PUBG Corp.が『フォートナイト』類似性を巡りEpic Gamesを韓国で提訴か―海外報道 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PUBG Corp.が『フォートナイト』類似性を巡りEpic Gamesを韓国で提訴か―海外報道

韓国メディアのコリアタイムスは、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』開発元のPUBG Corp.が、著作権を侵害されたとして、Epic Gamesを提訴したと報じています。

ゲーム文化 カルチャー
PUBG Corp.が『フォートナイト』類似性を巡りEpic Gamesを韓国で提訴か―海外報道
  • PUBG Corp.が『フォートナイト』類似性を巡りEpic Gamesを韓国で提訴か―海外報道
  • PUBG Corp.が『フォートナイト』類似性を巡りEpic Gamesを韓国で提訴か―海外報道
韓国メディアのコリアタイムスは、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』開発元のPUBG Corp.が著作権を侵害されたとして、Epic Gamesを韓国で提訴したと報じています。

同紙の報道によれば、PUBG Corp.は2018年1月にソウル中央地方裁判所にて、Epic Gamesの韓国子会社Epic Games Koreaに対し、「『フォートナイト』の内容が『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』からコピーされている」として、同作の差し止めを求めて著作権侵害訴訟を行ったとのこと。1月中旬には『フォートナイト』韓国語版が発表されていました。

『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』は、100人のプレイヤーが広大な島を舞台に最後の1人(1チーム)を掛けて戦いを繰り広げるシュータータイトル。2017年3月の早期アクセス開始直後より多大な人気を得て、その後多くのフォロワータイトルが開発されていました。

『フォートナイト』は、『PUBG』がゲームに使用している基幹ミドルウェア“Unreal Engine 4”を手がけるEpic Gamesが、2017年7月に有料パック購入者向けベータテストを開始したCo-opシューター。その後、2017年9月に、F2P形式にてリリースされたバトルロイヤルモードが爆発的な人気となり、2018年5月末時点では『PUBG』以上の同時接続ユーザー数やストリーミングサイトでの視聴者数を獲得しています。

なお、PUBG Corp.の親会社となるBlueholeは『フォートナイト バトルロイヤル』発表直後となる2017年9月に、両作の類似性などに対する懸念を発表。「さらなる措置を検討」していると表明していました。

Game*Spark編集部はBlueholeおよびEpic Gamesに事実関係を確認し、訴状や詳細が分かり次第、追って続報を伝えていきます。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 赤十字がリアルなFPSゲームを制作―目的は

    赤十字がリアルなFPSゲームを制作―目的は"戦争にもルールがあることを知らせるため"

  2. ウソじゃない『Portal』のケーキを1から手作りする本格的お料理動画が公開

    ウソじゃない『Portal』のケーキを1から手作りする本格的お料理動画が公開

  3. 『Marvel's Spider-Man』コミカライズが海外で開始―キングピンとの死闘が描かれる冒頭4ページが公開

    『Marvel's Spider-Man』コミカライズが海外で開始―キングピンとの死闘が描かれる冒頭4ページが公開

  4. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  5. 『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

  6. 個人開発の高品質ACT『Bright Memory - Episode 1』が予想外の売上により再開発へ

  7. 『モータルコンバット』科学検証番組第3弾―サブゼロの氷の斧で物は切れるのか?

  8. PS4版『レインボーシックス シージ』国内公式大会が開催決定ー誰でも参加可能

  9. サイバーパンクなトリップFPS『Project Downfall』早期アクセス開始!ゴロツキ共に正義の鉄槌を

  10. 『フォートナイト』銃玩具「ナーフ」ラインナップが発表、海外予約開始!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top