フロム新作『SEKIRO』はチュートリアルが強化ーActivisionによる「切望していた」サポートを得て | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

フロム新作『SEKIRO』はチュートリアルが強化ーActivisionによる「切望していた」サポートを得て

フロム・ソフトウェア社長の宮崎英高氏は、海外メディアEurogamerのインタビューで『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』の開発におけるActivisionとの関係と、それによるシステムの強化について語っています。

家庭用ゲーム PS4
フロム新作『SEKIRO』はチュートリアルが強化ーActivisionによる「切望していた」サポートを得て
  • フロム新作『SEKIRO』はチュートリアルが強化ーActivisionによる「切望していた」サポートを得て
  • フロム新作『SEKIRO』はチュートリアルが強化ーActivisionによる「切望していた」サポートを得て

フロム・ソフトウェア社長の宮崎英高氏は、海外メディアEurogamerのインタビューで『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』の開発におけるActivisionとの関係と、それによるシステムの強化について語っています。

『SEKIRO』はソウルシリーズに連なる和風アクションアドベンチャー。これまでのソウルシリーズにはチュートリアルらしいチュートリアルが存在していませんでしたが、『SEKIRO』ではActivisionによる「切望していたサポート」を得て、プレイヤーがシステムの説明を受ける機会が増えているとのこと。この他、いわゆる“クラス”がなくなり、シングルプレイヤーに特化したゲームになる、と語っています。

本作のパブリッシャーを務めるActivisionとの関係については、ゲームの根幹に当たる部分についての口出しはなく、お互いの経緯に基づいた良好な関係となっており、従来のフロム・ソフトウェアの良さを更に強化したゲームになるようです。

更に、これまでとは違う舞台として1500年代後半の日本を、主人公に忍びを設定した理由として“忍者の機動性”と“武器になるものは何でも使う戦い方”を挙げ、“ストーリー主体”の物語ではなく“主と臣下”を軸にした“キャラクター主体”の物語になるとも語られています。これまでのソウルシリーズとは一味も二味も違う、しかし強化された『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』から目が離せません。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ポケモン ソード・シールド』リザードンやピカチュウ、ニャース等の姿が大きく変化!最新映像「あのポケモンたちのキョダイマックス篇」公開

    『ポケモン ソード・シールド』リザードンやピカチュウ、ニャース等の姿が大きく変化!最新映像「あのポケモンたちのキョダイマックス篇」公開

  2. 超能力シューター『CONTROL』フォトモードが現地時間10月16日に追加―カメラ操作やフィルター処理も可能

    超能力シューター『CONTROL』フォトモードが現地時間10月16日に追加―カメラ操作やフィルター処理も可能

  3. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

    購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  4. 『オーバーウォッチ』「ハロウィン・テラー2019」開幕―「ジャンケンシュタインの復讐」、ウィークリー・チャレンジも

  5. 『あつまれ どうぶつの森』の世界観を満喫!「たぬき開発」による無人島移住パッケージ説明会に参加してきた【Nintendo Live 2019】

  6. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

  7. 『ディビジョン2』10月のTU6に関する情報が続々公開、アイテムドロップの新仕様やPvP新モードなど

  8. 国内PS4版『CONTROL』世界観紹介トレイラー!異世界から未知の脅威が迫る…

  9. 『ボーダーランズ3』ホットフィックス配信!各ハンター調整なども

  10. 【UPDATE】今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

アクセスランキングをもっと見る

page top