ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける

ガンと闘病中の12歳の少年から届けられた『Fallout 76』を熱望する声に、ベセスダ・ソフトワークスがプレゼント付きで暖かく応じたことが海外メディアより報じられました。

ゲーム文化 カルチャー
Facebookより
  • Facebookより
  • Facebookより
  • Facebookより

ガンと闘病中の12歳の少年から届けられた『Fallout 76』を熱望する声に、ベセスダ・ソフトワークスがプレゼント付きで暖かく応じたことが海外メディアより報じられました。

海外メディアは、ベセスダ・ソフトワークスが珍しいガンに罹患している12歳の少年の『Fallout 76』をプレイしたいという希望に手を差し伸べたと伝えています。

Eurogamerおよび少年のFacebookによると、バージニア州ハンプトンの12歳の少年・ウェス君は5歳のころからガンとの闘病を続けているとのこと。医師の提案によって治療を止めて数日、ウェス君は自分が『Fallout 76』をプレイできないであろう事実に気付き、泣いてしまいました。ウェス君は『Fallout 76』のパワーアーマー・エディションをアナウンス直後に予約するほどのファンです。


この声を受け、ベセスダのアシスタントディレクターであるMatt Grandstaff氏は、車で4時間かけて会社から病院を訪問。ウェス君にゲーム本編をプレゼントしました。さらに、トッド・ハワード氏のサインが入ったプロトタイプのパワーアーマーヘルメットも贈呈。かくして、ウェス君は熱望していた『Fallout 76』のプレイヤーとなることができました。


長くプレイし続けることはできなかったものの、『Fallout 76』を遊んでいた時間はウェス君の心にかなり響いたご様子。彼の両親からも、関係者やチームに強く感謝するコメントがFacebook上で届けられています。
《杉元悠》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. メトロかタクシーでも使ってろ!『GTA V』で免許を剥奪されたプレイヤーが海外で話題に

    メトロかタクシーでも使ってろ!『GTA V』で免許を剥奪されたプレイヤーが海外で話題に

  2. 「サイバーパンク エッジランナーズ」前日譚キャラ成りきりMod公開!デザイナー本人もハートマークで反応

    「サイバーパンク エッジランナーズ」前日譚キャラ成りきりMod公開!デザイナー本人もハートマークで反応

  3. 「Steam Nextフェス 10月エディション」開催!近日発売予定ゲームの体験版が多数公開

    「Steam Nextフェス 10月エディション」開催!近日発売予定ゲームの体験版が多数公開

  4. 「ゲーミングマッスル」でゲーマーの第二の筋肉を作る―ダンロップがeスポーツに新規参入、スパイギアも太鼓判を押す

  5. 20年前にお蔵入りとなった「デューン砂の惑星」原作GBAゲームがSteam配信!

  6. 爆発オチ回避ADV『McPixel 3』日本語にも対応した新デモ配信!

  7. 「史上最悪のゲーム」が子供たちの笑顔に!チャリティーゲームイベント「Desert Bus for Hope」11月開催

  8. 終末世界でグールを撃ちまくり!?初期『Fallout』風の見た目が楽しい『DOOM』Modトレイラー

  9. 「サイバーパンク エッジランナーズ」の舞台裏も!TRIGGER密着ドキュメンタリーが「NHKワールド JAPAN」で放送決定

  10. 『GTA 6』内容リークは“本物”―ロックスターが疑惑に公式コメント“情報は漏れたが開発は予定通り進める”

アクセスランキングをもっと見る

page top