手描きアニメアクションADV『フォーゴットン・アン』に骨太RPG『ヴァンブレイス:コールドソウル』の2本立て、コーラス・ワールドワイドブースレポ!【TGS 2018】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

手描きアニメアクションADV『フォーゴットン・アン』に骨太RPG『ヴァンブレイス:コールドソウル』の2本立て、コーラス・ワールドワイドブースレポ!【TGS 2018】

2018年9月20日より開催された「東京ゲームショウ 2018」。インディーコーナー、コーラス・ワールドワイドブースでは、美麗な手描きアニメが特徴のアクションアドベンチャー『フォーゴットン・アン』と、重厚なRPG『ヴァンブレイス:コールドソウル』が展示されていました。

家庭用ゲーム PS4
手描きアニメアクションADV『フォーゴットン・アン』に骨太RPG『ヴァンブレイス:コールドソウル』の2本立て、コーラス・ワールドワイドブースレポ!【TGS 2018】
  • 手描きアニメアクションADV『フォーゴットン・アン』に骨太RPG『ヴァンブレイス:コールドソウル』の2本立て、コーラス・ワールドワイドブースレポ!【TGS 2018】
  • 手描きアニメアクションADV『フォーゴットン・アン』に骨太RPG『ヴァンブレイス:コールドソウル』の2本立て、コーラス・ワールドワイドブースレポ!【TGS 2018】
  • 手描きアニメアクションADV『フォーゴットン・アン』に骨太RPG『ヴァンブレイス:コールドソウル』の2本立て、コーラス・ワールドワイドブースレポ!【TGS 2018】
  • 手描きアニメアクションADV『フォーゴットン・アン』に骨太RPG『ヴァンブレイス:コールドソウル』の2本立て、コーラス・ワールドワイドブースレポ!【TGS 2018】
  • 手描きアニメアクションADV『フォーゴットン・アン』に骨太RPG『ヴァンブレイス:コールドソウル』の2本立て、コーラス・ワールドワイドブースレポ!【TGS 2018】
  • 手描きアニメアクションADV『フォーゴットン・アン』に骨太RPG『ヴァンブレイス:コールドソウル』の2本立て、コーラス・ワールドワイドブースレポ!【TGS 2018】
  • 手描きアニメアクションADV『フォーゴットン・アン』に骨太RPG『ヴァンブレイス:コールドソウル』の2本立て、コーラス・ワールドワイドブースレポ!【TGS 2018】
  • 手描きアニメアクションADV『フォーゴットン・アン』に骨太RPG『ヴァンブレイス:コールドソウル』の2本立て、コーラス・ワールドワイドブースレポ!【TGS 2018】

2018年9月20日より開催された「東京ゲームショウ 2018」。インディーコーナー、コーラス・ワールドワイドブースでは、日本人にも親和性の高い絵柄の美麗な手描きアニメが特徴のアクションアドベンチャー『フォーゴットン・アン』と、ランダム生成のステージ、シビアなバランスなどが魅力の重厚なRPG『ヴァンブレイス:コールドソウル』が展示されていました。

『フォーゴットン・アン』は、ThroughLine Gamesが手がけたアクションアドベンチャーです。本作の舞台は、人間世界で忘れられたモノ達が集い、命を持ち“フォーゴットンリング”として活動する世界「フォーゴットンランド」。プレイヤーは、フォーゴットンリングたちの管理人「執行官」を務める主人公の人間の女性“アン”を操り、物語を展開していきます。


キャッチコピーの「アニメーション映画の世界に飛び込もう!」の通り、セルアニメの手法で、手描きで作られたキャラのグラフィックとアニメーションが本作の最大の特徴です。


もちろん、インタラクティブ要素も十分。ゲームの大部分を占めるパズルやジャンプアクションも備えた横スクロールアドベンチャーパートだけでなく、物語の随所でアンの選択を選び、彼女の性質を形作っていくのはただのアニメ映画ではありえない感覚です。



一見おとなしいように見えますが、問答無用で反乱者を始末する冷徹さやパワフルさも兼ね備えた“プロフェッショナル”な女性であるアンの姿にも注目です。


もう一方のタイトル、『ヴァンブレイス:コールドソウル』は、ホラーADV『The Coma』シリーズを手がけたDevespresso Gamesが開発中の2D RPG。


