『Fallout 76』Nexus Modsに早くもModが登場―公認ではないため使用には注意 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Fallout 76』Nexus Modsに早くもModが登場―公認ではないため使用には注意

Bethesda Softworksによるシリーズ最新作にして初のオンラインタイトル『Fallout 76』。海外メディアEuroGamerは、Nexus Modsに既にいくつかのModが公開されていることを伝えました。

PC Windows
『Fallout 76』Nexus Modsに早くもModが登場―公認ではないため使用には注意
  • 『Fallout 76』Nexus Modsに早くもModが登場―公認ではないため使用には注意
  • 『Fallout 76』Nexus Modsに早くもModが登場―公認ではないため使用には注意
  • 『Fallout 76』Nexus Modsに早くもModが登場―公認ではないため使用には注意

Bethesda Softworksによるシリーズ最新作にして初のオンラインタイトル『Fallout 76』。海外メディアEurogamerは、Nexus ModsにていくつかのModが公開されていることを伝えました。

E3 2018では「Mod対応はこれまでと100%同じ」と発表された本作。11月15日の発売を控え、B.E.T.A.として限られた時間を遊ぶことができる状態となっていますが、Nexus Modsでは記事執筆時点で既に18種類ものModが公開されています。髪の色の種類を更に増やすものや、ゲーム開始時に表示されるロゴを無効化するもの、メインメニューのループにトレイラーから抜粋した映像を追加するものなど様々です。

Vault 76のジャンプスーツを黒くリテクスチャするModを公開しているModderのNeeher氏によると、これまで通りのやり方ではModdingはできなかったものの、『Fallout 4』と根幹が同じであったために可能であったとのこと。また、マイクロトランザクションが導入された本作ではこれらのModがBethesda側から“脅威”として認識される可能性もあるともしています。もとよりModは自己責任で導入するものではありますが、今回はオンラインタイトルであるため、使用しない、もしくはより一層の注意を払っていく必要があります。

Mod対応はプライベートサーバー限定、かつ2019年11月までModに対応しない可能性があるともされている『Fallout 76』。Mod対応の期待が大きいだけに様々な動きが見えますが、今後の動向に注意していく必要がありそうです。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『セインツロウ 2』PC版、失われたソースコード発見―DLCも収録の新アップデートが準備へ

    『セインツロウ 2』PC版、失われたソースコード発見―DLCも収録の新アップデートが準備へ

  2. 【吉田輝和の絵日記】サイバーパンク系タクシードライバーADV『Neo Cab』乗客と会話しながら失踪した友人を探す!

    【吉田輝和の絵日記】サイバーパンク系タクシードライバーADV『Neo Cab』乗客と会話しながら失踪した友人を探す!

  3. 『ディビジョン2』海外時間10月15日より大型アップデート「TU6」配信開始―新ストーリーやスペシャリゼーションなど

    『ディビジョン2』海外時間10月15日より大型アップデート「TU6」配信開始―新ストーリーやスペシャリゼーションなど

  4. 『PAYDAY』開発者の新作Co-opシューター『GTFO』最新プレイ映像が近日公開! シネマティックティーザー披露

  5. 海外美少女恋愛シムRPG『Love Esquire』配信―あの娘の心を掴むため、いざ自身を鍛え上げろ

  6. 『ストリートファイターV』新キャラ・新コンテンツの情報を11月と12月に公開予定―全キャラ対象の無料DLC「スポーツウェア」は12月配信

  7. 伏見稲荷を散策できるウォーキングシム『Explore Fushimi Inari』Steam配信開始! VR版も用意

  8. オープンワールドシミュレーター『Pine』配信開始ー生き残れ、生態系は刻一刻と変化する

  9. 海外レビュー灰スコア『Postal III』

  10. 『ディビジョン2』大型アップデート「TU6」新情報が続々登場!装備タレント重複無効、新武器「KSG」など

アクセスランキングをもっと見る

page top