選挙資金をゲーム購入などに充てた表現規制反対派の米下院議員が起訴ーSteamに約15万円費やす | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

選挙資金をゲーム購入などに充てた表現規制反対派の米下院議員が起訴ーSteamに約15万円費やす

CNNを始めとする複数の海外メディアは、選挙資金を飲食やゲーム購入などに不正利用したアメリカの下院議員が起訴されたことを報じました。

ゲーム文化 カルチャー
選挙資金をゲーム購入などに充てた表現規制反対派の米下院議員が起訴ーSteamに約15万円費やす
  • 選挙資金をゲーム購入などに充てた表現規制反対派の米下院議員が起訴ーSteamに約15万円費やす
  • 選挙資金をゲーム購入などに充てた表現規制反対派の米下院議員が起訴ーSteamに約15万円費やす
左=Duncan Hunter被告人

CNNを始めとする複数の海外メディアは、選挙資金を飲食やゲーム購入などに不正利用したアメリカの下院議員が起訴されたことを報じました。

Kotakuなどによれば、今回起訴されたのは下院議員のDuncan Hunter被告人とその妻であるMargaret被告人。両被告人は約25万ドル(記事執筆現在約2,750万円)の選挙資金をハワイ旅行や観劇、子どもの授業料やゲーム購入などに充てていたとして1年以上前から司法省の調査を受けており、この度、有線通信不正行為、記録偽造、選挙資金違反、共謀罪等の罪で起訴されました。

なお、Duncan被告人はSteamでのゲーム購入について、息子が自分のクレジットカードを用いて勝手に行ったことであると主張しており、まだ返済は行われていないとのこと。ちなみに、The San Diego Union-TribuneによればSteamに使用された総額は1,302ドル(記事執筆現在で約15万円)。加えて、Kotakuの公開している明細から、購入したゲームは5ドルのものから90ドルのものまで多岐にわたることが明らかになっています。

また、これを受けた選挙管理委員会のアナリストは、同被告人らに経費の説明、申告書の作成と個人経費の払い戻しを要求しています。同被告人はゲームにおける表現規制反対派の議員として知られていました。

CNNでは、両被告人が、どのようなものに選挙資金を不正利用したのか、などが記載されている起訴状も公開されています。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

    “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

  2. さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

    さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

  3. あの“しわ顔”が遂にポケモンセンターへ!「しわしわ顔ピカチュウ」ぬいぐるみ10月30日発売決定

    あの“しわ顔”が遂にポケモンセンターへ!「しわしわ顔ピカチュウ」ぬいぐるみ10月30日発売決定

  4. カナダで『フォートナイト』に集団訴訟の動き…「依存性に関する注意喚起を怠った」として

  5. 『ハースストーン』大会で政治的発言を行った選手の処分が一部軽減、賞金剥奪は撤回に

  6. 30分でわかるGTA?『GTA:SA』スピードランが驚きの30分以内に―特定手順でグリッチを起動

  7. 『フォートナイト』プロプレイヤー協会が発足―2019世界王者含む北米・欧州の計16選手で構成

  8. トランプ大統領が公式Twitchチャンネルを開設!既にフォロワーは2万8千人超

  9. レイトレーシングと高解像度テクスチャでリアルになりすぎた『マインクラフト』映像!

  10. 『モンハン』15周年記念イベントへの来場で限定“初代”パッケージのPS4テーマを配布!謎に包まれた「黒龍 ミラボレアス」の設定資料も初公開

アクセスランキングをもっと見る

page top