ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける

ガンと闘病中の12歳の少年から届けられた『Fallout 76』を熱望する声に、ベセスダ・ソフトワークスがプレゼント付きで暖かく応じたことが海外メディアより報じられました。

ゲーム文化 カルチャー
Facebookより
  • Facebookより
  • Facebookより
  • Facebookより

ガンと闘病中の12歳の少年から届けられた『Fallout 76』を熱望する声に、ベセスダ・ソフトワークスがプレゼント付きで暖かく応じたことが海外メディアより報じられました。

海外メディアは、ベセスダ・ソフトワークスが珍しいガンに罹患している12歳の少年の『Fallout 76』をプレイしたいという希望に手を差し伸べたと伝えています。

Eurogamerおよび少年のFacebookによると、バージニア州ハンプトンの12歳の少年・ウェス君は5歳のころからガンとの闘病を続けているとのこと。医師の提案によって治療を止めて数日、ウェス君は自分が『Fallout 76』をプレイできないであろう事実に気付き、泣いてしまいました。ウェス君は『Fallout 76』のパワーアーマー・エディションをアナウンス直後に予約するほどのファンです。


この声を受け、ベセスダのアシスタントディレクターであるMatt Grandstaff氏は、車で4時間かけて会社から病院を訪問。ウェス君にゲーム本編をプレゼントしました。さらに、トッド・ハワード氏のサインが入ったプロトタイプのパワーアーマーヘルメットも贈呈。かくして、ウェス君は熱望していた『Fallout 76』のプレイヤーとなることができました。


長くプレイし続けることはできなかったものの、『Fallout 76』を遊んでいた時間はウェス君の心にかなり響いたご様子。彼の両親からも、関係者やチームに強く感謝するコメントがFacebook上で届けられています。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「戦争ゲームは戦争を美化している」―名誉勲章を受章した元海兵隊員が語る

    「戦争ゲームは戦争を美化している」―名誉勲章を受章した元海兵隊員が語る

  2. 『モンスターハンター フロンティア』に12年分の感謝を…「モンハン酒場」にて記念フェアが開催!熱い思い出を語らおう

    『モンスターハンター フロンティア』に12年分の感謝を…「モンハン酒場」にて記念フェアが開催!熱い思い出を語らおう

  3. 『GTA VI』発売まで続く『GTA V』耐久レースが進行中…まもなく900周に突入、既に2週間以上が経過

    『GTA VI』発売まで続く『GTA V』耐久レースが進行中…まもなく900周に突入、既に2週間以上が経過

  4. 『エルシャダイ』一部フリー素材化─商用利用も可能でいいの? 「大丈夫だ、問題ない」

  5. 新作発表に期待がかかる「BlizzCon 2019」詳細スケジュールが公開!

  6. 任天堂直営オフィシャルショップ「Nintendo TOKYO」11月22日グランドオープン決定!人気キャラ大集合の限定オリジナルグッズを販売

  7. 80年代の音楽レコードにコモドール64のプログラムが隠されていた! カセットテープに録音して実行可能

  8. これが最終形態…!『Fallout 4』プレストン・ガービーをスーパーミュータント化するModが登場

  9. ホネホネ恐竜現る!『ARK: Survival Evolved』のハロウィンイベントが開始

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

1
page top