横スクロールロボットアクション『機装猟兵ガンハウンドEX』PC版も販売終了へ―開発会社休業に伴い | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

横スクロールロボットアクション『機装猟兵ガンハウンドEX』PC版も販売終了へ―開発会社休業に伴い

PLAYISMは横スクロールロボットアクションゲーム『機装猟兵ガンハウンドEX』のPC版について、2018年10月16日を持ち、Steam/PLAYISMでの販売を終了することを発表しました。

PC Windows
横スクロールロボットアクション『機装猟兵ガンハウンドEX』PC版も販売終了へ―開発会社休業に伴い
  • 横スクロールロボットアクション『機装猟兵ガンハウンドEX』PC版も販売終了へ―開発会社休業に伴い

PLAYISMは横スクロールロボットアクションゲーム『機装猟兵ガンハウンドEX』のPC版について、2018年10月16日を持ち、Steam/PLAYISMでの販売を終了することを発表しました。

同作は、横スクロールで展開する2Dロボットアクション。10時間のプレイより30分の熱いドラマを100回プレイしてもらおう!というコンセプトの元、重厚な動きのロボットが操作次第で華麗に戦うことが可能です。

今回の販売終了は同作の開発を行ったドラキューの休業に伴うもの。先んじて2018年9月27日にPSP版の販売は終了となっていました。販売再開の見込みは発表されていません。なお、同作開発主要スタッフはその後ガルルソフトウェア研究所を設立。同作及び前作『機装猟兵ガンハウンド』の権利などはそちらに移っています。また、『機装猟兵ガンハウンド』についてはソースコードの公開及びゲームデータの無償公開が行われており、素材としての用途を含め利用することが可能です。

『機装猟兵ガンハウンドEX』はSteam/PLAYISMにおいて、1,480円にて2018年10月16日まで販売中。ドラキューはRising Star Gamesの元、『重装機兵レイノス』のSteam販売も行っていますが、こちらについては販売終了するのかどうか、現時点では明らかにされていません。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』PC版に高解像度テクスチャパック発表!無料DLCとして提供へ

    『モンハン:ワールド』PC版に高解像度テクスチャパック発表!無料DLCとして提供へ

  2. 【吉田輝和の絵日記】原始時代街作りシミュ『Dawn of Man』神になった気分で未開の地に文明を築く!

    【吉田輝和の絵日記】原始時代街作りシミュ『Dawn of Man』神になった気分で未開の地に文明を築く!

  3. Steam、新ライブラリUI情報を公開!所持ゲーム関連イベントを一括確認できる新機能も発表【UPDATE】

    Steam、新ライブラリUI情報を公開!所持ゲーム関連イベントを一括確認できる新機能も発表【UPDATE】

  4. PC版『アサシン クリードIII リマスター』要求スペック公開!4K向けの推奨スペックも

  5. 『ファイプロ ワールド』新DLC「ファイティングロード:Jr.ヘビー級編」配信開始―GDC 2019では新情報も?

  6. 宇宙ステーションADV『Tacoma』期間限定で無料配布中―ストーリーが魅力の高評価タイトル

  7. 青春ホラーADV『Oxenfree』Epic Gamesストアで期間限定無料配布中―次回配布は『The Witness』

  8. 自動工場建設ゲーム『Satisfactory』の早期アクセスが開始―レッツ惑星開拓!【UPDATE】

  9. 中国学生生活ゲーム『中国式家長 / Chinese Parents』日本語版の制作が決定

  10. 『The Outer Worlds』『The Sinking City』Steam販売はローンチ1年後以降に―Epicなど他ストア時限専売のため【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

1
page top