“ドイツパビリオン”でなぜか見かけた日本のゲーム―『婆裟羅 HDコレクション』のコレクタブルパッケージ化が決定【TGS2018】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

“ドイツパビリオン”でなぜか見かけた日本のゲーム―『婆裟羅 HDコレクション』のコレクタブルパッケージ化が決定【TGS2018】

幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ2018」。今年はドイツ・ゲーム産業協会主導による“ドイツパビリオン”が出展しており、Gamescomの紹介やドイツで開発されたゲームの出展を行っていました。

ゲーム文化 イベント
“ドイツパビリオン”でなぜか見かけた日本のゲーム―『婆裟羅 HDコレクション』のコレクタブルパッケージ化が決定【TGS2018】
  • “ドイツパビリオン”でなぜか見かけた日本のゲーム―『婆裟羅 HDコレクション』のコレクタブルパッケージ化が決定【TGS2018】
  • “ドイツパビリオン”でなぜか見かけた日本のゲーム―『婆裟羅 HDコレクション』のコレクタブルパッケージ化が決定【TGS2018】
  • “ドイツパビリオン”でなぜか見かけた日本のゲーム―『婆裟羅 HDコレクション』のコレクタブルパッケージ化が決定【TGS2018】

幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ2018」。今年はドイツ・ゲーム産業協会主導による“ドイツパビリオン”が出展しており、Gamescomの紹介やドイツで開発されたゲームの出展を行っていました。

その中の出展社の一つ、“Strictly Limited Games”ではいわゆるインディー・小規模ゲームのコレクタブルパッケージが出展されていました。同社は『ステレデン』『Guns, Gore & Cannoli』『99Vidas』『チェルシーさんは7の魔神をブッ殺さねばならない。』などをパッケージ化しており、自社サイトで発売しています。

会社としての一押しはのちにEA DICEとなるDigital Illusionsが開発し、歴史の闇に埋もれていったメガドライブ用ソフト『Hardcore』の25年ぶりの復刻なのですが、今回の東京ゲームショウで出展されていたのはなんと『婆裟羅 HDコレクション』!


『婆裟羅』は2000~2001年にビスコが開発したアーケード縦スクロールシューティングで、メカと戦国時代が融合した独創的な世界のシューティングとなっています。ちなみに、「戦国」と付くほうよりも先を行ってます。今回こちらを持ってきたのは同作開発元のQubyteが『99Vidas』のパッケージ版発売を通じて懇意となり、本作のパッケージ化も決まったことから、ということです。

同社はパートナーとなるゲームメーカーを探しているということで、同様のビジネスを行っている会社はアメリカ・アジア地域にもあるのですが、日本人のスタッフがいるのが強みとなっています。パッケージ化を考えているメーカーの方は一度ご相談ください、とのことでした。


ドイツからはもう一社、FDG Entertainmentも『モンスターボーイ 呪われた王国(Monster Boy and the Cursed Kingdom)』を出展。8月には、発売日が11月6日に決定しておりました!
《岩井省吾》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 個人開発の高品質ACT『Bright Memory - Episode 1』が予想外の売上により再開発へ

    個人開発の高品質ACT『Bright Memory - Episode 1』が予想外の売上により再開発へ

  2. 『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

    『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

  3. 『モータルコンバット』科学検証番組第3弾―サブゼロの氷の斧で物は切れるのか?

    『モータルコンバット』科学検証番組第3弾―サブゼロの氷の斧で物は切れるのか?

  4. インディゲームイベント「TOKYO SANDBOX」秋葉原で4月開催ー84スタジオ、120タイトル出展

  5. 本物級!『Apex Legends』人気武器「ピースキーパー」を実際に作ったユーザー現る

  6. アーケード版『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』3月25日AM2:00にオンラインサービス終了へ

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. ピエール瀧がコカイン使用の疑いで逮捕―『JUDGE EYES』『キングダム ハーツIII』にも出演

  9. 『Fallout 76』阿鼻叫喚の「デスクロー迷路」を作るプレイヤー現る―まさに悪夢

  10. タイ産ロボカスタマイズアクションRPG『M.A.S.S. Builder』Kickstarterキャンペーン開始!【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

1
page top