対戦スペースフライトSTG『Evolvation』期間限定無料配信―全ては「誤操作」から始まった? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

対戦スペースフライトSTG『Evolvation』期間限定無料配信―全ては「誤操作」から始まった?

インディーデベロッパーHyperReutsが2017年2月に正式リリースした対戦スペースフライトSTG『Evolvation』。同作がある事件を切っ掛けに突如として大きな注目を浴びているようです。

ゲーム文化 カルチャー
対戦スペースフライトSTG『Evolvation』期間限定無料配信―全ては「誤操作」から始まった?
  • 対戦スペースフライトSTG『Evolvation』期間限定無料配信―全ては「誤操作」から始まった?
  • 対戦スペースフライトSTG『Evolvation』期間限定無料配信―全ては「誤操作」から始まった?

インディーデベロッパーHyperReutsが2017年2月に正式リリースした対戦スペースフライトSTG『Evolvation』。同作がある事件を切っ掛けに突如として大きな注目を浴びているようです。

同作は、2016年8月に早期アクセスを開始、2017年2月に正式リリースされた対戦型のスペースフライトシューティング。プレイヤーは慣性が効いた宇宙を舞台に、5系統の戦闘機を使い分けて、ソロやチームで他のプレイヤーと戦っていくことになります。同作はつい先日までは平時のユーザー数が1桁前半~10数人といったタイトルでした。

全ては、デベロッパーであるHyperReutsが以前に同作のユーザーベースを増やすために10,000個のSteamキーを発行した所から始まります。同社はキーを外部サイト“SteamGifts”を通じて配布しましたが、その多くはゲームのプレイではなく「転売」などに用いられてしまったのこと。なお、HyperReutsは同作の販売で得た収入は合計してもわずか100ドルにも満たなかったとコメントしています。


その後大型バージョンアップを控え、同社は違法に流通している“未使用の”Steamキーの停止を目的とし、キーの停止操作を行いましたが、その操作は実際は有効化済みのキーをも無効化してしまう「誤操作」。たちまちフォーラムやユーザーレビューなどには(ネガティブな)大きい反響が訪れることになりました。

同社は事態の解決を図るべくValveへのコンタクトを行いましたが、キー取り消しの無効化はできないとするだけでなく、キーの再発行も理由明示されないままに却下。結果としてHyperReutsはユーザーのためを考えて『Evolvation』の期間限定無料配信を開始したのが事の流れです。


しかしながら、今度はその期間限定無料の情報が瞬く間にインターネットを駆け抜け、無料化直後の2018年10月8日のピーク時の同時接続ユーザー数がなんと17万人を超える事態に。一時はサーバーにも大きな障害が発生しました。通常、そのレベルでの注目を浴びる事は容易ではないため、不幸な事故から始まったとはいえ、期せずしてチャンスを得ることに成功した同作。上手く実際のユーザーを得ることができることを願うばかりではないでしょうか。

『Evolvation』はSteamにてWindows/Linux向けに期間限定無料配信中。無料配信期間は明示されていません。また、HyperReutsは今回の一連の流れを受けたユーザーからの「Patreonや他の方法でのサポートを行いたい」という声に答えるために、公式サイトにPaypalでの寄付ボタンを用意しています。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ニーア オートマタ』2B&9Sのドールが10月20日から予約開始―「ドルフィードリーム」シリーズから!

    『ニーア オートマタ』2B&9Sのドールが10月20日から予約開始―「ドルフィードリーム」シリーズから!

  2. 怪作『The Stanley Parable』「5年間プレイしない」実績が解除可能に―リリースから5年が経過

    怪作『The Stanley Parable』「5年間プレイしない」実績が解除可能に―リリースから5年が経過

  3. 致命攻撃したくなる!『ダークソウル』コラボアクセサリー「スズメバチの指輪」の予約が開始

    致命攻撃したくなる!『ダークソウル』コラボアクセサリー「スズメバチの指輪」の予約が開始

  4. 思わずごっこ遊びしたくなってしまうクオリティ!『フォートナイト』実写ファンムービー

  5. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  6. 『Fallout 76』Vault-boy型の香炉が海外ストアにて予約開始ーそれカリカリ反応しない?

  7. 「偽グラボ」にご用心?有名ソフト「GPU-Z」に偽グラフィックボード検出機能が搭載

  8. 『エースコンバット』シリーズ架空機「X-02」立体化!?コトブキヤが意味深なシルエットを披露

  9. 視界悪そう…鎧を着て『ダークソウル2』をプレイするストリーマー現る

  10. 『ザ クルー2』JAPAN CUP決勝戦レポ!日本最速の栄冠は誰の手に【UBIDAY 2018】

アクセスランキングをもっと見る

page top