中世ストラテジーRPG『Shieldwall Chronicles』「本作は「純潔のマリア」で描写されるリアルな中世の戦いから影響」【注目インディーミニ問答】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

中世ストラテジーRPG『Shieldwall Chronicles』「本作は「純潔のマリア」で描写されるリアルな中世の戦いから影響」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Wave Light Games開発、PC向けに12月17日リリースされた中世ファンタジーストラテジーRPG『Shieldwall Chronicles: Swords of the North』開発者へのミニインタビューをお届けします。

連載・特集 特集
中世ストラテジーRPG『Shieldwall Chronicles』「本作は「純潔のマリア」で描写されるリアルな中世の戦いから影響」【注目インディーミニ問答】
  • 中世ストラテジーRPG『Shieldwall Chronicles』「本作は「純潔のマリア」で描写されるリアルな中世の戦いから影響」【注目インディーミニ問答】
  • 中世ストラテジーRPG『Shieldwall Chronicles』「本作は「純潔のマリア」で描写されるリアルな中世の戦いから影響」【注目インディーミニ問答】
  • 中世ストラテジーRPG『Shieldwall Chronicles』「本作は「純潔のマリア」で描写されるリアルな中世の戦いから影響」【注目インディーミニ問答】
  • 中世ストラテジーRPG『Shieldwall Chronicles』「本作は「純潔のマリア」で描写されるリアルな中世の戦いから影響」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Wave Light Games開発、PC向けに12月17日リリースされた中世ファンタジーストラテジーRPG『Shieldwall Chronicles: Swords of the North』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、中世とファンタジーをミックスさせた世界観が舞台のストラテジーRPG。プレイヤーは戦士、魔法使い、モンスターなどの軍勢を率い、北の大地を旅します。戦闘はターン制で、選べるクラスは15種類。キャンペーンモードのプレイ時間は50時間以上を想定しているということです。記事執筆時点では日本語未対応。

『Shieldwall Chronicles: Swords of the North』は1,520円で配信中





――まずは自己紹介をお願いします。

Raj Dhillon氏(以下Dhillon氏):2人で活動しているインディーゲーム開発会社Wave Light Gamesのうちの1人、Raj Dhillonです。私たちはカナダ・トロントに住んでおり、ストラテジーゲームとRPGに注力しています。デビュー作の『Demon’s Rise(iOS/Android)』はモバイル向けでしたが、今はPC向けのタイトルを開発しています。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Dhillon氏:本作の開発は一年半に始まりました。以前に私たちが作っていたストラテジーRPGのゲームエンジンを完全にデザインし直し、新しいアニメーション、新しいキャラクターモデル、そして多くの新しいゲームプレイ要素が追加されています。また、ストーリーはゲームブック形式で展開するため、プレイヤーはストーリーと戦略的なバトルを一本のゲームで楽しめるようになっています。

――本作の特徴を教えてください。

Dhillon氏:本作は、リアルな中世の戦闘と魔法やモンスターを組み合わせた、ターンベースの戦略RPGです。プレイヤーはシールドウォール、槍、守りの構えなどといった本当にある戦闘方法を使い、魔法と組み合わせ、巨大なモンスターを自分の軍勢に参戦させたりします。そうして、小さく残忍なゴブリンから巨大なドラゴンまで、様々な敵が現れる長いキャンペーンを戦い抜くのです。キャンペーンは50を超えるレベルが用意され、分岐も存在します。プレイヤーによる選択は、ラストバトルとエンディングのストーリーに影響しますよ。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Dhillon氏:本作は「純潔のマリア」で描写されるリアルな中世の戦いから影響を受けています。すべてにおいてなるべくリアルになるように務めており、ファンタジー要素は上手い戦略で打破することが可能です。

――本作の日本語対応予定はありますか?

Dhillon氏:ゆっくりとですが、新しい言語を順次追加していく予定です。最初はフランス語、次にスペイン語を予定しています。日本語も候補にはありますが、私たちが小さい会社であることと、良い翻訳者を見つけなくてはいけないことから、まだまだ時間がかかるでしょう。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Dhillon氏:本作を実際に遊んでみていただけると嬉しいです。本作をベースに、東の王国を舞台にしたゲームを将来的に作りたいと思っており、侍、浪人、そして日本のモンスターを操るものになる予定です。実は私たちのデビュー作『Demon’s Rise: War for the Deep』には侍が登場しており、かなり人気のキャラクターです。

――ありがとうございました。


《SEKI》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top