ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける

ガンと闘病中の12歳の少年から届けられた『Fallout 76』を熱望する声に、ベセスダ・ソフトワークスがプレゼント付きで暖かく応じたことが海外メディアより報じられました。

ゲーム文化 カルチャー
Facebookより
  • Facebookより
  • Facebookより
  • Facebookより

ガンと闘病中の12歳の少年から届けられた『Fallout 76』を熱望する声に、ベセスダ・ソフトワークスがプレゼント付きで暖かく応じたことが海外メディアより報じられました。

海外メディアは、ベセスダ・ソフトワークスが珍しいガンに罹患している12歳の少年の『Fallout 76』をプレイしたいという希望に手を差し伸べたと伝えています。

Eurogamerおよび少年のFacebookによると、バージニア州ハンプトンの12歳の少年・ウェス君は5歳のころからガンとの闘病を続けているとのこと。医師の提案によって治療を止めて数日、ウェス君は自分が『Fallout 76』をプレイできないであろう事実に気付き、泣いてしまいました。ウェス君は『Fallout 76』のパワーアーマー・エディションをアナウンス直後に予約するほどのファンです。


この声を受け、ベセスダのアシスタントディレクターであるMatt Grandstaff氏は、車で4時間かけて会社から病院を訪問。ウェス君にゲーム本編をプレゼントしました。さらに、トッド・ハワード氏のサインが入ったプロトタイプのパワーアーマーヘルメットも贈呈。かくして、ウェス君は熱望していた『Fallout 76』のプレイヤーとなることができました。


長くプレイし続けることはできなかったものの、『Fallout 76』を遊んでいた時間はウェス君の心にかなり響いたご様子。彼の両親からも、関係者やチームに強く感謝するコメントがFacebook上で届けられています。
《杉元悠》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 38 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ハリウッド実写映画「名探偵ピカチュウ」可愛さがクセになる海外ティーザー映像

    ハリウッド実写映画「名探偵ピカチュウ」可愛さがクセになる海外ティーザー映像

  2. 『フォートナイト』銃玩具「ナーフ」ラインナップが発表、海外予約開始!

    『フォートナイト』銃玩具「ナーフ」ラインナップが発表、海外予約開始!

  3. Twitch主催『Apex Legends』初の公式大会でNinja率いるチームが優勝

    Twitch主催『Apex Legends』初の公式大会でNinja率いるチームが優勝

  4. オリジナル版の雰囲気を再現する『バイオハザード RE:2』UI変更Modが登場!

  5. 野良連合が『レインボーシックス シージ』プロリーグ「Six Invitational 2019」本戦に出場決定

  6. ハリウッド実写映画『名探偵ピカチュウ』続編がすでに製作中であることが明らかに

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. NES版『スーパーマリオブラザーズ』激レア未開封品が約1,100万円で落札―二都市のみでテスト販売された逸品

  9. PC版『バイオハザード RE:2』に一人称カメラ視点でプレイできるModが登場

  10. 海外版ポケモンカードの初期ボックスがオークションにて約620万円で落札!高騰の原因は「リザードン」?

アクセスランキングをもっと見る

page top