海外の複数有名タイトルに導入されたユーザー情報解析ソフトが“スパイウェア”としてクレーム、一部メーカーは対応 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外の複数有名タイトルに導入されたユーザー情報解析ソフトが“スパイウェア”としてクレーム、一部メーカーは対応

多数の有名海外タイトルで、マーケティング用ユーザー情報解析に導入されているSDK「RedShell」。同ソフトに対し、ユーザーが“スパイウェア”として反発、一部メーカーは製品の修正対応にあたる事態となっています。

ニュース ゲーム業界
海外の複数有名タイトルに導入されたユーザー情報解析ソフトが“スパイウェア”としてクレーム、一部メーカーは対応
  • 海外の複数有名タイトルに導入されたユーザー情報解析ソフトが“スパイウェア”としてクレーム、一部メーカーは対応
多数の有名海外タイトルで、マーケティング用ユーザー情報解析に導入されているSDK「RedShell」。同ソフトに対し、ユーザーが“スパイウェア”として反発、一部メーカーは製品の修正対応にあたる事態となっています。

海外メディアBleeping Computerによれば、これはInnervate社の制作する分析パッケージRedShellが『Dead by Daylight』を始め、多数の有名海外ソフトに埋め込まれているとする問題であるとのこと。このパッケージは特定のアフィリエイトIDを持つソーシャルマーケティングプログラムとセットで用いられるもので、ユーザーがいずれかのソーシャルマーケティングプログラムからゲームを購入(or インストール)した場合、パブリッシャーにその旨を通知する仕組みです。

また、RedShellはユーザーのオンライン情報やゲーム機情報を含む“指紋”を作成しているとも見られており、このことがより多くのユーザーから批判を浴びているようです。なお、一部のメーカーはRedShellの存在や、その挙動に関する情報をユーザーに開示しておらず、特定の国においてはプライバシー保護法に違反するとの指摘もあります。

いずれにしても、このクレームに対して、『Dead by Daylight』など一部タイトルやメーカーは修正を約束してはいますが、依然として多くのRedShellを利用しているアプリケーションがあると見られており、海外掲示板Redditなどでは多くの情報共有が行われているようです。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『バイオハザード RE:3』2020年4月3日発売!非対称対戦『PROJECT RESISTANCE』は『バイオハザード レジスタンス』として同時収録【UPDATE】

    『バイオハザード RE:3』2020年4月3日発売!非対称対戦『PROJECT RESISTANCE』は『バイオハザード レジスタンス』として同時収録【UPDATE】

  2. SIEの『Predator: Hunting Grounds』はPC版も同時発売!Epic Gamesストアにて

    SIEの『Predator: Hunting Grounds』はPC版も同時発売!Epic Gamesストアにて

  3. 『キングダム ハーツ III 』追加DLC「Re Mind」の発売日が1月23日に決定

    『キングダム ハーツ III 』追加DLC「Re Mind」の発売日が1月23日に決定

  4. 魔法を駆使するバトルロイヤル『Spellbreak』PS4版が2020年春にCBT予定

  5. ソニーの野球ゲームシリーズ『MLB The Show』がPS以外のプラットフォームでも展開へ―任天堂やMSも反応

  6. ポップでスタイリッシュな横スクACT『Super Crush KO』現地時間2020年1月16日にリリース

  7. Steam版『バイオハザード RE:2』にて奇妙な実績が発見される―日本のみ発売の「Zバージョン」にも

  8. PS4/Xbox One版『BAYONETTA』『VANQUISH』が海外向けに正式発表! 10周年記念バンドルとして2020年発売

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. 『バイオハザード RE:2』がGOTY!「Golden Joystick Awards 2019」受賞作品リスト ― 生涯功労賞は鈴木裕氏

アクセスランキングをもっと見る

1
page top