オンラインゲームで負けたロシアの15歳少年、チェーンソーを使って自殺…「自殺扇動コミュニティ」関与か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

オンラインゲームで負けたロシアの15歳少年、チェーンソーを使って自殺…「自殺扇動コミュニティ」関与か

海外メディアの報道より、ロシア・トムスクに住む15歳の少年がオンラインゲームのプレイ後に、チェーンソーを使って自殺したことが明らかになりました。

ゲーム文化 カルチャー
オンラインゲームで負けたロシアの15歳少年、チェーンソーを使って自殺…「自殺扇動コミュニティ」関与か
  • オンラインゲームで負けたロシアの15歳少年、チェーンソーを使って自殺…「自殺扇動コミュニティ」関与か
  • オンラインゲームで負けたロシアの15歳少年、チェーンソーを使って自殺…「自殺扇動コミュニティ」関与か
海外メディアの報道より、ロシア・トムスクに住む15歳の少年がオンラインゲームのプレイ後に、チェーンソーを使って自殺したことが明らかになりました。

Game RantThe Sunによれば、Pavel Mateevさんは、9月4日の朝に自身が熱中していたオンラインゲームで敗北した後、家の裏庭でチェーンソーを使って自身の頭を切断したとのこと。このゲームのタイトルは明かされていませんが、Pavel君はかなりの時間をこのゲームに注ぎ込んでいたことが伝えられています。

この事件について、ロシアの捜査当局は背景に何者かによる自殺への扇動があった可能性を確認しています。詳細は不明ながら、メッセンジャーアプリ「WhatsApp」のハッキングを通じた自殺教唆である「Momo Challenge(自殺を含む特定のタスクを達成しないと個人情報を公開するなどと脅す行為)」や、「自殺ゲーム」と称されるコミュニティ「青い鯨(Blue Whale)」の関連も疑われています。

The Sunによれば、捜査当局は「自殺ほう助の可能性」以外について公表しておらず、事件に関連するその他の詳細を伝えていないということです。
《吉河卓人》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 46 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 10年前と今を比べる「#10yearchallenge」ゲーマーの間でも流行中?ゲラルトやValveをイジる

    10年前と今を比べる「#10yearchallenge」ゲーマーの間でも流行中?ゲラルトやValveをイジる

  2. SFCのカルトRPG『ドラッケン』続編『スーパードラッケン』Steam英語版が配信!

    SFCのカルトRPG『ドラッケン』続編『スーパードラッケン』Steam英語版が配信!

  3. 世界初の格闘ゲーマー写真展「FIGHTING GAME COMMUNITY」2月1日から開催決定―ときど、ウメハラなど

    世界初の格闘ゲーマー写真展「FIGHTING GAME COMMUNITY」2月1日から開催決定―ときど、ウメハラなど

  4. 『Cuphead』開発元、次回作について「かなり壮大」なアイデアがあると明かす

  5. 『フォートナイト』豪で開催の公式大会がニコ生で生中継決定!日本語解説や同時通訳も

  6. 『フォートナイト』アイスキングによってマップ全域が雪に覆われる!一度だけのイベントで

  7. 『NieR:Automata』新カラーリングの「2B」がブリングアーツに登場!組み合わせ可能な「ウェポンコレクション 」も公開

  8. 『フォートナイト』クリエイティブで「ミレニアム・ファルコン」を中身まで完全再現したファン現る

  9. 『キングダム ハーツIII』カフェ2月2日より開催決定!キャンペーンメニューの提供や限定グッズの販売を予定

  10. 『ペルソナ5』ジョーカーやモルガナたちがキュートに!Funko新作フィギュア発表―『ギアーズ』や『オーバーウォッチ』も

アクセスランキングをもっと見る

page top