭典「PlayStation Awards 2019」12月3日開催!ユーザーズチョイス賞の投票受け付けスタート

  7. ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

  8. Tシャツや弾丸USBがあたる『ゴーストリコン ブレイクポイント』「ゴースト流肝試し」キャンペーンが開催

  9. 「ウェアハウス川崎」11月17日閉店へ―香港・九龍城砦を再現した有名ゲームセンター

  10. 『CoD:MW』初日から30連続キルを叩き出したNgt選手に聞く新作ならではのコツ─「今までのように“最強AR”と呼ばれ続けたい」【TGS2019】

アクセスランキングをもっと見る

page top