『Fallout 76』Nexus Modsに早くもModが登場―公認ではないため使用には注意 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Fallout 76』Nexus Modsに早くもModが登場―公認ではないため使用には注意

Bethesda Softworksによるシリーズ最新作にして初のオンラインタイトル『Fallout 76』。海外メディアEuroGamerは、Nexus Modsに既にいくつかのModが公開されていることを伝えました。

PC Windows
『Fallout 76』Nexus Modsに早くもModが登場―公認ではないため使用には注意
  • 『Fallout 76』Nexus Modsに早くもModが登場―公認ではないため使用には注意
  • 『Fallout 76』Nexus Modsに早くもModが登場―公認ではないため使用には注意
  • 『Fallout 76』Nexus Modsに早くもModが登場―公認ではないため使用には注意

Bethesda Softworksによるシリーズ最新作にして初のオンラインタイトル『Fallout 76』。海外メディアEurogamerは、Nexus ModsにていくつかのModが公開されていることを伝えました。

E3 2018では「Mod対応はこれまでと100%同じ」と発表された本作。11月15日の発売を控え、B.E.T.A.として限られた時間を遊ぶことができる状態となっていますが、Nexus Modsでは記事執筆時点で既に18種類ものModが公開されています。髪の色の種類を更に増やすものや、ゲーム開始時に表示されるロゴを無効化するもの、メインメニューのループにトレイラーから抜粋した映像を追加するものなど様々です。

Vault 76のジャンプスーツを黒くリテクスチャするModを公開しているModderのNeeher氏によると、これまで通りのやり方ではModdingはできなかったものの、『Fallout 4』と根幹が同じであったために可能であったとのこと。また、マイクロトランザクションが導入された本作ではこれらのModがBethesda側から“脅威”として認識される可能性もあるともしています。もとよりModは自己責任で導入するものではありますが、今回はオンラインタイトルであるため、使用しない、もしくはより一層の注意を払っていく必要があります。

Mod対応はプライベートサーバー限定、かつ2019年11月までModに対応しない可能性があるともされている『Fallout 76』。Mod対応の期待が大きいだけに様々な動きが見えますが、今後の動向に注意していく必要がありそうです。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『RAGE 2』『Doom Eternal』などベセスダ新作はSteamでも発売―『Fallout 76』は2019年内に

    『RAGE 2』『Doom Eternal』などベセスダ新作はSteamでも発売―『Fallout 76』は2019年内に

  2. カルト教団運営シム『The Shrouded Isle』が8月にSteam配信!―ローンチトレイラー公開

    カルト教団運営シム『The Shrouded Isle』が8月にSteam配信!―ローンチトレイラー公開

  3. ローグヴァニア『Dead Cells』の販売数が100万本を突破!

    ローグヴァニア『Dead Cells』の販売数が100万本を突破!

  4. 『Morrowind』のグラフィックを大幅に強化させる“Morrowind Overhaul”最新バージョンがリリース

  5. 自動工場建設ゲーム『Satisfactory』の早期アクセスが開始―レッツ惑星開拓!【UPDATE】

  6. 『HEAVY RAIN』など"Quantic Dream"3作品のPC版スペック公開―『Detroit』はVulkan対応

  7. Steam版『GROOVE COASTER』に『UNDERTALE』追加楽曲第二弾が登場!3月26日より配信

  8. 【吉田輝和の絵日記】原始時代街作りシミュ『Dawn of Man』神になった気分で未開の地に文明を築く!

  9. シューター初心者に捧ぐ!「エイム力を磨けるPC用FPS&練習ソフト」4本を徹底比較

  10. オープンワールド宇宙RPG『Astrox Imperium』早期アクセス開始―おなじみだが新鮮な宇宙ゲーム

アクセスランキングをもっと見る

1
page top