選挙資金をゲーム購入などに充てた表現規制反対派の米下院議員が起訴ーSteamに約15万円費やす | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

選挙資金をゲーム購入などに充てた表現規制反対派の米下院議員が起訴ーSteamに約15万円費やす

CNNを始めとする複数の海外メディアは、選挙資金を飲食やゲーム購入などに不正利用したアメリカの下院議員が起訴されたことを報じました。

ゲーム文化 カルチャー
選挙資金をゲーム購入などに充てた表現規制反対派の米下院議員が起訴ーSteamに約15万円費やす
  • 選挙資金をゲーム購入などに充てた表現規制反対派の米下院議員が起訴ーSteamに約15万円費やす
  • 選挙資金をゲーム購入などに充てた表現規制反対派の米下院議員が起訴ーSteamに約15万円費やす
左=Duncan Hunter被告人

CNNを始めとする複数の海外メディアは、選挙資金を飲食やゲーム購入などに不正利用したアメリカの下院議員が起訴されたことを報じました。

Kotakuなどによれば、今回起訴されたのは下院議員のDuncan Hunter被告人とその妻であるMargaret被告人。両被告人は約25万ドル(記事執筆現在約2,750万円)の選挙資金をハワイ旅行や観劇、子どもの授業料やゲーム購入などに充てていたとして1年以上前から司法省の調査を受けており、この度、有線通信不正行為、記録偽造、選挙資金違反、共謀罪等の罪で起訴されました。

なお、Duncan被告人はSteamでのゲーム購入について、息子が自分のクレジットカードを用いて勝手に行ったことであると主張しており、まだ返済は行われていないとのこと。ちなみに、The San Diego Union-TribuneによればSteamに使用された総額は1,302ドル(記事執筆現在で約15万円)。加えて、Kotakuの公開している明細から、購入したゲームは5ドルのものから90ドルのものまで多岐にわたることが明らかになっています。

また、これを受けた選挙管理委員会のアナリストは、同被告人らに経費の説明、申告書の作成と個人経費の払い戻しを要求しています。同被告人はゲームにおける表現規制反対派の議員として知られていました。

CNNでは、両被告人が、どのようなものに選挙資金を不正利用したのか、などが記載されている起訴状も公開されています。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』メディア向けセッションレポ―北瀬Pが語るただのリメイクじゃない理由【E3 2019】

    『FINAL FANTASY VII REMAKE』メディア向けセッションレポ―北瀬Pが語るただのリメイクじゃない理由【E3 2019】

  2. 白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

    白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

  3. 実際のゲーム画面ではありません!?『バイオショック2』ビッグシスターの精巧コスプレ

    実際のゲーム画面ではありません!?『バイオショック2』ビッグシスターの精巧コスプレ

  4. 『サイバーパンク2077』E3でキアヌに愛を叫んだ男性に「コレクターズ・エディション」が贈呈?思いがけない幸運

  5. 98年風『バイオショック』のデメイク映像!―ビッグダディの不気味さがより一層…

  6. 『レッド・デッド・リデンプション2』のサントラが7月12日に発売―予約注文で2曲が先行DL可能

  7. 半裸実写格闘『ブリーフカラテ』世界大会が大阪で開催決定―世界よ、これがブリーフカラテだ!

  8. 『Fallout 76 Power Armor Edition』生地が違うと問題になった特典バッグの交換が開始?ユーザーが写真投稿

  9. バイオレンスの宴!『Doom』過激化Mod「Brutal Doom」v21機能紹介トレイラー

  10. PC版『シェンムー3』Epic Gamesストア時限独占に伴う何らかの対応を検討

アクセスランキングをもっと見る

page top