ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける

ガンと闘病中の12歳の少年から届けられた『Fallout 76』を熱望する声に、ベセスダ・ソフトワークスがプレゼント付きで暖かく応じたことが海外メディアより報じられました。

ゲーム文化 カルチャー
Facebookより
  • Facebookより
  • Facebookより
  • Facebookより

ガンと闘病中の12歳の少年から届けられた『Fallout 76』を熱望する声に、ベセスダ・ソフトワークスがプレゼント付きで暖かく応じたことが海外メディアより報じられました。

海外メディアは、ベセスダ・ソフトワークスが珍しいガンに罹患している12歳の少年の『Fallout 76』をプレイしたいという希望に手を差し伸べたと伝えています。

Eurogamerおよび少年のFacebookによると、バージニア州ハンプトンの12歳の少年・ウェス君は5歳のころからガンとの闘病を続けているとのこと。医師の提案によって治療を止めて数日、ウェス君は自分が『Fallout 76』をプレイできないであろう事実に気付き、泣いてしまいました。ウェス君は『Fallout 76』のパワーアーマー・エディションをアナウンス直後に予約するほどのファンです。


この声を受け、ベセスダのアシスタントディレクターであるMatt Grandstaff氏は、車で4時間かけて会社から病院を訪問。ウェス君にゲーム本編をプレゼントしました。さらに、トッド・ハワード氏のサインが入ったプロトタイプのパワーアーマーヘルメットも贈呈。かくして、ウェス君は熱望していた『Fallout 76』のプレイヤーとなることができました。


長くプレイし続けることはできなかったものの、『Fallout 76』を遊んでいた時間はウェス君の心にかなり響いたご様子。彼の両親からも、関係者やチームに強く感謝するコメントがFacebook上で届けられています。
《杉元悠》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 38 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ジャストコーズ4』のイースターエッグであの高難易度インディーゲームが!? しかも…【ネタバレ注意】

    『ジャストコーズ4』のイースターエッグであの高難易度インディーゲームが!? しかも…【ネタバレ注意】

  2. 『DOOM』25周年記念映像公開!ドゥームスレイヤーの戦いは続く……【UPDATE】

    『DOOM』25周年記念映像公開!ドゥームスレイヤーの戦いは続く……【UPDATE】

  3. オーストラリアのストリーマー『フォートナイト』配信中に妻へ暴力を振るい逮捕

    オーストラリアのストリーマー『フォートナイト』配信中に妻へ暴力を振るい逮捕

  4. ハリウッド実写映画『ソニック・ザ・ムービー』ポスタービジュアル解禁!青いシルエットが最高にクール

  5. 『バイオハザード RE:2』&『デビル メイ クライ 5』Coming Soonキャンペーン実施―PS4ハード購入で「2タイトル合同ステッカー」をプレゼント!

  6. キモカワ乱闘物理ACT『Sumo』Steam早期アクセス開始ーマルチプレイにも対応

  7. 『SCUM』「排泄物から拳銃」「陰茎サイズ設定」など小ネタ満載の公認実写映像!

  8. 『オーバーウォッチ』冬イベント「ウィンター・ワンダーランド 2018」の開催が発表!

  9. 『CS: GO』バトロワ「Danger Zone」の意味深暗号『Portal』新作を匂わせるも公式は否定【UPDATE】

  10. GOTYは『ゴッド・オブ・ウォー』に決定!【TGA2018】

アクセスランキングをもっと見る

page top