死んだ父より託された、外すことのできない魔法のヴァンブレイス(腕甲)を身につけた女性“リリック”が、父の遺言に従い訪れた、影の王の手により氷に封印された土地「イセネイア」が本作の舞台。リリックは地下に逃げ、拠点となる街「ダリアーチ」を築き細々と生き残った人々と共に、闇の王率いる邪悪な「グリーンフレイム」よりの地上の開放を目指す冒険を繰り広げることになります。


ゲームは、基本的には横スクロール画面で展開。複数の横スクロール面「エリア」から構成される、「セクター」を1つずつクリアしていくことになります。各エリアの内容は毎回ランダムとなる上、凶悪なトラップや敵も多数控えています。


戦闘は、敵味方ともに、手番ごとに攻撃やスキルを使用していく形式。攻撃の届く距離の概念もあります。HPの他精神力も用意されており、こちらが無くなっても死んでしまうことになるので注意です。


冒険はリリックを含めた4人パーティーで展開しますが、仲間はランダム生成のキャラクターであり、街の集会所で加えていくことになります。一旦死んでしまえば蘇ることはない、ハードコアな仕様です。


体力だけでなく、各種状態異常を含む、回復が行えるポイントも限られている上、パーティーのスキル次第では休息にペナルティがある可能性もあり、撤退の判断も重要です。またセクターに長居しすぎると画面左下のゲージが溜まっていき、一定量以上で探索続行に大きなペナルティも。

近年その姿を見ることも多くなった、難易度が高くランダム要素の強いハードコアRPGである本作。同系のタイトルと大きく異なるのはストーリーを重視している点で、リリックが身につけたヴァンブレイスや、父の死の謎など多くの物語が展開していきます。クエストの中には目的のアイテムを複数の人物が求めている、といったケースも。

なお、コーラス・ワールドワイドのカントリーマネージャー、大柳氏によれば、今後も同社では本格的な海外インディータイトルを準備しているとのこと。また、それとは別に比較的カジュアルなタイトルや、配信中の懐かしゲームブック原作のRPG『ファイティング・ファンタジー レジェンド ポータル』に代表されるような渋いセンスのタイトルもあるとのことなので期待して待ちましょう。


『フォーゴットン・アン』、『ヴァンブレイス:コールドソウル』共にPS4/スイッチ向けに2019年春発売予定です。
《Arkblade》

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Stellar Blade』主人公イヴの1/4フィギュアが制作中。完成前でも分かる美しすぎるボディライン…

    『Stellar Blade』主人公イヴの1/4フィギュアが制作中。完成前でも分かる美しすぎるボディライン…

  2. 誰もいない星を探索する『Europa』、スイッチ版の配信決定!広大で鮮やかな世界を駆け巡れ【Indie World 2024.4.17】

    誰もいない星を探索する『Europa』、スイッチ版の配信決定!広大で鮮やかな世界を駆け巡れ【Indie World 2024.4.17】

  3. 『Rise of the Ronin』武技全般の性能が上方修正!壁際での戦闘におけるカメラの修正も

    『Rise of the Ronin』武技全般の性能が上方修正!壁際での戦闘におけるカメラの修正も

  4. 高評価海洋ADV『デイヴ・ザ・ダイバー』も!「PS Plus」2024年4月度ゲームカタログ追加タイトル配信開始

  5. リヴァイアサンも登場する『FF16』DLC第二弾「The Rising Tide《海の慟哭》」配信開始!―広大なミシディアに眠る「悲劇」と隠された歴史

  6. 己の失敗と向き合う時が来た…PS5/PS4版『Darkest Dungeon II』7月15日配信決定

  7. 「PS Plus」ゲームカタログ、一部FFシリーズの提供終了が近づく『FF7』『FF10/10-2』など7タイトルが対象

  8. お紳士様の憩い場『バニーガーデン』早速話題を集めXトレンド1位に―購入した人だけが楽しむためにASMRシーン配信禁止など動画配信のガイドラインも公開

  9. 和風メトロイドヴァニア『ボウと月夜の碧い花』国内スイッチ・PS5版も7月18日に発売決定【Indie World 2024.4.17】

  10. お紳士の憩いの場で恋愛を育む『バニーガーデン』スイッチ版配信開始! Steam版配信日も近日発表

アクセスランキングをもっと見る

page top