『Fallout 76』のMod対応はこれまでと100%同じ ― トッド・ハワード氏が回答【E3 2018】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Fallout 76』のMod対応はこれまでと100%同じ ― トッド・ハワード氏が回答【E3 2018】

E3 2018にて正式発表され、オンラインタイトルとなることが明らかとなった『Fallout 76』。シリーズファンが気になるのは「Mod」への対応ですが、ディレクターのトッド・ハワード氏が「YouTube Live at E3 2018」にてその疑問に答えました。

ゲーム文化 Mod
『Fallout 76』のMod対応はこれまでと100%同じ ― トッド・ハワード氏が回答【E3 2018】
  • 『Fallout 76』のMod対応はこれまでと100%同じ ― トッド・ハワード氏が回答【E3 2018】
  • 『Fallout 76』のMod対応はこれまでと100%同じ ― トッド・ハワード氏が回答【E3 2018】
  • 『Fallout 76』のMod対応はこれまでと100%同じ ― トッド・ハワード氏が回答【E3 2018】
  • 『Fallout 76』のMod対応はこれまでと100%同じ ― トッド・ハワード氏が回答【E3 2018】
  • 『Fallout 76』のMod対応はこれまでと100%同じ ― トッド・ハワード氏が回答【E3 2018】
  • 『Fallout 76』のMod対応はこれまでと100%同じ ― トッド・ハワード氏が回答【E3 2018】

E3 2018にて正式発表され、オンラインタイトルとなることが明らかとなった『Fallout 76』。シリーズファンが気になるのは「Mod」への対応ですが、ディレクターのトッド・ハワード氏が「YouTube Live at E3 2018」にてその疑問に答えました。

トッド・ハワード氏の登場は18:00から。Modへの言及は26:54頃

トッド・ハワード氏の回答によれば、『Fallout 76』は本当に新しいものであるため、まずしっかりと動作する堅牢なサービスをローンチ時点での目標にしているとのこと。そして一定期間が経過した後に、自分のプライベートな世界を持ち、それを改造してあらゆることを行えるようにすると伝えています。


ローンチ時点では非対応なものの、トッド・ハワード氏は「私たちはModを愛しているので、76でも100%同じことをすると」と約束しており、Mod好きなファンも安心したのではないでしょうか。『Fallout 76』はPC/PS4/Xbox Oneを対象に2018年11月14日発売予定。なお、Bethesda.netでは本作の特徴やスクリーンショットが紹介されています。

冒険のはじまり
Bethesda Game Studiosが誇るオープンワールドRPG超大作に、待望のマルチプレイが登場します。S.P.E.C.I.A.L.システムでキャラクターを作成し、数々の発見に満ちた、全く新しい未知のウェイストランドで、自分だけの冒険を紡ぎましょう。一人旅でも仲間との旅でも、二つとない未体験の『Fallout』があなたを待っています。


美しく雄大な世界
生まれ変わったグラフィック/ライティング/ランドスケープ・テクノロジーが、ウエストバージニアの個性豊かな6つの地域に命を吹き込みます。アパラチア山脈から、視界を真紅に染める有害なクランベリー湿原まで、それぞれの地域には様々な危険と発見が用意されています。かつてない美しさで描かれる、終末戦争後のアメリカをご堪能ください!


新たなアメリカンドリーム
新登場の建設・組立用移動基地「C.A.M.P.」(Construction and Assembly Mobile Platform)を使い、どこでも好きな場所で建設やクラフトを始めましょう。C.A.M.P.は 生存に不可欠なシェルター、物資、安全を提供してくれます。他の生存者と取引するために店を構えることも可能です。ただし、誰もが友好的とは限らないので注意しましょう。


アトムの力
単独または他の生存者と協力して、究極の武器、核兵器のアクセス解除に挑みましょう。この兵器による破壊は、代償として希少で高価な資源が見つかる高レベルエリアを生み出します。アトムの力を守るのか、それとも解き放つのか。選択するのはあなたです。

《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. プロゲーマー「ももち」、日本のe-Sportsプロライセンス発行について声明

    プロゲーマー「ももち」、日本のe-Sportsプロライセンス発行について声明

  2. 2013年リリースの拳銃リアル操作FPS『Receiver』に突如アップデートが配信

    2013年リリースの拳銃リアル操作FPS『Receiver』に突如アップデートが配信

  3. 「PCエンジンmini」プレイレポ―『スナッチャー』など伝説のタイトルに触れてきた!【TGS2019】

    「PCエンジンmini」プレイレポ―『スナッチャー』など伝説のタイトルに触れてきた!【TGS2019】

  4. 美麗ハクスラアクション新作『Blasphemous』配信開始! 強烈な世界観を見せるローンチトレイラーも披露

  5. 流れ着いた島から脱出するために船を作りだせ!『Stranded Sails』プレイレポ【TGS2019】

  6. DetonatioN Gaming vs 父ノ背中による『レインボーシックス シージ』エキシビションマッチ!【TGS2019】

  7. 次のプライム化はアトラス!超豪華景品も飛び出す『Warframe』ファン感謝祭日本初開催レポート!

  8. シングルファーザー恋愛ゲーム『Dream Daddy』ブースレポート!一番人気は意外なキャラに?【TGS2019】

  9. 「発売まで、ぜひ皆さんにザワザワし続けてほしいですね!」『新サクラ大戦』開発者インタビュー【TGS2019】

  10. 「東京ゲームショウ2019」百花繚乱の企業ブース美女コスプレイヤーまとめ【写真157枚】

アクセスランキングをもっと見る

page top