ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける

ガンと闘病中の12歳の少年から届けられた『Fallout 76』を熱望する声に、ベセスダ・ソフトワークスがプレゼント付きで暖かく応じたことが海外メディアより報じられました。

ゲーム文化 カルチャー
Facebookより
  • Facebookより
  • Facebookより
  • Facebookより

ガンと闘病中の12歳の少年から届けられた『Fallout 76』を熱望する声に、ベセスダ・ソフトワークスがプレゼント付きで暖かく応じたことが海外メディアより報じられました。

海外メディアは、ベセスダ・ソフトワークスが珍しいガンに罹患している12歳の少年の『Fallout 76』をプレイしたいという希望に手を差し伸べたと伝えています。

Eurogamerおよび少年のFacebookによると、バージニア州ハンプトンの12歳の少年・ウェス君は5歳のころからガンとの闘病を続けているとのこと。医師の提案によって治療を止めて数日、ウェス君は自分が『Fallout 76』をプレイできないであろう事実に気付き、泣いてしまいました。ウェス君は『Fallout 76』のパワーアーマー・エディションをアナウンス直後に予約するほどのファンです。


この声を受け、ベセスダのアシスタントディレクターであるMatt Grandstaff氏は、車で4時間かけて会社から病院を訪問。ウェス君にゲーム本編をプレゼントしました。さらに、トッド・ハワード氏のサインが入ったプロトタイプのパワーアーマーヘルメットも贈呈。かくして、ウェス君は熱望していた『Fallout 76』のプレイヤーとなることができました。


長くプレイし続けることはできなかったものの、『Fallout 76』を遊んでいた時間はウェス君の心にかなり響いたご様子。彼の両親からも、関係者やチームに強く感謝するコメントがFacebook上で届けられています。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 実際のゲーム画面ではありません!?『バイオショック2』ビッグシスターの精巧コスプレ

    実際のゲーム画面ではありません!?『バイオショック2』ビッグシスターの精巧コスプレ

  2. 『サイバーパンク2077』E3でキアヌに愛を叫んだ男性に「コレクターズ・エディション」が贈呈?思いがけない幸運

    『サイバーパンク2077』E3でキアヌに愛を叫んだ男性に「コレクターズ・エディション」が贈呈?思いがけない幸運

  3. 『レッド・デッド・リデンプション2』のサントラが7月12日に発売―予約注文で2曲が先行DL可能

    『レッド・デッド・リデンプション2』のサントラが7月12日に発売―予約注文で2曲が先行DL可能

  4. 『Fallout 76 Power Armor Edition』生地が違うと問題になった特典バッグの交換が開始?ユーザーが写真投稿

  5. 98年風『バイオショック』のデメイク映像!―ビッグダディの不気味さがより一層…

  6. 白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

  7. バイオレンスの宴!『Doom』過激化Mod「Brutal Doom」v21機能紹介トレイラー

  8. 「DeToNator」代表・江尻勝氏とStreamer・YamatoN氏がASUS JAPANの新製品発表会でゲーミングPCとe-Sportsの今を語る

  9. 『No Man's Sky』開発者達へ目に見える形で感謝を!ファンが心温まる計画を進行中

  10. PC版『シェンムー3』Epic Gamesストア時限独占に伴う何らかの対応を検討

アクセスランキングをもっと見る

page top