サバイバルホラー『COLINA: Legacy』「古典的ホラーゲームへの感謝を示した作品」【注目インディーミニ問答】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

サバイバルホラー『COLINA: Legacy』「古典的ホラーゲームへの感謝を示した作品」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Chance6 Studios開発、PC/Linux向けに9月14日リリースされたサバイバルホラー『COLINA: Legacy』開発者へのミニインタビューをお届けします。

連載・特集 特集
サバイバルホラー『COLINA: Legacy』「古典的ホラーゲームへの感謝を示した作品」【注目インディーミニ問答】
  • サバイバルホラー『COLINA: Legacy』「古典的ホラーゲームへの感謝を示した作品」【注目インディーミニ問答】
  • サバイバルホラー『COLINA: Legacy』「古典的ホラーゲームへの感謝を示した作品」【注目インディーミニ問答】
  • サバイバルホラー『COLINA: Legacy』「古典的ホラーゲームへの感謝を示した作品」【注目インディーミニ問答】
  • サバイバルホラー『COLINA: Legacy』「古典的ホラーゲームへの感謝を示した作品」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Chance6 Studios開発、PC/Linux向けに9月14日リリースされたサバイバルホラー『COLINA: Legacy』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、3人称視点のサバイバルホラー。祖母の家で目覚めたAlexはただ一人、パズルを解きながら脱出を目指します。『バイオハザード4』のような肩越し視点を採用し、昔のホラーゲームへのオマージュとして開発されたとのこと。記事執筆時点で日本語には対応していません。

『COLINA: Legacy』は980円で配信中





――まずは自己紹介をお願いします。

Steffano de Moura氏(以下de Moura氏):リードプログラマーとテクニカルディレクターを担当するSteffano de Mouraです。現在33歳で、二児の父です。13歳の頃、PCがなかったので紙にプログラムを書き、それがこのキャリアのスタートとなりました。これまでウェブ、デスクトップ、モバイル、バックエンドなど、様々な開発に携わってきましたが、2008年からはゲームエンジンでの開発を始め、今ではゲーム開発が一番気に入っています。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

de Moura氏:本作の開発は、2015年に週末や祝日を使って始まりました。当時は普通の仕事についていたので、開発に時間を割くことはあまりできませんでした。開発はすべてオンライン上で行われ、チームメンバーがこれまで実際に会ったことはありません。この度ついに完成しましたので、皆さんに遊んでいただけるのをとてもワクワクしています。

――本作の特徴を教えてください。

de Moura氏:本作は古典的ホラーゲームへの感謝を示した作品で、パズル要素は脱出ゲームをプレイするかのように難しくなっています。ストーリーには様々な要素が含まれており、驚くような展開もあります。物語が進むに連れ謎が紐解かれて行き、報われたように思えるよう、ゲームデザインをしっかりと練りました。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

de Moura氏:古典的作品の大ファンですので、本作独自の要素は保持しながらも、『サイレントヒル』、『バイオハザード』、『ALAN WAKE』、『アローン・イン・ザ・ダーク』から影響を受けています。私たちの目標は、緊張感がありつつもプレイヤーを驚かせるような展開を提供するということです。

――本作の日本語対応予定はありますか?

de Moura氏:多言語対応を計画しており、日本語はその中の一つです。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

de Moura氏:『COLINA: Legacy』に興味を持っていただき、ありがとうございます。遊んでいただけましたら、ぜひSteamレビューをお願いいたします。本作を楽しんでいただけると嬉しいです。

――ありがとうございました。


《SEKI》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

1
page top