『Fallout 4』内で『New Vegas』を再現する大型Modはボイスを独自収録―海外報道 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Fallout 4』内で『New Vegas』を再現する大型Modはボイスを独自収録―海外報道

海外メディアKotakuは、大型Mod『Fallout 4: New Vegas』の制作チームが直面したゲーム内ボイスについての事情を明らかにしました。

ゲーム文化 Mod
『Fallout 4』内で『New Vegas』を再現する大型Modはボイスを独自収録―海外報道
  • 『Fallout 4』内で『New Vegas』を再現する大型Modはボイスを独自収録―海外報道

海外メディアKotakuは、大型Mod『Fallout 4: New Vegas』の制作チームが直面したゲーム内ボイスについての事情を明らかにしました。

『Fallout 3』を『Fallout 4』内で再現するMod「Capital Wasteland」が音声の問題で無期限の開発停止になったことは記憶に新しいですが、これと類似する問題に直面したのが本記事で取り上げている『Fallout 4: New Vegas』。本Modは、『Fallout 4』のエンジンで『Fallout: New Vegas』を再現するものですが、やはり音声の使用は許可されませんでした。

プロジェクトマネージャーのMeta氏は、相当するボイスを取り出すために行う、ゲームのデコンパイルがEULAに違反してしまうこと、許可を得るためには多大な費用がかかり、複数回に及ぶ交渉が必要であることから、ボイスを独自に収録するという決断に至ったことを語っています。

ただし、全てのキャラクターのボイスを収録するのは狂気的であるとし、『Fallout 4: New Vegas』では、全てのキャラクターに声がついた状態、という保証なくリリースされるだろう、とも語られています。

そのほか、収録の苦労なども語られており、先日公開された「Ain't That a Kick In The Head」のセリフ収録はリテイクなども含めて2,3週間にも及んだことなど、制作チームが本Modにかける熱量が確認できます。『Fallout 4: New Vegas』のボイス事情が気になる方は要チェックです。
《杉元悠》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. オープンワールドのサイバーパンク賞金稼ぎTPS『Vigilancer 2099』最新ゲームプレイ映像!

    オープンワールドのサイバーパンク賞金稼ぎTPS『Vigilancer 2099』最新ゲームプレイ映像!

  2. 激しい攻めに耐えられるか…アダルトグッズと連動して激しく振動するハイスピードFPSの“公式Mod”が登場

    激しい攻めに耐えられるか…アダルトグッズと連動して激しく振動するハイスピードFPSの“公式Mod”が登場

  3. ZETA DIVISION「メルトン」さんが“厄介”扱い?『レインボーシックス シージ』に実装された「評価システム」でプレイヤーの素行が試される

    ZETA DIVISION「メルトン」さんが“厄介”扱い?『レインボーシックス シージ』に実装された「評価システム」でプレイヤーの素行が試される

  4. ゾンビを治療して人間に戻すサンドボックス型ラボビルダー『Zombie Cure Lab』早期アクセス開始!

  5. 新世代版『ウィッチャー3』での人気Mod互換性リスト公開! アップデート後は専門チームによるアドバイスも提供

  6. カンフーACT『Sifu』リプレイエディタを追加するタイトルアップデート第3弾配信!

  7. 【G-STAR 2022】『NIKKE』アリスの公式コスプレイヤーの笑顔が最高に愛らしい【写真18枚】

  8. W杯の試合だと騙されサッカーゲームの配信を見てしまう人が多数?実際の試合と同じスコアにする工夫も

  9. 人類の存亡をかけた宇宙ステーション建築シム『IXION』日本語対応で配信!

  10. 『ドラクエ』超貴重な「鳥山明氏のモンスターデザイン画」は必見!『トレジャーズ』発売前に“お宝資料”公開

アクセスランキングをもっと見る

page top