『レインボーシックス シージ』に差別発言による自動BAN機能が追加か―複数回でペナルティの増加も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『レインボーシックス シージ』に差別発言による自動BAN機能が追加か―複数回でペナルティの増加も

ユービーアイソフトの人気シューター『レインボーシックス シージ』。同作のテキストチャットにおいて人種差別や同性愛差別用語を使用したプレイヤーが即座にBANを受けるようになったと報告されています。

家庭用ゲーム PS4
『レインボーシックス シージ』に差別発言による自動BAN機能が追加か―複数回でペナルティの増加も
  • 『レインボーシックス シージ』に差別発言による自動BAN機能が追加か―複数回でペナルティの増加も
ユービーアイソフトの人気シューター『レインボーシックス シージ』。同作のテキストチャットにおいて人種差別や同性愛差別用語を使用したプレイヤーが即座にBANを受けるようになったと報告されています。

PC Gamerによれば、この変更では該当の発言を行ったプレイヤーは自動的に即座に27分間のBANを受けるとのこと。2回目・3回目であればこの時間は2時間に増え、3回目の発言が行われた場合、その後、永久BANの可能性がある正式な調査フェイズへと移行するとしています。

この新機能について、公式Twitterは、シーズン3で実装予定のチャットフィルタリング機能などを紹介した公式ブログを紹介していますが、同記事内では直接の自動BANへの言及は行われていません。また、差別発言のフィルタリング自体は行われておらず、現時点では発言された内容自体は他のプレイヤーへと届いてしまう模様です。

シビアなチーム制の対戦ゲームであるだけに、語気が荒くなってしまうユーザーも存在している同作。今回の変更がプレイヤー間の雰囲気の一層の改善に寄与することを期待したいユーザーは多いのではないでしょうか。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 31 件

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『エースコンバット7』プレイレポ―フレームレートも改善し昨年より遊びやすくなった【TGS2018】

    『エースコンバット7』プレイレポ―フレームレートも改善し昨年より遊びやすくなった【TGS2018】

  2. Amazonにて「東京ゲームショウ2018」特集ページが公開中!開催記念セールも実施【TGS2018】

    Amazonにて「東京ゲームショウ2018」特集ページが公開中!開催記念セールも実施【TGS2018】

  3. 『フォートナイト』謎のキューブが溶解!?ルートレイクを侵食し、湖は紫に変質…

    『フォートナイト』謎のキューブが溶解!?ルートレイクを侵食し、湖は紫に変質…

  4. 『フォートナイト』ニンテンドースイッチ本体バンドル版が海外で発表、ユニークな衣装もついてくる!

  5. 期待の新作対戦ロボACT『Synaptic Drive』試遊レポート―「『カスタムロボ』的な面白さを活かし発展させたい」【TGS2018】

  6. コミカルなアクション、しかし忠実に西遊記を描く日中共同プロジェクト『MONKEY KING: HERO IS BACK(仮称)』メディアセッション【TGS2018】

  7. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々

  8. PS4新作『GUNGRAVE GORE』はハーフ・オープンワールドに―IGGYMOBセッションレポート【TGS2018】

  9. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  10. スパロボメカACT『HARDCORE MECHA』シングルモード体験レポ―期待通り、“お約束”たっぷりの仕上がりに!【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る

page top