Valve、新Steam作品表現ルールの途中経過を報告―「成人向け」フィルターの細分化なども | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valve、新Steam作品表現ルールの途中経過を報告―「成人向け」フィルターの細分化なども

Valveは、開発ブログを更新し、先日発表された新たなSteam作品表現ルールを実施するための前段階となる各種機能の開発状況についての進捗を明らかにしました。

ニュース ゲーム業界
Valve、新Steam作品表現ルールの途中経過を報告―「成人向け」フィルターの細分化なども
  • Valve、新Steam作品表現ルールの途中経過を報告―「成人向け」フィルターの細分化なども
  • Valve、新Steam作品表現ルールの途中経過を報告―「成人向け」フィルターの細分化なども
  • Valve、新Steam作品表現ルールの途中経過を報告―「成人向け」フィルターの細分化なども
Valveは、開発ブログを更新し、先日発表された新たなSteam作品表現ルールを実施するための前段階となる各種機能の開発状況についての進捗を明らかにしました。

事の発端は2018年、Steamでビジュアルノベルを中心としたいくつかの性的コンテンツを含むタイトル審査が遅延させられていたとみられる事象。2018年5月には、性的コンテンツを含むタイトル群に対し、不明瞭な基準による「Steamからの削除もしくは内容修正」が勧告され、議論が巻き起こります。結果としてValve側は、「明白なトロール(いたずら)」以外のタイトルについて適切なツールの整備後に一切の制限を廃する、と告知することとなりました。

Valveは、上記の出来事に際し、先日から行われていた「開発者&パブリッシャーホームページの追加」「近日登場ゲームリストの機能更新」の改良、追加されたばかりの「開発者、パブリッシャー、キュレーターのスルー機能」が一連の流れに関連したものであると公表。アカウント個人設定のゲームタグフィルターも3つから10つまで設定可能にし、“おすすめ”だけでなく“最も人気のあるタグ”でもスルーされるように変更したとのことです。


また、検索時に該当のゲームが“成人向けコンテンツ”や“その他のユーザー設定”で除外されていた場合に、理由を含め安全な方法で知らせる機能を追加。一般的な内容に関する“成人向けコンテンツ”と、明白に性的な内容に関する“成人向け”のフィルターもそれぞれ追加されています。


さらに、暴力的または性的なコンテンツを含むゲームの開発者には、コンテンツが表示される際の文脈をユーザーが知ることができるよう、その内容の説明を義務付けたとしました。

『Shining Song Starnova』

Steamにおけるビジュアルノベルや美少女ゲームに関しては、2018年5月以降、「適切なツールの整備後」という形でいくつかのタイトルが一時差止めされてしまっています。Love in Spaceのノベル『Shining Song Starnova』は、GOG.comで一般タイトルとしてリリースされたものの、その後もSteamの審査を行えず、「GOG.comよりも更に自主規制を強めたバージョン」を作成しました(未だリリースされず)。中には本来のリリース予定より半年以上も差し止められているタイトルがあり、一部のデベロッパーには8月中旬の段階で今後数カ月は一時差止めが続く事が告知されています。

一方、昨今Steamでは、「Hentai」「Oppai」「Opai」などの名称を持つ、いわゆる“アセットフリップ”に近い作りの廉価なミニゲームが多数リリース。中には、前述の一時差止めされたタイトルよりも過激な描写のCGが含まれていたり、ワークショップなどを介し完全に成人向けのコンテンツの提供がなされていたり、その後全く別のゲームが“アップデート”として混入されたりなど、他のゲームとの対象性を著しく欠く内容のタイトルもリリースされました。(当該タイトルはその後ストア削除)なお、それらのミニゲームでは使用されている画像の無断利用疑惑も生じています。

Valveは、「ストアから有害因子を取り除く努力」として、今回のブログエントリ内でも、実際にゲームを制作して販売するための誠実な努力にはまるで興味がない「ゲームの形をしたオブジェクト」をリリースするだけの開発者を、「過去に何を行ったのか、Steamにおける開発者としてや顧客としての振る舞い、銀行情報、提携している開発者など」に渡る徹底的な評価により「明白なトロール」として排除しているとしました。

しかしながら、前述のような現象も起こってしまっている状況で、新基準の開始を果たせるのでしょうか。今後の展開にも注目が集まります。なお、Valveは今回のブログエントリ上にて、具体的な新Steam作品表現ルールの開始時期については触れていません。
《Arkblade》
Arkblade

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 小林裕幸氏がカプコンを退職し、NetEase Gamesへ移籍―『デビルメイクライ』『バイオ』『戦国BASARA』などでプロデューサーを務めた人物

    小林裕幸氏がカプコンを退職し、NetEase Gamesへ移籍―『デビルメイクライ』『バイオ』『戦国BASARA』などでプロデューサーを務めた人物

  2. 『GTA V』販売本数1.7億本突破をテイクツーが報告―次回作『GTA 6』への言及も

    『GTA V』販売本数1.7億本突破をテイクツーが報告―次回作『GTA 6』への言及も

  3. 「ソニーがGame Passへのゲーム配信を妨げている」?―ブラジルでのマイクロソフト主張の真贋は、そして『CoD』は独占にはせず【UPDATE】

    「ソニーがGame Passへのゲーム配信を妨げている」?―ブラジルでのマイクロソフト主張の真贋は、そして『CoD』は独占にはせず【UPDATE】

  4. 【期間限定無料】多彩な一皿を素早く調理し提供!料理ACT『Cook, Serve, Delicious! 3?!』Epic Gamesストアで配布開始

  5. “NFTをサポートしない”宣言に猛反発―『マイクラ』ワールドをNFT化する企業が開発元を批判

  6. 名越スタジオが公式HP開設!NetEase Games出資でコンソール中心にワールドワイド向けハイエンドタイトルの開発目指す

  7. (※ネタバレあり)『Stray』重要なヒントを見逃すな!人類の遺した情報から世界の謎に迫れるか【ゲームで英語漬け#103】

  8. 週末セール情報ひとまとめ『EVERSPACE 2』『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』『真・女神転生IV』『世界樹の迷宮X』他

  9. 3DSの名作を“お得に買える”最後のチャンス!あの人気作・プレミアソフトが500円や1,000円で―アトラス、バンナム、LEVEL5など各社が展開

  10. 『デビル メイ クライ 5』などの戦闘デザインを手掛けた吉田亮介氏がカプコンを退社―今後は新たな環境で次世代機向け開発へ

アクセスランキングをもっと見る

page top