『グウェント』スピンオフ『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』は独立した30時間超のシングルプレイヤーRPGに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『グウェント』スピンオフ『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』は独立した30時間超のシングルプレイヤーRPGに

『グウェント 奪われし玉座』のタイトル名が『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』に変更され、本格的なシングルプレイヤーRPG形式の独立したスピンオフとして制作されていることが明らかになりました。

家庭用ゲーム PS4
『グウェント』スピンオフ『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』は独立した30時間超のシングルプレイヤーRPGに
  • 『グウェント』スピンオフ『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』は独立した30時間超のシングルプレイヤーRPGに

CD Projekt REDが贈る対戦カードゲーム『グウェント』のシングルプレイヤーキャンペーンとしてアナウンスされた『グウェント 奪われし玉座(GWENT: Thronebreaker)』ですが、同作が『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』に名を変え、本格的なシングルプレイヤーRPG形式の独立したスピンオフとして制作されていることが明らかになりました。

これは、CD Projekt REDの財務決算で明らかにされたもの。海外掲示板Redditにて映像クリップ付きで纏められた内容によれば、本作は30時間超のシングルプレイヤーRPGであるとのことです。ただし、ゲーム内容そのものは変わらず、『グウェント』のスピンオフ元である『ウィッチャー』のようなゲームではなく、ゲーム内の行動は『グウェント』で決着が付けられます。


なお、『グウェント』と『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』はそれぞれ独立したアプリケーションになる(グウェント内の1モードではない)とのことですが、アカウントはそれぞれ連動可能。同作の詳細は今後正式発表予定となっています。

『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』は2018年にPC/PS4/Xbox Oneにてリリース予定です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『アサシン クリード オデッセイ』最後のエピソードDLC「アトランティスの裁き」が配信開始

    『アサシン クリード オデッセイ』最後のエピソードDLC「アトランティスの裁き」が配信開始

  2. 『オーバーウォッチ』真夏の祭典「サマー・ゲーム2019」が開幕―勝利でスキンが手に入る「ウィークリーチャレンジ」も実装

    『オーバーウォッチ』真夏の祭典「サマー・ゲーム2019」が開幕―勝利でスキンが手に入る「ウィークリーチャレンジ」も実装

  3. ゾンビサバイバル『DayZ』のこれから―Modサポートや建築など

    ゾンビサバイバル『DayZ』のこれから―Modサポートや建築など

  4. 『Apex Legends』チート対策を一部紹介―「チーター・スパム同士をマッチメイク」「機械学習BAN」「二段階認証必須化」など

  5. 『Fallout 76』7月16日23時より新パッチ配信メンテナンス―低レベルキャラのサポート拡充など

  6. 『レインボーシックス シージ』破片が窓やドアのバリケードに残ったままになる問題など、要望された修正の対応予定を更新

  7. 『ボーダーランズ3』クロスプラットフォームマルチプレイは発売後の実装に

  8. 『JUDGE EYES:死神の遺言』弁護士時代の八神を知る人々が公開―神室町が誇る膨大なミニゲームも一挙紹介

  9. 『熱血硬派くにおくん外伝 RiverCity Girls』海外イベントでのプレイ映像が公開!

  10. 『キングダムカム・デリバランス』プレスツアー in チェコ―開発元「Warhorse Studios」へ潜入!

アクセスランキングをもっと見る

page top