E3でポータブルゲーミングPC「SMACH Z」の試作機をチェック!気になる大きさや使い勝手は?【E3 2018】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

E3でポータブルゲーミングPC「SMACH Z」の試作機をチェック!気になる大きさや使い勝手は?【E3 2018】

E3の開催に合わせ、ポータブルゲーミングPCの『SMACH Z』を開発しているスペインのスタートアップメーカーSMACH Teamが、メディア向けの説明会を実施しました。

ゲーム機 ハードウェア
E3でポータブルゲーミングPC「SMACH Z」の試作機をチェック!気になる大きさや使い勝手は?【E3 2018】
  • E3でポータブルゲーミングPC「SMACH Z」の試作機をチェック!気になる大きさや使い勝手は?【E3 2018】
  • E3でポータブルゲーミングPC「SMACH Z」の試作機をチェック!気になる大きさや使い勝手は?【E3 2018】
  • E3でポータブルゲーミングPC「SMACH Z」の試作機をチェック!気になる大きさや使い勝手は?【E3 2018】
  • E3でポータブルゲーミングPC「SMACH Z」の試作機をチェック!気になる大きさや使い勝手は?【E3 2018】
  • E3でポータブルゲーミングPC「SMACH Z」の試作機をチェック!気になる大きさや使い勝手は?【E3 2018】
  • E3でポータブルゲーミングPC「SMACH Z」の試作機をチェック!気になる大きさや使い勝手は?【E3 2018】

E3の開催に合わせ、ポータブルゲーミングPCの『SMACH Z』を開発しているスペインのスタートアップメーカーSMACH Teamが、メディア向けの説明会を実施しました。

『SMACH Z』は、2016年にクラウドファンディングキャンペーンを実施して話題となった、PS Vitaスタイルの小型PCです。OSはLinuxベースで無料の独自OS「SMACH OS」か、Windows10(別途ライセンスが必要)をサポートしています。スペックは以下の通り。

  • CPU: AMD RyzenTM V1605B SoC at 2.0 GHz base 3.6 GHz boost
  • コア数 / Threads: 4/8
  • GPU: RadeonTM Vega 8 Graphics. 8 CU 1.1 GHz
  • RAM: Up to 16GB DDR4 2133 MHz. 4GB (SMACH Z) || 8GB (SMACH Z PRO)
  • ストレージ: Up to 256GB SSD. 64GB (SMACH Z) || 128GB (SMACH Z PRO)
  • ディスプレイ: 6” FULL HD (1920x1080) Capacitive touch-screen
  • バッテリー: 5 hours of gaming. (4 cells of 3200mAh each. 46WHr)
  • MicroSDカードスロット
  • USB 3.0 type C
  • USB-A
  • Micro-USB
  • Display Port video out
  • Wi-Fi connectivity 5.0 Ghz
  • Bluetooth connectivity.
  • Front-camera 5-megapixels (PRO model only)


会場となったのは、壁面に『Fallout 76』の巨大ペイントが施されていた「ホテル フィゲロア」。


会場は、E3会場からほど近いホテルの一室で、SMACH Z TeamのAntonio De La Torre氏とDaniel Fernandez氏が迎えてくれました。編集部が訪れた際は、残念ながら最終スペックのデモ機が故障中とのことで、同等のPCや開発機を使っての説明となりました。

Pro版と同等のスペックのPCで『GTA V』が動作。グラフィック設定は720pのほぼ最小設定。

このグラフィック設定で、常時30fps以上は確実に出ており、ストレスのないプレイが可能でした。720pの動作ではありましたが、6インチの画面で見るには十分な解像度ではないでしょうか。ただし、実機では熱など様々な要素も加わるため、この開発機での動作とは変わってきそうです。

続いて、本体のモックと、同スペックのPCに接続されている試作機を触らせてもらいました。大きさは、想像していたよりも大きく感じ、厚さもそこそこありました。見た目そのままに、「Steamコントローラに6インチディスプレイが付いている感じ」といえば伝わるでしょうか。全体的なボリュームとしてはWii U GamePadに近いかもしれません。

こちらは『オーバーウォッチ』が起動。このディスプレイで見る限りでは非常に綺麗で、かなりヌルヌル動作していた。

使い勝手に賛否のあるSteamコントローラ準拠のパッドになっていますが、これはテンキーやアナログスティックに自由に換装できるので、自分のやりやすいスタイルでオーダーすれば問題ないでしょう。遅延を考慮したためか、外部出力にはHDMIではなくDisplay Portを採用していました。

実際に本体に搭載予定の基盤。

拡張性については、ユーザーがマザーボードまでアクセスできるため、購入者自身がメモリやSSDを換装できるとのこと。


残念ながら実機を触ることができませんでしたが、どこでもAAAタイトルで遊べるという「SMACH Z」に大きな可能性を感じることはできました。当然、一般的なPCの使い方には向きませんが(やりようによってはいけそうですが)、GPD Win 2同様、好きなPCゲームを外へ持ち出すためのサブ機としての役割は十分に果たしてくれそうです。

「SMACH Z」は9月発売予定で価格は699ユーロから。公式サイトにて予約受付中です(英語のみ)。

《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 『Half-Life: Alyx』の発表によりVRヘッドセット「Valve Index」が各国で品薄に

    『Half-Life: Alyx』の発表によりVRヘッドセット「Valve Index」が各国で品薄に

  2. 『マイクラ』だけじゃない! レイトレーシング対応タイトル ショーケース―『CoD:MW』や『Watch Dogs』新作も【gamescom 2019】

    『マイクラ』だけじゃない! レイトレーシング対応タイトル ショーケース―『CoD:MW』や『Watch Dogs』新作も【gamescom 2019】

  3. プレステやサターンも動くレトロゲー互換機「POLYMEGA」第2次予約受付が開始

    プレステやサターンも動くレトロゲー互換機「POLYMEGA」第2次予約受付が開始

  4. 「Valve Index」国内向け発売正式発表!予約受付も開始に

  5. 「Oculus Quest」PC接続“Oculus Link”はSteamVRゲームにも対応―海外報道

  6. YouTube、映像ストリーミング配信に“超低遅延”モード実装!―視聴者とのラグを最小限に

  7. 260本以上のファミコンゲームを内蔵した携帯ゲーム機が海外で近日登場!『ロックマン2』や『テトリス』など人気作も

  8. 「Oculus Link」ベータ開始!Oculus QuestでPC向けVRタイトルが楽しめる

  9. ValveのVR向け新作『Half-Life: Alyx』お披露目!『Half-Life』と『Half-Life 2』の間を描く

  10. PC版『ストリートファイターV』最適化のGeForce最新ドライバ361.91が配信

アクセスランキングをもっと見る

1
page top